ワンストップソリューションで躍進するジャパンパワーサプライ

2014.06.01

PVeye PR

 太陽光発電のEPC(設計・調達・建設)ベンチャー、ジャパンパワーサプライ(本社・東京都港区六本木、資本金・1億6100万円、釜谷正宏社長)が存在感を高めている。いま業界を騒がせている経産省の認定ルールの厳格化にも対応可能のようだ。同社の強さを探る。

 同社は2012年12月、太陽光発電のEPC企業として旗揚げした。太陽光発電所のディベロップメント体制により建設を自社グループで手掛け、設立初年度から順調に受注を獲得。実質8ヵ月の営業期間だった13年11月期の初年度では、計6MW分の太陽光発電所を着工、12億円の売上を計上した。今期も受注は好調で、特別高圧線への接続が伴う大規模発電所の建設にも乗り出す。今期は完工ベースで10MW以上建設し、売上高は30億円を超える計画だ。
 同社の強みは、太陽光発電所のディベロップメント企業として開発を自前で仕上げる「ワンストップソリューション」。それはまずコスト競争力を生んだ。一般に大手EPCは、土地の造成や電気工事、施工などを下請け業者から孫請けに発注するため、多層のマージンが発生するケースが多く、総工費は割高になる。同社はできる限りグループ内で手掛け、コスト管理を徹底しているため、マージンが少なく、コストを抑えられる。

「180日ルールも対応可能!」

 さらにこの「ワンストップソリューション」による対応力は、思わぬ形で差別化に繋がりそうだ。経産省が今年4月に実施した設備認定ルールの厳格化である。認定を受けてから180日以内に土地と設備を確保しなければ認定を取り消すという要件が盛り込まれたことで、メガソーラーの建設から手を引こうとするEPC業者が出てきたのだ。経産省は、意図的に発電所を建設しない一部の悪徳業者を排除する狙いだったが、業界の反応は、「土地の許認可手続きにかかる時間的制約を考慮すれば、このルール改定によってメガソーラーは開発が下火になる」(業界関係者)と不満の声が続出。諦めムードすら漂っている。しかしジャパンパワーサプライは、認定ルール改定の影響はさほどないとし、その根拠をこう説明した。
 「電力会社への申請と設備認定を取得して売電権を抑え、土地の開発許可が下りてから土地の契約を結ぶという手順では、当然間に合わなくなるでしょう」としたうえで、「当社は、電力会社への事前検討を終えた後、土地の契約を結ぶ。それから土地の許認可手続きを進めながら設備認定を取得します。180日の失効ルールは問題ありません」。
 土地の開発許可が下りないうちに土地の契約を結ぶのは、いささかリスクが大きいとも受け取れるが。
 「当社は土地を取得する前に、独自のデューディリジェンスを行なっています。この段階でほぼ100%案件化できるかどうか判断できるのです。不確定な要素は系統連系ですが、それも事前検討の段階で把握できます」。
 同社のEPCサービスは「ワンストップソリューション」。それゆえに、土地に関しても豊富な知見があるのだろう。設備認定ルールの厳格化によってメガソーラー開発から手を引くEPC業者が増えてくれば、同社の競争力がさらに増す。ジャパンパワーサプライはさらなる飛躍を遂げそうだ。

お問い合わせ先
株式会社ジャパンパワーサプライ
TEL:03-5785-1482
URL:http://jps-pv.jp/

2021.03.01

PVeye

ソニー、自己託送で全量自家消費

 ソニーが自社敷地外の太陽光発電設備から全量自家消費する自己託送を始める。太陽光発電所建設のFDと提携し、デジタルグリッドの電力取引プラットフォームを活用する。オフサイト自己託送で採算性を確保し、電力続きを読む

2021.03.01

PVeye

東ガス、PPA方式で東京建物の自己託送を支援

 東ガスは、再エネ電力の自己託送を支援する独自のサービスを開始する。第一弾は東京建物の物流施設に設置する太陽光発電設備で行う。(本誌・岡田浩一)

 東京ガス(内田高史社長続きを読む

2021.03.01

PVeye

パナソニック、太陽光パネル生産から撤退

 パナソニックが太陽光パネル生産から撤退する。旧三洋電機の超高効率セル『HIT』の技術を受け継ぎ、一時は「世界最高」の称号を武器に住宅用市場で販売シェアを伸ばしたが、その歴史に幕を閉じる。(本誌・岡田続きを読む

2021.03.01

PVeyePR

北の雄 アークが自家消費太陽光提案に本腰 電力代削減に寄与

 北海道の有力再生可能エネルギー会社、アーク(札幌市豊平区、渡邊賢二社長)が、自家消費用太陽光発電の提案に本腰を入れた。電気代の削減に貢献する。

 年間100件以上にのぼ続きを読む

2021.02.01

PVeyePR

ESI土肥社長が語る 太陽光ビジネスのあり方2021

脱炭素化の実現に取り組む姿勢を政府が鮮明にした。2021年太陽光発電業界はどうあるべきか。太陽光商社、ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長が語った。

 コロナ禍続きを読む

2021.01.04

PVeye

太陽電池の特許侵害騒動 韓ハンファ、競合3社と対立

 太陽光パネル大手の韓ハンファQセルズが、自社の特許侵害を巡り、ジンコソーラーら競合3社と世界各地で法廷闘争を繰り広げている。日本市場における3社の販売に影響が及ぶ可能性もないではない。(本誌・平沢元続きを読む

2021.01.04

PVeyePR

20年度3万台濃厚! 田淵電機の蓄電設備がヒットした理由

 ダイヤモンドエレクトリックHD傘下の田淵電機がハイブリッド型蓄電設備の販売を急速に伸ばしている。なぜヒットしたのか。

 田淵電機が2020年1月に発売したハイブリッド型続きを読む

2021.01.04

PVeyePR

ESI土肥社長が占う2021の太陽光市場「自家消費で地域に愛される電源へ」

 太陽光関連商材を多く扱うヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長が、2021年の太陽光発電市場の動向を予測した。

 再生可能エネルギーの需要は引き続き伸びるでしょ続きを読む

2020.12.01

PVeye

ESI土肥社長が語るPPAモデルの可能性

 様々な再エネ商材を扱うヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長が、ドイツの事情に照らし合わせて、PPAモデルの可能性について語った。
 
 16年の電力小売りの全面続きを読む

2020.11.01

PVeyePR

タオケイが蓄電設備販売に本腰

遠隔監視装置メーカーの中・タオケイが日本で産業用蓄電設備の販売を本格化する。このほど夜間も売電できる蓄電池併設の太陽光発電所に初出荷した。自家消費用の需要も掘り起こす狙いだ。

続きを読む