太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

『PVEXPO2020』、2月26日開幕

2020.02.01

PVeyePR

 太陽光発電の国際商談展、『PVEXPO2020』が2月26日、東京ビッグサイトで開幕する。7つの同時開催展を含め、国内外から1520社が出展する予定だ。見どころに迫った。

 PVEXPOは、機器メーカーから商社、EPC(設計・調達・建設)やO&M(管理・保守)など、太陽光発電関連ビジネスを手掛ける企業が国内外を問わず一堂に会する商談展である。
 主催するリードエグジビションジャパンの前薗雄飛執行役員は、「最近はFITを活用するのではなく、自家消費目的で太陽光発電設備を導入する法人が増えています。こうした流れを汲み取ってか、今年は大規模・小規模問わず蓄電設備を展示しようと考えている出展者が増えている印象です」と語る。
 昨年のPVEXPOでは、蓄電設備メーカーの出展は15社程度だったが、今年は初出展の米テスラをはじめ、中CATLやNEC、田淵電機など、蓄電設備メーカーの出展数は約30にまで増える見通しだという。
 さらに前薗執行役員は、「来場者層も変化しつつあります」と指摘する。「従来はEPC企業や発電事業者の関係者が多かったのですが、それに加え企業の設備管理の担当者、つまり太陽光発電設備を導入しようとする企業側の来場者が増えつつあります」(前薗執行役員)。
 事業で用いる電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目指す国際的な枠組み、『RE100』に加盟する企業は増え続けているし、今年10月には、中小企業版RE100と呼ぶべき『REアクション』が誕生するなど、再エネの導入を重視する企業は増加している。企業の担当者にとってもPVEXPOは情報収集する絶好の機会なのだろう。
 そこでリードジャパンは今年から法人を対象に、『自家消費型太陽光導入セミナー』を開催する予定だ。導入時の注意点やコスト削減効果についてEPC企業や蓄電設備メーカーの担当者が解説する。事前登録不要で、受講料は無料だ。
 これ以外にも商談展の期間中は、有料・無料問わず多数のセミナーや講演が開講される。たとえば初日の15時30分からは、経済産業省資源エネルギー庁の清水淳太郎新エネルギー課長と、太陽光発電協会の代表理事であるカネカの菅原公一会長が、『主力電源としての展開を始める2020年代の太陽光発電』をテーマに基調講演を行う。

7万人来場見込み

 前薗執行役員は、「情報収集だけであれば、ある程度はウェブからでも可能でしょう。商談展の利点は製品を見ながらその場で出展者と商談できることです。我々は出展者の方に、打ち合わせ用のスペースを十分確保してくださるように求めていますから、来場者の方は、ぜひ抱えている課題をその場で出展者の方に相談してください」と強調する。
 リードジャパンは、PVEXPOと同時に『、水素・燃料電池展』、『二次電池展』、『スマートグリッドEXPO』、『風力発電展』、『バイオマス展』、『火力発電EXPO』、『資源リサイクルEXPO』を同時開催する。8つの商談展を合わせ、3日間の商談展開催期間を『スマートエネルギーWEEK』と称し、合計7万人の来場を見込んでいる。東京ビッグサイトの全ホールを活用する同商談展は、展示スペースの規模や、出展者数、来場者数において国内最大級の再エネ関連展示会と言えるだろう。

スマートエネルギーWeek内PVEXPO2020
同時開催展
[国際]水素・燃料電池展
[国際]二次電池展
[国際]スマートグリッドEXPO
[国際]風力発電展
[国際]バイオマス展
[次世代]火力発電EXPO
資源リサイクルEXPO
2月26日(水)~28日(金)
10:00~18:00(最終日は17:00まで)
開催場所:東京ビッグサイト
主催:リードエグジビションジャパン

2020.02.01

PVeyePR

ウェーブエナジーが強力サポート! 失敗しない自家消費提案

 自家消費用太陽光発電設備の提案は、対象の需要家や設備の設置場所など多岐に亘るため、容易にはいかない。そんななか、ウェーブエナジーが自家消費提案に最適な機器を複数開発。知見も豊富な同社は有力なパートナ続きを読む

2020.02.01

PVeyePR

ESI土肥社長が語る自家消費提案のいろは

 法人向け自家消費のコンサルティングを手掛けるヨーロッパ・ソーラー・イノベーション。土肥社長が自家消費の提案方法を語った。

 今年から太陽光発電市場は大きく変化していきま続きを読む

no image

2020.02.01

PVeye

東京都、蓄電池補助手厚く 1台60万円、計7000台

 東京都はこのほど、住宅用蓄電設備の導入補助を新たに開始した。補助額は1台あたり最大で60万円と手厚い。7000台が対象となる大規模な事業である。(本誌・岡田浩一)
 
 続きを読む

no image

2020.02.01

PVeye

環境省、環境配慮ガイドライン策定へ 低圧太陽光オーナーも対象

 環境省が出力10kW以上の太陽光発電所の所有者に対し、環境配慮ガイドラインを作成する。2020年4月からの実用を計画。環境に配慮した太陽光発電所の運営を促す。(本誌・岡田浩一)
続きを読む

2020.01.06

PVeyePR

ESI土肥社長が語る2020年の太陽光発電市場

激変必至の太陽光発電市場。2020年はどう変化するのか。ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長が予測した。

 2020年、太陽光発電市場は大きく変化するでしょ続きを読む

2020.01.06

PVeye

太陽光向け保険、料率上昇か 施工品質に疑問の声も

 自然災害による太陽光発電所の事故が増え、火災保険に影響が出ている。その一方で太陽光発電所の施工品質に対する疑問の声も挙がっている。(本誌・岡田浩一)

 近年、大型の自然続きを読む

no image

2019.12.01

PVeye

低圧太陽光の全量売電終了へ 自家消費の余剰のみ支援

 来年度のFIT売価を決める議論が始まるなか、FITによる低圧太陽光発電の全量売電を終了する方針が示された。自家消費利用を前提とした余剰売電のみとなりそうだ。(本誌・岡田浩一)

続きを読む

no image

2019.12.01

PVeye

三菱電機、太陽光パネルとPCSの生産から撤退

 三菱電機が太陽光発電設備の製造から撤退する。今後は京セラの太陽光発電設備を販売する。FITの終焉に伴い、太陽光関連事業を再編する方向だ。(本誌・楓崇志)

 三菱電機は1続きを読む

2019.12.01

PVeyePR

ESI土肥社長が語る太陽光ビジネスの展望

 低圧太陽光発電所の全量売電が来年度から終了される方向が示され、販売・施工会社の経営環境は厳しさを増す。そんななか、ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長が太陽光ビジネスの展望を語った。<続きを読む

no image

2019.11.26

PVeye

ASPEn、美作市でパネル税に関するシンポジウム開催へ

 太陽光発電事業者連盟(ASPEn)は、11月27日に岡山県美作市で、同市議会が導入を検討中の〝太陽光パネル税〟に関してシンポジウムを開催する。弁護士による太陽光パネル税における問題点の解説などを予定続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2020年2月号

再生可能エネルギー市場を斬る 業種別分析2020

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート