『PVEXPO2020』、2月26日開幕

2020.02.01

PVeyePR

 太陽光発電の国際商談展、『PVEXPO2020』が2月26日、東京ビッグサイトで開幕する。7つの同時開催展を含め、国内外から1520社が出展する予定だ。見どころに迫った。

 PVEXPOは、機器メーカーから商社、EPC(設計・調達・建設)やO&M(管理・保守)など、太陽光発電関連ビジネスを手掛ける企業が国内外を問わず一堂に会する商談展である。
 主催するリードエグジビションジャパンの前薗雄飛執行役員は、「最近はFITを活用するのではなく、自家消費目的で太陽光発電設備を導入する法人が増えています。こうした流れを汲み取ってか、今年は大規模・小規模問わず蓄電設備を展示しようと考えている出展者が増えている印象です」と語る。
 昨年のPVEXPOでは、蓄電設備メーカーの出展は15社程度だったが、今年は初出展の米テスラをはじめ、中CATLやNEC、田淵電機など、蓄電設備メーカーの出展数は約30にまで増える見通しだという。
 さらに前薗執行役員は、「来場者層も変化しつつあります」と指摘する。「従来はEPC企業や発電事業者の関係者が多かったのですが、それに加え企業の設備管理の担当者、つまり太陽光発電設備を導入しようとする企業側の来場者が増えつつあります」(前薗執行役員)。
 事業で用いる電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目指す国際的な枠組み、『RE100』に加盟する企業は増え続けているし、今年10月には、中小企業版RE100と呼ぶべき『REアクション』が誕生するなど、再エネの導入を重視する企業は増加している。企業の担当者にとってもPVEXPOは情報収集する絶好の機会なのだろう。
 そこでリードジャパンは今年から法人を対象に、『自家消費型太陽光導入セミナー』を開催する予定だ。導入時の注意点やコスト削減効果についてEPC企業や蓄電設備メーカーの担当者が解説する。事前登録不要で、受講料は無料だ。
 これ以外にも商談展の期間中は、有料・無料問わず多数のセミナーや講演が開講される。たとえば初日の15時30分からは、経済産業省資源エネルギー庁の清水淳太郎新エネルギー課長と、太陽光発電協会の代表理事であるカネカの菅原公一会長が、『主力電源としての展開を始める2020年代の太陽光発電』をテーマに基調講演を行う。

7万人来場見込み

 前薗執行役員は、「情報収集だけであれば、ある程度はウェブからでも可能でしょう。商談展の利点は製品を見ながらその場で出展者と商談できることです。我々は出展者の方に、打ち合わせ用のスペースを十分確保してくださるように求めていますから、来場者の方は、ぜひ抱えている課題をその場で出展者の方に相談してください」と強調する。
 リードジャパンは、PVEXPOと同時に『、水素・燃料電池展』、『二次電池展』、『スマートグリッドEXPO』、『風力発電展』、『バイオマス展』、『火力発電EXPO』、『資源リサイクルEXPO』を同時開催する。8つの商談展を合わせ、3日間の商談展開催期間を『スマートエネルギーWEEK』と称し、合計7万人の来場を見込んでいる。東京ビッグサイトの全ホールを活用する同商談展は、展示スペースの規模や、出展者数、来場者数において国内最大級の再エネ関連展示会と言えるだろう。

スマートエネルギーWeek内PVEXPO2020
同時開催展
[国際]水素・燃料電池展
[国際]二次電池展
[国際]スマートグリッドEXPO
[国際]風力発電展
[国際]バイオマス展
[次世代]火力発電EXPO
資源リサイクルEXPO
2月26日(水)~28日(金)
10:00~18:00(最終日は17:00まで)
開催場所:東京ビッグサイト
主催:リードエグジビションジャパン

2022.04.08

PVeye

伊藤忠商事、米国に再エネ開発会社設立

 伊藤忠商事は2022年3月24日、米国で再生可能エネルギー発電所開発会社を設立したと発表した。再エネ発電所の開発に特化する事業会社を立ち上げ、効率的な開発と収益の拡大を狙う。主に太陽光発電所を開発し続きを読む

2022.04.07

PVeye

北海道電力、太陽光ゼロ円設置開始 新築住宅向け

 北海道電力は2022年3月1日、新築住宅の所有者が住宅用太陽光発電設備を初期の負担なく設置できるサービスを開始した。顧客とリース契約を結び、毎月定額の料金を徴収する。
 同社は、今回の続きを読む

2022.03.08

PVeye

セイコーエプソン、富士見事業所に太陽光導入 SMFLみらいとPPA

 プリンター製造のセイコーエプソン(小川恭範社長)は2022年2月15日、長野県富士見町内の事業所に太陽光発電設備を導入した。三井住友ファイナンス&リース子会社のSMFLみらいパートナーズとPPA(電続きを読む

2022.03.07

PVeye

キユーピー、FIT太陽光を実質再エネに 神戸工場にはPPA導入

 食品大手のキユーピー(長南収社長)は2022年2月20日、既設の太陽光発電設備を活用して渋谷本社と研究施設で使用する電力を実質再生可能エネルギー電力に切り替えた。神戸工場にはPPA(電力売買契約)で続きを読む

2022.03.02

PVeye

横浜環境デザイン、PPAで太陽光導入

 太陽光発電設備の販売・施工やO&M(管理・保守)を手掛ける横浜環境デザイン(横浜市、池田真樹社長)は2022年2月7日、マテックス(東京都豊島区、松本浩志社長)の横浜事業所に太陽光発電設備と蓄電設備続きを読む

2022.03.01

PVeye

エムケイジャパン、可搬型蓄電設備発売 蓄電容量2kWh

 中・イーノウの国内総代理店であるエムケイジャパン(東京都荒川区、林軍社長)は2022年2月2日、電子商取引サイトでイーノウ製の可搬型蓄電設備を発売した。従来品より価格を抑え、民生用の非常用電源として続きを読む

2022.02.28

PVeye

シン・エナジー、リコー子会社にPPAで太陽光カーポート導入

 新電力会社のシン・エナジー(兵庫県神戸市、乾正博社長)は2022年2月16日、リコー(山下良則社長)の100%子会社、リコーインダストリー(神奈川県厚木市、戸倉正社長)に太陽光パネルを搭載したカーポ続きを読む

2022.02.17

PVeye

グッドオンルーフス、アフリカに太陽光無償提供 国連開発計画と提携

 アフリカで電化事業を手掛ける一般社団法人グッドオンルーフス(東京都千代田区、草賀純男代表理事)は2022年1月21日、国連開発計画のブルキナファソ事務所(マチュー・シオヴェラ代表)と契約を結び、太陽続きを読む

2022.02.12

PVeye

西海市、日産自らと脱炭素化で協定締結

長崎県西海市は2022年1月28日、日産自動車(内田誠社長)ら9社と市内の脱炭素化に向け、連携協定を締結した。電気自動車や再生可能エネルギーを普及させ、脱炭素化を進めつつ、災害に強い町づくりを目指す。続きを読む

2022.02.10

PVeye

サッポロビール、自社工場に太陽光導入 関電と20年のPPA

 サッポロビール(東京都渋谷区、野瀬裕之社長)は2022年1月20日、群馬工場尾島事業所に太陽光発電設備を導入したと発表した。20年に亘るオンサイトPPA(電力売買契約)を関西電力と結び、発電した再生続きを読む