太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

ABBパワコンで相次ぎノイズ障害 JFEプラントエンジが賠償調停申し立て

2018.04.13

PVeye

 スイスのPCS(パワーコンディショナ)大手ABBのPCSで相次ぎノイズ障害が発生していた問題で、PCSを購入したJFEプラントエンジがABBジャパンに損害賠償を求める調停を東京地裁に申し立てた。係争に発展しかねない事態だ。(PVeye記者・中馬成美)

 問題が発覚したのは2015年12月。佐賀県内の工場地帯に建設された出力1MWの太陽光発電所が稼働して間もない頃である。太陽光発電所と系統網を共用していた他の工場の配電系統に設置されたコンデンサに異音が生じたのだ。
 九州電力が調べたところ、ABBの大型PCS『PVS800』から発生する高調波ノイズの影響と判明。日本法人のABBジャパンは被害のあった工場の配電系統にノイズを低減するリアクトルの設置を提案したが、同設備の設置には停電作業などが伴うことから九電と工場が拒否。そのため、EPC(設計・調達・建設)を担当したJFEプラントエンジがPCSの変更費用などをすべて負担して問題を収束させた。
 しかし、問題はこれにとどまらなかった。16年2月、JFEプラントエンジは同じく佐賀県内で出力1MWの太陽光発電所を建設したが、ここでも被害報告を受けた。九電は太陽光発電所付近の配電系統で電力線を通信回線として使うPLC(電力線搬送通信)を導入し、電力を制御していたが、その周波数帯に太陽光発電所から発生する高調波ノイズが干渉していたのだ。
 九電ら関係者が詳しく調べたところ、またしても原因はABBの大型PCS、PVS800から発生する高調波ノイズだった。ABBジャパンはノイズを発生させた大型機の代わりに中小型機による分散設置を提案したが、それでは設計をやり直さなければならなかった。結局、JFEプラントエンジが自費で他のPCSに交換、発電事業者に対する売電損失の賠償金も負担して事態を収めた。
 これら2つのノイズ問題で、JFEプラントエンジは、大型PCS2台の交換費と売電損失による賠償金などを含め、総額1.2億円もの損害を被った。いずれも、ABBジャパンが販売したPCSのノイズ障害が問題であるにもかかわらず、EPCを担当したJFEプラントエンジがすべて責任を負うというのは不公平のように思えるが、ABBジャパンソーラーグループプロダクトマーケティングマネージャーの佐藤誠記氏はこう説明する。
 「あくまでも系統設備との互換性の問題であって、製品の不備ではない。製品は系統連系要件を満たしていた。技術的な解決策を助言したが、提案を受け入れてもらえなかった」。
 確かに、PVS800は、一般的な系統連系の要件を満たしていたようだ。例えば、東京電力の系統連系要件には、「発電設備からの高調波流出を交流側定格電流に対し総合電流歪み率5%以下、各次電流歪み率3%以下に抑制すること」と定められており、PVS800の製品仕様を見ると、要件の値を下回っている。
 とすれば、一連の問題は、PCSが原因ではなく、設置環境の問題であって、それを事前に熟知していなかったJFEプラントエンジに問題があったのか。

ABBパワコン、過去に同様の被害多数か

 だが、新たな事実が浮上した。ノイズを発生させたABBのPVS800、実は今回の問題が発覚する前にも高調波ノイズ障害を発生させていたのだ。しかも数件ではない。JFEプラントエンジがABBジャパンから受けた報告によると、コンデンサの異音被害は20件以上もあったという。
 これについて、ABBジャパンは、過去にも高調波ノイズ障害があったことは認めたが、佐藤氏は、「PLC設備すべてに高調波の影響が起こるわけではなく、ごく限られた条件下で障害が発生する可能性があった」とし、「問題が生じた場合は、EPC企業と協力して解決してきた」という。
 ならば、PVS800をJFEプラントエンジに販売する際、ABBジャパンはノイズ障害が起こり得るリスクを事前に説明しておかなければならないはずだが、どうだったのか。
 JFEプラントエンジは、「ABBジャパンは説明責任を果たしていない。事前に説明があればABBのPCSを選ばなかった」と憤り、ABBジャパンに賠償責任を求めようとしている。
 ABBジャパンの佐藤氏は、「電力会社の系統運用がブラックボックスなので対策について知ることができず、個別対応するしかなかった。系統設備の互換性の問題で高調波障害が発生する可能性については、事業者とEPC企業に一貫して注意を促してきた」とするに止め、JFEプラントエンジに対して事前に説明したかどうかについては、「コメントできない」と答えた。
 一方、PCS技術に詳しいある商社筋からは、「ABBの一部PCSは、制御の特性上、高調波によってコンデンサが共振してしまう可能性が高い」との証言もある。ABBの大型PCS、PVS800を採用したEPC企業や発電事業者は、今一度注意が必要かもしれない。

2018.04.01

PVeyePR

[特別対談第23回]進化する蓄電技術 CONNEXXSYSTEMS塚本壽社長×ESI土肥宏吉社長

ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長による特別対談。今回のお相手は、新種のバインド電池(BINDBattery™)を製品化して注目を集めるコネックス・システムズの塚本壽社長だ。進化する蓄続きを読む

no image

2018.03.29

PVeye

JAG国際エナジー、16MWソーラー事業で28億円調達

 日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジー(東京都千代田区、増田雄輔社長)は3月29日、開発中の太陽光発電所について融資を受けた。融資形態はシンジケートローンで、取りまとめをNECキャピタルソリュー続きを読む

no image

2018.03.12

PVeye

新生銀行、160億円プロファイ組成 大分県日出町、53.4MW

 新生銀行(工藤英之社長)は3月12日、発電容量53.4MWの大規模太陽光発電所向けに約160億円のプロジェクトファイナンスを組成したと発表した。カナダの太陽電池大手であるカナディアン・ソーラーがスポ続きを読む

no image

2018.03.09

PVeye

北海道銀行ら、115億円のシンジケート・ローン組成 北海道・厚岸の32MWメガソーラー向け

 北海道銀行(笹原晶博頭取)は3月9日、北海道厚岸郡厚岸町で実施される発電規模約32MWの太陽光発電事業に対し、北洋銀行や広島銀行などとプロジェクトファイナンスによるシンジケート・ローンを組成したと発続きを読む

2018.03.01

PVeyePR

アンフィニ、福島工場でパネルと蓄電池併産へ

 太陽光パネルメーカーのアンフィニ(親川智行社長)は、昨夏稼働した福島工場で、蓄電池の組み立てを始めるという。同社の狙いとは。

 2017年7月に稼動したアンフィニの福島続きを読む

2018.03.01

PVeyePR

新進気鋭の太陽電池メーカー セラフィムの実力

 日本で存在感を増す中国の太陽電池メーカー。なかでも注目は、後発ながら高品質製品で人気を博するセラフィム。2017年の年間出荷量は2GWを超え、急成長を遂げた。同社の実力に迫る。
続きを読む

no image

2018.02.05

PVeye

NTTファシ、栃木県日光市に太陽光発電所

 NTTファシリティーズ(東京都港区、一法師淳社長)は2月5日、栃木県日光市に太陽光発電所を建設すると発表した。2019年3月下旬に発電を開始する予定だ。
 同社が栃木県日光市清滝安良沢続きを読む

no image

2018.02.02

PVeye

バイテック、宮城県に営農型太陽光発電所

 バイテックホールディングスのグループ会社であるバイテックソーラーエナジー(東京都品川区、今野宏晃社長)は2月2日、宮城県登米市にて、出力2.5MWの営農型太陽光発電所が運転を開始したと発表した。営農続きを読む

2018.02.01

PVeye

サンテックパワージャパン、北海道のメガソーラーへパネル供給 出力2MW、O&Mも受注

 サンテックパワージャパン(東京都新宿区、ガオジャン社長)は2月1日、北海道室蘭市で稼働した出力約1.9MWのメガソーラーに太陽光パネルを供給したと発表した。多結晶320W製品で、6024枚を納入。O続きを読む

no image

2018.02.01

PVeye

太陽光発電事業の私募ファンド組成 三菱UFJモルガン証券がフィナンシャル・アドバイザー

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券(長岡孝社長)は2月1日、パシフィコ・エナジー(ネーサン・フランクリン社長)が組成する太陽光発電事業向けの第1号ファンドの単独ファイナンシャル・アドバイザー兼私募取続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2018年4月号

被災地に差し込む一筋の〝太陽光〟

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート

ENERGYeye/エナジーアイ