太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

西日本豪雨で露呈した太陽光の意外な弱点

2018.08.01

PVeye

 死者220人を超えた平成最悪の西日本豪雨。現地を訪れると、太陽光発電の意外な弱点が見えた。被災地のいまをルポする。(PVeye記者・飯渕一樹、平沢元嗣)

 燦燦と降り注ぐ日差しに青い稲田。夏の初めの心地よい田園風景が川ひとつ越えた途端一変した。小田川とその支流が氾濫し、水没した岡山県倉敷市真備町の一帯は、住宅も田畑も茶色に染まり、見るも無残な様子である。
 川の決壊は7月7日の未明に起こり、町内はたちまち増水。水深は最大で4.8mに達したのだ。記者が訪れた14日にはすでに水は引いていたが、強い日差しに照らされ、乾いた泥が土煙となって立ち込めていた。
 そんな劣悪な環境ゆえ、猛暑にも拘らずマスクと長袖服を着用した真備町在住の田村茂靖さん(46)。「早めに避難したので命は無事だったが、築3年目の自宅は可哀そうな状態。片づけてから今後のことを考える」と厳しい表情を浮かべる。
 京都府福知山市でも由良川支流が氾濫し、床上まで浸水した住宅は187棟にのぼった。農業と自動車整備業を兼業する大西正剛さん(25)は、倉庫が浸水し、「1台300万円もする米の乾燥機が水を被り、コンピュータが駄目になった。中に泥が入ってもう使えない」と嘆息する。
 福知山市は14年8月にも豪雨災害に見舞われ、住宅全壊13棟・床上浸水2000棟以上の被害を受けていた。それだけに大西さんは、「14年の災害より前は洪水が起こるようなことはなかった。ここ数年で立て続けに発生している」と話す。
 広島県安芸郡坂町は、特に被害が甚大な地域のひとつだ。21日16 時の時点で16人の死亡が確認されており、今も大勢の自衛隊員が派遣されている。地元に住む女性は、「6日の夜、家の前の道路が濁流に変わった。周りが暗く、避難しようにも怖くて外に出られなかった」と当時の恐怖を振り返る。雨は8日までに峠を越えたが、記者が訪れた15 日でも、まだ一部の路上を泥水が勢いよく流れていた。
 他方、6日から7日にかけて広範囲に冠水した福岡県飯塚市では、災害の痕跡は意外に目立たなかった。たばこ店を営む女性は、「水が引くと、すぐに市のゴミ収集車が隊列をつくってやってきた。おかげで路上が片づき、災害があったとは信じられないほど」と強調する。とはいえ、床上まで浸水した飯塚市役所頴田支所の周辺はうっすらと泥が被り、街中にはマットレスを干す家も見受けられた。

水に弱い太陽光

 ともあれ、災害時に役立つのが太陽光発電だ。停電が続いても、PCS(パワーコンディショナ)の自立運転機能が働き、限定的ながら電力を供給するため、東日本大震災や熊本地震の被災地では活躍した。では、今回はどうだったのか。
 被災地には、太陽発電設備を搭載した住宅がいくつも建っており、屋根上の太陽光パネルはきれいな姿だ。 だが、多くのPCSが水没し、機能を果たせずにいた。 被災地では、大勢が炎天下での作業に追われ、冷蔵庫 や扇風機が動くだけでも大きな助けになるのだが、水没したPCSは故障し、肝心な時に使えない。倉敷市内で太陽光発電設備の販売・施工を手掛けるひだかやの中山善継社長は、「地面から30㎝程のところに低く設置されているPCSもある。当社では180㎝前後の高さに設置しているのだが…」と話す。
 事実、ひだかやの顧客で、9.9kW の太陽光発電設備と蓄 電池を設置していた倉敷市 在住の小野浩さん(61)。7日の朝に自宅前の吉岡川が氾濫し、床下浸水に見舞われたが、軒下に高く設置されていたPCSはもちろん、蓄電池も無事だった。実は小野さんは7年前にも住宅が浸水しており、この冬に蓄電池のコンクリート基礎を70㎝余り嵩上げしていたのだ。
 むろん、住宅の2階まで浸水した真備町のような事態には太刀打ちできないが、今回の豪雨災害を契機に、PCSや蓄電池の設置に関して、改めるべきところがあるのではないだろうか。
 さらには、水没した太陽光発電設備の取り扱いについても、周知が必要だろう。絶縁不良の設備に近づくと感電の恐れがあり、短絡の生じている設備のブレーカーを迂闊に上げると、火災を誘発する危険性もある。すでに経済産業省やJPEA(太陽光発電協会)がホームページ上で被災者向けに注意を呼び掛けているが、販売・施工会社から顧客への働きかけも望まれる。

 傾斜地設置はリスキー !?

 今回の大豪雨では、各地で土砂災害が多発し、太陽光発電所にも被害が及んだ。
 兵庫県神戸市では、5日夜に山陽新幹線沿いの傾斜地に設置された23kW の太陽光発電所が崩落。安全確認のために、新幹線が一時運休する騒ぎになった。
 山間に小さな集落の散在する広島県東部では、数えきれないほど土砂崩れの跡に遭遇した。三原市大和町では、長さ100m程にわ たって生じた土砂崩れが、斜面下の低圧太陽光発電所を直撃。町内では際どいところで土砂災害から免れた太陽光発電所も見受けられた。
 昨今は太陽光発電所を傾斜地に建設する例が増えているが、今回の事故からも明らかなとおり、傾斜地は平地よりも災害リスクは大きい。建設場所を選定する際には慎重を期すべきだろう。
 中国経済産業局は、「停電からの復旧に向けた調査に力を注いでおり、太陽光発電所の被害報告の精査に手が回らない」というが、いまだに停電の続く地域が多いようだ。周囲の電力系統が停電している間は、当然ながら太陽光発電所のPCSが止まり、売電はできない。
 また、いちごエコエナジーが運営する呉市内の2.9MWの太陽光発電所は8日に稼働を止め、いまだに再開できていない。同社の説明によれば、遠隔監視で破損がないことは確認済みだが、交通網が遮断され、現地確認が取れず、運転を見合わせている。少なく見積もっても売電損失は300万円以上にのぼる模様だ。同様に設備自体に影響がなくとも、売電損失を被った事業者が多数存在するものと思われる。
 このほか、愛媛県大洲市にあるオムロンの委託工場が被災した。オムロンの担当者は現地の状況について調査中とし、PCSの生産は製造の中核を担うオムロン阿蘇や他の委託工場でカバーしているというが、PCSの供給に少なからず影響は出る模様だ。

助け合いで苦難を乗り越える

 取材を通じ、様々な人に出会った。福知山市で夫とともに雑貨店を営む福林曙實さん(79)は、「品物が水を被って駄目になった。もう泣きたいが、近所の人から励まされたり、助けられている」としみじみ語った。
 助けられる人もいれば、助ける人もいる。友人宅の後片づけに駆けつけた青年たち、崩れた近所の道に人が落ちないように柵を取りつける老人、自社の営業がままならないなか、道行く人に飲み物を配る京セラソ ーラーFC倉敷の社員たち。みな無私の人々である。
 苦難の時こそ人の強さが目に見えて表れる。それは疾風に勁草を知るとの諺にもあるが、真意は、疾風に勁草が育つのだ。人は生まれながらに強くはないが、苦難に打ちひしがれる人を前にして手をかさずにはいられない。だから強くなるのではないだろうか。逆境の中で強くなるのが人の本質ならば、被災地は必ずや再起を遂げるはずだ。

no image

2018.12.04

PVeye

中セラフィム、ベトナムに80MWパネル供給へ

 中国太陽電池製造セラフィム・ソーラー(江蘇州常州市、李綱総経理)は11月13日、マレーシアのEPC(設計・調達・建設)企業、ERSエナジーと太陽光パネルの供給契約を締結したと発表した。ERSらがベト続きを読む

2018.12.03

PVeye

自然電力ら、長野で新電力事業開始

 再生可能エネルギー開発の自然電力(福岡市、磯野謙代表)は11月27日、長野県小布施町に設立した新電力会社が事業を開始したと発表した。町内に設置した190kW規模の小水力発電所の電力を販売する計画。エ続きを読む

2018.11.30

PVeye

藤崎電機グループ元顧問が贈賄 徳島地検が起訴

 太陽光発電所を開発する藤崎電機グループの元顧問が贈賄罪で起訴された。メガソーラー建設地の農地転用で便宜を図ってもらうため、農業委員に100万円渡したとされる。同社は関与を否定しているが…。(PVey続きを読む

2018.11.30

PVeye

太陽光にアセス義務化も対象は限定的か

 環境省は、大規模な太陽光発電所の開発に環境影響評価を義務化する方向で検討している。周辺住民と事業者の摩擦を減らす狙いだが、対象の事業は限られそうだ。(PVeye記者・飯渕一樹)
続きを読む

2018.11.21

PVeye

未稼働対策案に 非難轟々

 「あまりに理不尽すぎる」。11月21日、衆議院議員会館で怒声が上がった。経済産業省による未稼働案件対策の問題点を指摘する会合でのことだ。主催した発電事業大手の山佐やアフターフィットはメディア関係者を続きを読む

2018.10.30

PVeye

九電が出力抑制実施 公平性の担保が課題

 10月13日から2日間、九州で太陽光発電の出力が抑制された。離島を除いて初となる。今後も電力需要の小さい時期に実施される見通しだが、公平性の担保が課題だ。(PVeye記者・岡田浩一)
続きを読む

2018.10.30

PVeye

国内大手が住宅用蓄電池から撤退 NECに次いで東芝も

 NECに次いで東芝が住宅用蓄電池事業に終止符を打つ。蓄電池需要の拡大機運が高まるなか、なぜ国内大手は撤退するのか。(PVeye記者・岡田浩一)

 「東芝の蓄電池は性能が続きを読む

2018.10.30

PVeye

中国ZTEクァンタムがドロン メーカー責任を放棄

 中国のPCSメーカー、ZTEクァンタムの日本法人が忽然と姿を消した。顧客サービスを停止し、一切の責任を放棄。販売代理店が困惑している。(PVeye記者・川副暁優)

 「続きを読む

2018.10.01

PVeye

北海道大停電で見えた太陽光発電の意義と課題

 北海道胆振地方を襲った大地震で全道が停電に陥る〝ブラックアウト〟が発生した。北の大地が闇に沈むなか、太陽光発電の意義と課題が示された。(PVeye記者・飯渕一樹)

 9続きを読む

2018.10.01

PVeye

大型台風が西日本を直撃 太陽光発電所が多数損壊

 9月4日に猛烈な台風21号が襲来し、西日本を中心に被害が拡大、太陽光発電設備の損壊事故が多発した。(PVeye記者・平沢元嗣)

 台風21号は8月28日の発生から急速に続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2018年12月号

朝令暮改のFITルール 揺らぐ国内太陽光市場

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート