北の雄 アークが自家消費太陽光提案に本腰 電力代削減に寄与

2021.03.01

PVeyePR

 北海道の有力再生可能エネルギー会社、アーク(札幌市豊平区、渡邊賢二社長)が、自家消費用太陽光発電の提案に本腰を入れた。電気代の削減に貢献する。

 年間100件以上にのぼる低圧太陽光発電所を開発するアークは、土地の仕入れから発電所の開発や販売まですべて自社で手掛けている。北海道では積雪の影響から、特定時期に重機のリース需要が集中して確保困難となる。そのような北海道の地域特性に対応すべく、同社はトレーラー、運搬用のトラックから重機まで保有するなど、徹底した自前主義を貫いてきた。
 そんな同社が、2020年より企業の電力代削減に寄与する新事業を始めた。自家消費用太陽光発電設備の提案である。というのも、FIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)の売電単価が減額され、太陽光発電設備で発電した電力は売電するよりも自家消費した方が経済的になりつつある。さらに、脱炭素化への動きが加速し、企業は自家消費用設備の導入の際に国の税制優遇や自治体の補助制度を活用できるうえ、再エネ電力の利用によって企業価値を高められる。
 とはいえ、自家消費用太陽光発電設備の導入は簡単ではない。施設内の電力の使用状況に応じて設置する太陽光パネルやパワーコンディショナの容量を最適に設定しなければならない。設計には時間がかかり、売電事業に比べると、経済効果も見え難い。
 そこでアークの出番だ。同社はこれまで培った発電予測技術などを用いて自家消費用太陽光発電のシミュレーションソフトを開発。設計時間の短縮だけでなく、施設ごとの自家消費用設備の導入による経済性を〝見える化〞し、「金融機関への説得材料まで提供している」(渡邊賢二社長)。発電量予測だけでなく、需要家ごとの電力使用状況にあわせたシミュレーションを展開しているのは、太陽光発電の機材メーカーを含めてもほとんど類を見ない。
 自家消費用太陽光発電の経済効果は、施設の電力使用状況に応じて大きく異なる。たとえば、週末や祝日など一時期のみ極端に電力使用量が減る施設よりも、毎日電力を一定量使用する施設の方が高い経済効果が見込める。ただ、同社であれば、設備調達力や施工力を駆使することによって客先の経済効果を高められるようだ。渡邊社長は、「土日休みの施設であっても、5〜10年程での投資回収が見込めます」と胸を張る。
 一方で、同社は近年増えている自然災害による停電への備えや、FITの売電期間を終えた〝卒FIT〞設備の所有者が太陽光電力を効率的に自家消費できるよう、住宅用蓄電設備を販売している。同社はこれまで4000件近くの住宅用太陽光発電設備の販売・施工を手掛けた実績があり、同社の既存顧客はもちろん、他の設備オーナーにも最適な提案を進めているという。
 徹底した自前主義で事業を展開してきたアーク。北海道で太陽光発電に関心のある方は一度同社に相談してみてはいかがだろうか。

株式会社アーク
本社:札幌市豊平区豊平4条10丁目3番15号 ARCビル
TEL:0120-377-700
https://arc-eco.co.jp

2022.01.19

PVeye

千葉商科大学、蓄電設備導入へ

 千葉商科大学(原科幸彦学長)は防災機能を高めるため、2022年2月から学内の施設に蓄電設備を導入する。既設の太陽光発電設備と合わせて災害時の非常電源として活用する。
 同大は08年、災続きを読む

2022.01.18

PVeye

サンテックパワージャパン、山口で太陽光発電所稼働 出力491kW

 太陽光パネル販売のサンテックパワージャパン(東京都新宿区、ガオ・ジャン社長)は2021年12月8日、山口市内で直流出力約491kWの太陽光発電所を稼働させたと発表した。子会社を通じて開発した。発電し続きを読む

2021.10.26

PVeye

村田製作所、工場に太陽光+大型蓄電池導入

 電子部品大手の村田製作所(中島規巨社長)は2021年10月14日、生産子会社の金津村田製作所に太陽光発電設備と大型蓄電設備を導入すると発表した。独自のエネルギー管理システムで運用し、11月1日より金続きを読む

2021.10.15

PVeye

レノバ、岩手で大規模太陽光発電所稼働 出力40MW

 レノバは2021年10月1日、出資先の合同会社軽米尊坊ソーラーで開発した岩手県九戸郡軽米町内の太陽光発電所を稼働させた。出力は40.8MW。発電した電力はFITを活用して東北電力へ全量売電する。続きを読む

2021.03.01

PVeye

ソニー、自己託送で全量自家消費

 ソニーが自社敷地外の太陽光発電設備から全量自家消費する自己託送を始める。太陽光発電所建設のFDと提携し、デジタルグリッドの電力取引プラットフォームを活用する。オフサイト自己託送で採算性を確保し、電力続きを読む

2021.03.01

PVeye

東ガス、PPA方式で東京建物の自己託送を支援

 東ガスは、再エネ電力の自己託送を支援する独自のサービスを開始する。第一弾は東京建物の物流施設に設置する太陽光発電設備で行う。(本誌・岡田浩一)

 東京ガス(内田高史社長続きを読む

2021.03.01

PVeye

パナソニック、太陽光パネル生産から撤退

 パナソニックが太陽光パネル生産から撤退する。旧三洋電機の超高効率セル『HIT』の技術を受け継ぎ、一時は「世界最高」の称号を武器に住宅用市場で販売シェアを伸ばしたが、その歴史に幕を閉じる。(本誌・岡田続きを読む

2021.02.01

PVeyePR

ESI土肥社長が語る 太陽光ビジネスのあり方2021

脱炭素化の実現に取り組む姿勢を政府が鮮明にした。2021年太陽光発電業界はどうあるべきか。太陽光商社、ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長が語った。

 コロナ禍続きを読む

2021.01.04

PVeye

太陽電池の特許侵害騒動 韓ハンファ、競合3社と対立

 太陽光パネル大手の韓ハンファQセルズが、自社の特許侵害を巡り、ジンコソーラーら競合3社と世界各地で法廷闘争を繰り広げている。日本市場における3社の販売に影響が及ぶ可能性もないではない。(本誌・平沢元続きを読む

2021.01.04

PVeyePR

20年度3万台濃厚! 田淵電機の蓄電設備がヒットした理由

 ダイヤモンドエレクトリックHD傘下の田淵電機がハイブリッド型蓄電設備の販売を急速に伸ばしている。なぜヒットしたのか。

 田淵電機が2020年1月に発売したハイブリッド型続きを読む