太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

ワンストップソリューションで躍進するジャパンパワーサプライ

2014.06.01

PVeye PR

 太陽光発電のEPC(設計・調達・建設)ベンチャー、ジャパンパワーサプライ(本社・東京都港区六本木、資本金・1億6100万円、釜谷正宏社長)が存在感を高めている。いま業界を騒がせている経産省の認定ルールの厳格化にも対応可能のようだ。同社の強さを探る。

 同社は2012年12月、太陽光発電のEPC企業として旗揚げした。太陽光発電所のディベロップメント体制により建設を自社グループで手掛け、設立初年度から順調に受注を獲得。実質8ヵ月の営業期間だった13年11月期の初年度では、計6MW分の太陽光発電所を着工、12億円の売上を計上した。今期も受注は好調で、特別高圧線への接続が伴う大規模発電所の建設にも乗り出す。今期は完工ベースで10MW以上建設し、売上高は30億円を超える計画だ。
 同社の強みは、太陽光発電所のディベロップメント企業として開発を自前で仕上げる「ワンストップソリューション」。それはまずコスト競争力を生んだ。一般に大手EPCは、土地の造成や電気工事、施工などを下請け業者から孫請けに発注するため、多層のマージンが発生するケースが多く、総工費は割高になる。同社はできる限りグループ内で手掛け、コスト管理を徹底しているため、マージンが少なく、コストを抑えられる。

「180日ルールも対応可能!」

 さらにこの「ワンストップソリューション」による対応力は、思わぬ形で差別化に繋がりそうだ。経産省が今年4月に実施した設備認定ルールの厳格化である。認定を受けてから180日以内に土地と設備を確保しなければ認定を取り消すという要件が盛り込まれたことで、メガソーラーの建設から手を引こうとするEPC業者が出てきたのだ。経産省は、意図的に発電所を建設しない一部の悪徳業者を排除する狙いだったが、業界の反応は、「土地の許認可手続きにかかる時間的制約を考慮すれば、このルール改定によってメガソーラーは開発が下火になる」(業界関係者)と不満の声が続出。諦めムードすら漂っている。しかしジャパンパワーサプライは、認定ルール改定の影響はさほどないとし、その根拠をこう説明した。
 「電力会社への申請と設備認定を取得して売電権を抑え、土地の開発許可が下りてから土地の契約を結ぶという手順では、当然間に合わなくなるでしょう」としたうえで、「当社は、電力会社への事前検討を終えた後、土地の契約を結ぶ。それから土地の許認可手続きを進めながら設備認定を取得します。180日の失効ルールは問題ありません」。
 土地の開発許可が下りないうちに土地の契約を結ぶのは、いささかリスクが大きいとも受け取れるが。
 「当社は土地を取得する前に、独自のデューディリジェンスを行なっています。この段階でほぼ100%案件化できるかどうか判断できるのです。不確定な要素は系統連系ですが、それも事前検討の段階で把握できます」。
 同社のEPCサービスは「ワンストップソリューション」。それゆえに、土地に関しても豊富な知見があるのだろう。設備認定ルールの厳格化によってメガソーラー開発から手を引くEPC業者が増えてくれば、同社の競争力がさらに増す。ジャパンパワーサプライはさらなる飛躍を遂げそうだ。

お問い合わせ先
株式会社ジャパンパワーサプライ
TEL:03-5785-1482
URL:http://jps-pv.jp/

no image

2019.12.01

PVeye

三菱電機、太陽光パネルとPCSの生産から撤退

 三菱電機が太陽光発電設備の製造から撤退する。今後は京セラの太陽光発電設備を販売する。FITの終焉に伴い、太陽光関連事業を再編する方向だ。(本誌・楓崇志)

 三菱電機は1続きを読む

2019.12.01

PVeyePR

ESI土肥社長が語る太陽光ビジネスの展望

 低圧太陽光発電所の全量売電が来年度から終了される方向が示され、販売・施工会社の経営環境は厳しさを増す。そんななか、ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長が太陽光ビジネスの展望を語った。<続きを読む

2019.12.01

PVeyePR

自家消費時代の強い味方 安心のトリナ両面ガラス

 太陽光発電の自家消費利用が広がるなか、トリナの両面ガラスパネルへの関心が高まっている。長く、安全に使える同製品の特徴に迫る。

 FITが終われば、太陽光発電設備の設置は続きを読む

no image

2019.11.26

PVeye

ASPEn、美作市でパネル税に関するシンポジウム開催へ

 太陽光発電事業者連盟(ASPEn)は、11月27日に岡山県美作市で、同市議会が導入を検討中の〝太陽光パネル税〟に関してシンポジウムを開催する。弁護士による太陽光パネル税における問題点の解説などを予定続きを読む

2019.09.30

PVeyePR

ファーウェイ、低圧用新製品受注開始

 PCS世界最大手の中国ファーウェイが5月、低圧太陽光発電所用の新型PCSを発売した。従来品の特長をそのままに機能を拡充。今夏にはJET認証を取得し、低圧域での展開を強める構えだ。
続きを読む

no image

2019.09.27

PVeye

O&M協、10月にO&M事業化のセミナー開催へ

 新エネルギーO&M協議会は10月24日から2日間、関西で太陽光発電のO&M(管理・保守)に関するセミナーを開催する。O&Mの事業化をテーマに、太陽光発電設備の販売・施工会社に講義や研修を行う。続きを読む

2019.07.30

PVeyePR

完全自家消費を支援する ウェーブエナジーの制御システム

 自家消費時代の夜明けを迎えた太陽光発電市場で、欠かせない新商品が登場した。ウェーブエナジーが開発した完全自家消費を可能にする制御システムである。新時代のマストアイテムとなりそうだ。
<続きを読む

2019.06.30

PVeyePR

[特別対談 第31回]自家消費新時代のPCS 田淵電機 坂本幸隆執行役員×ESI 土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長による特別対談。今回のお相手は、ダイヤモンド電機の傘下に入って再起を図るPCSメーカー、田淵電機の坂本幸隆執行役員である。自家消費新時代のPCSにつ続きを読む

2019.06.30

PVeyePR

ファーウェイ、PCS内蔵のI-Vカーブ測定機能を改良 中国展示会で最優秀賞

 PCS世界最大手、中国ファーウェイは今夏、オプションでPCSに搭載しているI-Vカーブ測定機能を改良した。AIを活用して精度を高めた。世界最大級の太陽光発電の展示会で最優秀賞を受賞した。
続きを読む

2019.05.30

PVeyePR

自家消費時代のESI流提案術 法人営業は〝二段構え〟 住宅用ニーズは4つに分類

 太陽光商材の卸販売から、メガソーラーの開発まで手掛けるヨーロッパ・ソーラー・イノベーション。土肥宏吉社長が、自家消費時代の法人営業法と住宅用太陽光発電設備のソリューションを打ち出した。
続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2019年12月号

徹底攻略! 法人向けエネルギー提案

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート