太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

ファーウェイ新製品続々

2018.04.01

PVeyePR

 PCS(パワーコンディショナ)世界大手の中ファーウェイが相次ぎ新製品を売り出す。3月に低圧向け単相機の販売を本格化すると、6月に1500V機を、12月には最新型・次世代1100V機を出荷する。新製品の魅力に迫った。

 低圧太陽光発電所向けの新製品は、出力4.125kW機と4.95kW機の2つ。特長は、まず高い発電量が期待できる点だろう。電力変換効率が98.5%と高いうえ、小型機ながらMPPT(最大電力点追従機能)が2回路搭載されている。MPPTとは、日射量の変化に応じて電流と電圧を最適な値に整えて発電量を最大化する機能で、回路数が多いほど発電量が増える。
 それだけに、スマートソーラーソリューション事業部の張巍巍本部長は、「小型機でMPPTを2回路搭載したPCSは少ないでしょう。同出力のPCSと比べ、多くの発電量が期待できます」と自信を見せる。
 両製品は、機能も充実しており、O&M(管理・保守)の費用低減に寄与する。そもそも、低圧太陽光発電所のO&Mでは、日々の発電量監視が重要だが、計測装置の取りつけに数10万円もかかり、設置をためらう事業者が少なくない。こうした事情を踏まえ、通信機器世界大手メーカーであるファーウェイは、独自の通信・計測技術を活かし、PCSに発電量の計測機能を導入。同社のPCSを利用すれば、事業者は計測装置を購入する必要がなく、端末から常時太陽光発電所の状態を把握できる。
 しかも、別途費用はかかるが、利用者の要望に応じて遠隔からのI‒Ⅴカーブ測定機能を組み込める。I‒Ⅴカーブは、電圧(V)を変化させつつ、それに伴って変わる電流(I)を測定し、両者の関係をグラフ化したもの。正常時はなだらかな曲線を描くが、異常時は波形が乱れるため、それによって異常の有無を判断できる。
 このI‒Ⅴカーブ測定は、太陽電池の状態を詳細に調べる基本的な検査だが、通常は専用の測定器が必要になるほか、日射量が一定以上なければ実施できない。それゆえ現地で急に天候が悪化し、測定できずに無駄足を踏むことも珍しくないが、同社のPCSに遠隔I‒Ⅴカーブ測定機能を追加すれば、オンラインで高精度に全数のストリングを計測し、正確に故障位置を特定できるため、専用機器が要らず、測定の手間や費用を削減できる。
 とはいえ、I‒Ⅴカーブ測定は、専門知識がなければ、測定結果から異常を判別できない。例えばI‒Vカーブが異常な曲線を示したとしても、それが影の影響か、故障によるものか、判断がつきにくいのである。
 そこで同社は、AI(人工知能)によるビッグデータの処理を試み、I‒Ⅴカーブの波形から自動で故障箇所と原因を特定するアルゴリズムを組み上げた。事業者やO&M業者は、専門知識がなくても太陽電池の状態を詳細に把握できる。計測したデータは20年保存可能だから、経年劣化の診断に用いることもできる。
 この小型機は、施工性にも優れている。新型PCSは重量が10.4㎏しかなく、1人の作業員が軽々と運べるほか、設置に際し特殊な工具は不要で、施工費の低減に繋がる。
 また、新製品は単相型機であるため、絶縁トランスの設置が必要なくなる。顧客ニーズを満たすため、単相小型機を出すと同時に、好評の三相24.5kW機も継続販売する。 
 スマートソーラー事業部の薛武軍マーケティングディレクターは「低圧向けに単相機を望む声を多数いただきました」と発売の経緯を語る。
 張本部長は、「低圧市場は安定した需要が長期的に見込めます。この商品をもって日本の低圧市場へ本格参入します」と意気込む。
 新型PCSは、工業デザイン業界のオスカーと言われている国際的なデザイン賞である『レッドドット・デザイン賞』と『iFデザイン賞』を2017年に受賞している。なお、同社はJET認証を申請中である。

待望の1500V機が登場

 高圧・特別高圧太陽光発電所向けPCSの製品群も拡張する。注目は、待望の最大入力電圧1500V機だろう。発電所全体のシステム電圧を高めた設計は昨今流行していて、同社に1500V機の開発を依頼する声は多々あったようだ。
 1500V機の出力は62.5kW、変換効率は98.8%だ。MPPTは6回路備えている。さらに、設置に際して交流集電箱を併設する必要がなく、事業者の初期投資額を低減させる効果がある。その他、低圧向け製品と同様に、遠隔からの発電量計測やオプションでI‒Vカーブ測定が可能である。同社は6月から1500V機の出荷を開始する予定だ。
 一方、従来販売していた33kW機と40kW機の後継機種として、新たに最大入力電圧1100Vの62.5kW機と50kW機の2種を12月から出荷する方針だ。両製品はいずれも変換効率が98.9%。機能面では1500V機と大きな差はない。

故障率0・35% 試験項目1400

 同社の製品には共通して筐体にファンやヒューズがない。したがって基本的に20年間部品の交換は不要で、薛マーケティングディレクターは「メンテナンスフリーな点が自慢です」と胸を張る。
 現在までのPCSの累計出荷量は65GWだ。それだけの出荷実績がありながら、故障率は0.35%しかないという。薛マーケティングディレクターは、その理由についてこう説明する。
 「自然界のあらゆる条件を想定し、厳しい試験を実施しています。安全に関する項目は1400あり、そのうちの1つでも合格できなければ、製品化はしません」。
 こうした厳しい姿勢と製品の高い品質が認められたからか、17年における同社のPCS出荷量は、前年比50%増の30GWに達した。
 PCS選びにお悩みの方は、ファーウェイの新製品を試してみてはいかがだろうか。

華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)
〒100-0004東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアウエストタワー10階tel.03-6266-8008
http://solar.huawei.com/cn/

2018.03.31

PVeye

住友電工、1500V対応PLC式計測装置を開発

 電線大手の住友電気工業(大阪市中央区、井上治社長)は3月22日、システム電圧1500V対応のPLC(電力線通信)式発電量計測装置を開発したと発表した。同日から受注を始め、7月に出荷開始予定である。<続きを読む

2018.03.28

PVeye

中トリナ、新パッケージ発売

 太陽電池世界大手のトリナ・ソーラー(高紀凡CEO)は3月21日、太陽光パネルやPCS(パワーコンディショナ)、オプティマイザなどを組み合わせた新しいパッケージ商品を発売した。本拠を構える常州市で製品続きを読む

2018.03.16

PVeye

東大、ペロブスカイト太陽電池の長寿命化に成功 従来比10倍に

 東京大学大学院工学研究科の松尾豊特任教授らは3月16日、寿命が従来品より10倍長いペロブスカイト太陽電池を作製したと発表した。電池内で使う有機半導体に吸水性の低い新素材を混ぜたという。水や酸素に弱く続きを読む

2018.03.08

PVeye

上海質衛環保科技、PID対策装置発売 逆バイアス電圧印加で出力回復

 中国の上海質衛環保科技は、PID(電圧誘起劣化)の発生した太陽光パネルの出力を回復させる装置を2月末より本格的に日本で売り出す。対象パネルに逆バイアス電圧を印加する装置であり、約1ヵ月で9割程度まで続きを読む

2018.03.08

PVeye

リクシル、特殊形状屋根向け小型太陽光パネル発売

 LIXILは2月1日、従来よりも小型にした単結晶シリコン型太陽光パネル『Gシリーズ』を発売した。短辺をこれまでの992㎜から826㎜へ短縮し、長辺も2㎜短くした。狭小屋根や複合屋根など、従来品の寸法続きを読む

2018.03.08

PVeye

エナジー・ソリューションズ、低圧向け遠隔監視装置発売

 エナジー・ソリューションズ(東京都千代田区、森上寿生社長)は、低圧太陽光発電所向けの新たな遠隔監視装置を2月1日に発売した。すでに販売している低圧向けの遠隔監視装置の製品群に低価格帯の新製品を追加。続きを読む

2018.03.01

PVeyePR

厳格新JISへ対応万全! LIXIL、強度2倍の傾斜地用架台を新開発

 太陽光架台の設計基準、JIS(日本工業規格)の改訂を受け、住設・建材大手のLIXILは、強度が従来の2倍を超える傾斜地用架台を新たに開発した。どのような架台なのか。

 続きを読む

2018.02.22

PVeye

オムロン、野立て専用パワコン発売 屋外設置用の単相5.5kW機

 オムロン(京都市下京区、山田義仁社長)は2月22日、太陽光発電用PCS(パワーコンディショナ)の新製品として、屋外設置用の単相5.5kW機を発売すると発表した。4月より販売を開始する予定だ。
続きを読む

no image

2018.02.19

PVeye

日新電機、625kVA蓄電池用PCS発売

 日新電機(京都市右京区、齋藤成雄社長)は2月19日、汎用タイプの出力625kVA蓄電池用PCS(パワーコンディショナ)の販売を開始したと発表した。2020年に蓄電システム含めた売上高10億円を目指す続きを読む

no image

2018.01.31

PVeye

オムロン、高圧太陽光発電所向けにオプティマイザシステム提案開始

 オムロン(京都市下京区、山田義仁社長)は1月31日、イスラエルのソーラーエッジテクノロジーズと日本市場において提携すると発表した。高圧太陽光発電市場向けに太陽光パネル単位で制御を行うオプティマイザと続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2018年4月号

被災地に差し込む一筋の〝太陽光〟

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート

ENERGYeye/エナジーアイ