太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

シャープ経営危機再燃 赤字太陽電池部門に大ナタ?!

2015.03.13

ENERGYeye

 再び巨額赤字に転落する可能性が浮上したシャープ、だが立て直しは決して容易ではない。

 「太陽電池などの不採算事業の減損処理により、最終赤字が1000億円を超える、との報道がありますが、決定した事実はなく、15年3月期の通期業績について現時点で修正の予定はありません」――。
 3月3日、経営危機の再燃が報じられたシャープは即座にこう否定したが、業績悪化が止まらない。
 とくに名指しされた太陽電池部門は、13年度こそ売上高4388億円、322億円の営業利益をあげるも、15年第2四半期より再び失速。赤字体質が続く。仮に撤退に踏み込めば、損失はさらに拡大するとの見方もある。
 だが、太陽電池部門の撤退報道は、実はこれが初めてではない。12年の経営危機時にも撤退観測が浮上。このときは葛城工場(奈良県)を大幅縮小させ、堺工場に集約。さらに自社生産に見切りをつけ、海外メーカーから調達・販売するOEMに一気に舵を切り、合理化を進めてきた。
 その当時から太陽電池業界では「シャープの薄膜太陽電池ラインなど誰も買わない」と疑問視されてきたのだが、3年後に降ってわいた再度の撤退報道。
 当時の経緯を知る業界関係者は、「国内外のメーカーに売却の打診をしているらしいが、誰が買うのか」とデジャブのような声が聞こえる。
 なぜ、堺工場の売却が難しいのか。それは薄膜太陽電池の製造ラインを含むからだ。世界の太陽電池は結晶系と呼ばれるタイプがほぼ独占。薄膜系で成功をおさめたのは昭和シェル石油グループのソーラーフロンティアか、米ファーストソーラーなど、ほんの一握りしかいない。
 しかも、ソーラーフロンティアが製造するのは、CISと呼ばれるまったくの別タイプ。同じ薄膜系でもシナジーはそれほど見込めない。だが一方で、事業売却を打診されていると報道されるなど、国内勢のなかで、最有力候補と目されているのも事実だ。
 「その場合、堺工場のみではなく、事業譲渡の形が有力だろう。住宅用マーケットに本格攻勢をかけるためには、シャープの持つ営業インフラは魅了的だ」とある業界関係者は語る――。

続きはENERGYeyeVol.001でご覧になれます。

2019.02.06

PVeye

O&Mと資産運用のセミナーが5月末に開幕

 O&M(管理・保守)と資産運用の専門セミナー、ソーラーアセットマネジメントアジアが5月30日から2日間、東京都で開幕する。国内外のO&M業者やアセットマネージャーら300名が参加予定だ。
続きを読む

2019.01.30

PVeye

売電単価14円へ 500kW以上は入札に

 2019年度の売電単価がほぼ固まった。事業用太陽光発電は、10kW以上500kW未満が14円に引き下げられ、500kW以上は入札制の対象となる方向だ。(PVeye記者・楓崇志)
続きを読む

2019.01.30

PVeye

スマートエネルギーWeek開幕迫る 主力電源化への新トレンドを網羅!

 再生可能エネルギー関連の大型商談展『スマートエネルギーWeek2019』が2月27日より東京ビッグサイトで開催される。出展企業数は33ヵ国1590社、来場者数は7万人にのぼる見込みだ。
続きを読む

2019.01.29

PVeye

シナネン、創・蓄電設備とV2Hのセット商品発売

 エネルギー関連商社のシナネン(東京都港区、三枝木俊美社長)は2018年11月、太陽光パネル付きカーポートと蓄電設備、EV(電気自動車)の電力を家へ供給するV2H機器を組み合わせた商品を発売した。ニチ続きを読む

2019.01.29

PVeye

日本ベネックス、埼玉県川越市の屋根借り発電所稼働 出力2MW、明電舎製PCS採用

 太陽光発電のEPC(設計・調達・建設)を手掛ける日本ベネックス(長崎県諫早市、小林洋平社長)は1月29日、埼玉県川越市にて、屋根借り方式の太陽光発電所を稼働させたと発表した。これにより、同社が保有す続きを読む

2019.01.24

PVeye

京セラら3社、京都・兵庫・福井に太陽光発電所完成 7ヵ所合計3.2MW

 京セラ(京都市伏見区、谷本秀夫社長)は1月24日、金下建設(京都府宮津市、金下昌司社長)及びオムロンフィールドエンジニアリング(東京都目黒区、四方克弘社長、以下OFE)との共同出資で設立したSPC(続きを読む

no image

2019.01.23

PVeye

住商、福島・南相馬の32.3MW発電所稼働

 住友商事(東京都千代田区、兵頭誠之社長)は1月23日、福島県南相馬市において、発電容量32.3MWの大規模太陽光発電所が商業運転を開始したと発表した。
 このほど運転を開始した大規模太続きを読む

2019.01.22

PVeye

JPEA、新春交流会開催

 太陽光発電協会(平野敦彦代表理事、以下JPEA)は1月22日、東京都千代田区の東海大学校友会館にて、新春交流会を開催した。会員企業のほか、国会議員や関係省庁など多くの関係者が会場に詰めかけた。続きを読む

no image

2019.01.17

PVeye

ソーラーフロンティア、CIS系薄膜セルで23.35% 世界記録を更新

 CIS太陽電池大手のソーラーフロンティア(東京都港区、平野敦彦社長)は1月17日、カドミウムを含まないCIS系薄膜太陽電池(CdフリーCIS系薄膜太陽電池)の約1㎠のセルにおいて、CIS系薄膜太陽電続きを読む

2018.12.28

PVeye

未稼働対策新ルールが決定 原案より大幅緩和

 12月5日、経産省は未稼働対策新ルールの概要を発表した。2MW以上の着工済み案件には新ルールを適用せず、対象の2MW以上の案件も、系統連系工事着工申込み期限を2019年8月末に延ばすなど、原案より大続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス
  • 太陽電池展(PV EXPO)

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2019年2月号

激動の太陽光関連市場 業種別分析2019

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート