太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

アンフィニ 上場に向け再始動! 子会社ジャパンソーラーを吸収 モジュール製造からEPC、IPPまで一気通貫

2013.09.30

PVeye PR

 太陽光発電の有力EPC(設計・調達・建設)企業、アンフィニ(大阪市、親川智行代表取締役CEO)が、株式上場を視野に改組する。2013年10月1日付けで子会社のモジュールメーカー、ジャパンソーラーを吸収し、『アンフィニジャパンソーラー』を発足。国内メーカーとしての強みを活かして、モジュール製造からEPC、IPP(独立系発電)、O&M(オペレーション・アンド・メンテナンス)までトータルソリューションを展開する。合併後初の決算となる2014年3月期の売上高は100億円を見込んでおり、両社合わせた前期売上に対し70%近い増収となる模様。急成長を遂げるアンフィニの実力を探る。

 経営トップの親川氏は改組の目的をこう語った。
 「来々期の上場に向けた準備です。これまでは、EPC、IPPは親会社のアンフィニが、モジュール製造はジャパンソーラーが手掛ける体制でしたが、これにはアンフィニグループのモジュール製造部門を法人化することでモジュールメーカーという位置づけを明確にするという意図があったのです。ただ、今はトータルソリューションが求められている。両社で業務が重なる部分もあったので、効率化とシナジー効果を図って統合することにしました」。
 アンフィニは2018年、創業20年目の節目に株式上場の好機を得ることになるが、背景には、創業者である親川氏の先見性と迅速な判断力、そしてアンフィニという組織そのものに変化を厭わない柔軟な対応力が備わっていたことが大きい。それは社歴からも見て取れる。
同社は1995年の設立後、リサイクル事業をスタート。非鉄金属や液晶、半導体と、扱う品目を増やし、2006年にはシリコンの高純度化・再利用法を構築。端材シリコンから不純物を抽出し、リンやボロンを調合してシリコンを再生する技術だ。これが大きな転機となった。
 当時は太陽光発電産業の黎明期。半導体で使われていたシリコンが太陽光発電で使用され、やがて太陽光発電が半導体に取って代わる。この潮流の変化を親川氏は察知して太陽光発電に舵を切るのだが、氏はその先の先まで見通していた。
 「当時は太陽電池用のシリコンは逼迫しており、純度9N(99・9999999%)の高純度品は手に入らなかった。それだけに再生技術でつくった6~7Nの製品も一定の需要があったのです。そのままシリコン事業を続けるという選択もあったが、シリコン価格はやがて急落すると予測し、奮起してモジュール事業に踏み込みました。ただ欧州市場を視察していたので、モジュール工場を持つことのリスクも把握していた。行き着いた先が〝ファブレス〟メーカー、ジャパンソーラーの立ち上げでした」。
 つまり、シリコンの再生技術を用いてシリコンメーカーやセル・モジュールメーカーらと関係を築き、工場の一部を間借りして独自のモジュール製造を始めたのであるが、その際も、モジュールの生産拡大によるリスクを想定していたのだ。
 「やるからには競争に勝たなければならない。カギはコストと品質。我々はシリコン原料の調達・販売を通じて得た取引先のなかから、品質とコスト競争力に優れているメーカーと組み、独自の優位性を打ち出した。特に原料(BOM)には拘りました」。
 以後ジャパンソーラーは販売を伸ばし、現在の出荷量は月間10MW。提携工場は6社にのぼり、年産1GWの供給力を保有している。
 ジャパンソーラーの代表取締役社長を務めたアンフィニ取締役の上谷真也氏は、「当社の強みは結晶系から薄膜系まで多品目を扱っていること。再保険にも加入しており、金融機関のバンカビリティにも配慮しています。全量売電向けから住宅向けまで販売は好調で、いま農業向けの新製品を開発中です」と状況を語る。
 アンフィニはEPC、IPPでも先行していた。2009年から欧州でEPC事業を始め、2010年からは台湾でも実施。ノウハウ、知見を得ているだけに、全量売電がスタートした国内市場でも、EPC事業、IPP事業を推進している。
 親川氏は「買取り価格40円の案件は30ヵ所で70MW、36円案件は100ヵ所を予定しています。当社のEPCの特長は、モジュール以降の設備や配線のロスを低減して実際の売電量を高められること。モジュール発電量に対する売電量は85%前後が平均ですが、当社は89~90%です」とし、新戦略について、「O&Mに力を入れます。住宅用太陽光発電システムの販売では新築市場への営業を強化する。さらにPPS(特定規模電気事業者)分野へ展開します」と語る。
 矢継ぎ早に新事業を仕掛け、勢いに乗るアンフィニ。今後どう飛躍を遂げるのか。同社のイノベーションはまだ始まったばかりだ。

株式会社アンフィニ
[大阪本社]
大阪府大阪市浪速区湊町1-4-38
TEL:06-6643-0888 FAX:06-6643-0887
[東京本社]
東京都中央区晴海1-8-10トリトンスクエア オフィスタワーX40階
TEL:03-3534-8880 FAX:03-3534-8840
http://www.infinigroup.co.jp/

2018.06.07

PVeyePR

中国監視大手TAOKE システム基盤をアップデート 故障の早期発見に有効

 中国監視システム大手のTAOKE(タオケイ)は5月9日、自社製品のシステム基盤の新バージョンを公開した。PCSやストリング同士で発電量を比較できるようにした。また、画面デザインを一新し、メニュー集約続きを読む

2018.06.07

PVeyePR

[特別対談第25回]O&Mビジネスの課題 CO2O酒井正行社長×ESI土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長による特別対談。お相手は、太陽光発電所の評価・診断に強いO&M(保守・管理)企業、CO2Oの酒井正行社長だ。2回目の登場となる今回はO&Mビジネスの続きを読む

no image

2018.06.01

PVeye

農水省、営農用太陽光を規制緩和転用期間10年に延長

 営農用太陽光発電の規制が緩和された。農水省は専業農家などに限り一時転用期間を3年から10年に延長。営農用太陽光発電の普及に弾みがつきそうだ。(PVeye記者・岡田浩一)

続きを読む

no image

2018.06.01

PVeye

シャープ『ブラックソーラー』国内生産中止の噂

 シャープが高効率太陽光パネル、『ブラックソーラー』の生産を海外に移管するという噂が流れている。真偽やいかに。(PVeye記者・平沢元嗣)

 2011年発売のブラックソー続きを読む

no image

2018.05.28

PVeye

東ガスら3社、再エネ事業に関する基本合意書締結

 東京ガス(内田高史社長)、東京センチュリー(浅田俊一社長)、九電工(西村松次社長)は5月28日、3社共同で再生可能エネルギー発電事業の取得・開発・運営などを行うことを目的とした基本合意書を締結したと続きを読む

2018.05.25

PVeye

ソーラーアセットマネジメントアジア、閉幕

 太陽光発電のO&M(管理・保守)と資産運用に関するセミナー、第4回ソーラーアセットマネジメントアジアが、6月25日に閉幕した。同24日と25日の両日に亘り、東京コンファレンスセンター・有明で開催され続きを読む

no image

2018.05.24

PVeye

ソーラーアセットマネジメントアジア、開催中

 太陽光発電関連のイベント運営を手掛けるソーラープラザ(オランダ・ロッテルダム)は、5月24日から25日にかけ、東京都江東区の東京コンファレンスセンター・有明で『ソーラーアセットマネジメントアジア』を続きを読む

no image

2018.05.21

PVeye

ソーラーアセットマネジメントアジア、24日開幕 登壇者56名出揃う

 太陽光発電のO&Mと資産運用のセミナー、ソーラーアセットマネジメントアジアが、5月24日から2日間、東京コンファレンスセンター・有明で開幕する。2日間でおよそ300名が参加予定だ。
 続きを読む

no image

2018.05.16

PVeye

サンテックパワー、5.2MW発電所のO&M業務受注

 サンテックパワージャパン(東京都新宿区、ガオ・ジャン社長)は5月16日、LIXIL(東京都千代田区、瀬戸欣哉社長)が開発した大規模太陽光発電所向けのO&M(管理・保守)業務を受注したと発表した。これ続きを読む

2018.05.10

PVeye

シャープ、住宅用クラウド蓄電システム発売

 シャープ(大阪府堺市、戴正呉社長)は5月10日、急速充電に対応した住宅用クラウド蓄電システムの新製品を発売すると発表した。7月6日より順次販売していく。
 同社が新発売する「クラウド蓄続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2018年6月号

成長か停滞か O&M市場の理想と現実

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート

ENERGYeye/エナジーアイ