太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

[特別対談第26回]高性能という価値 LGエレクトロニクスジャパン楠山恭央 Energy Business Part部長×ESI土肥宏吉社長

2018.07.01

PVeyePR

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長による特別対談。今回は、世界トップクラスの高性能パネルを量産する韓LGエレクトロニクスの日本法人でエネルギー事業部門を担当する楠山恭央部長だ。高性能という価値ついて考察する。

土肥氏●様々な外資系メーカーが日本に進出していますが、なかでも貴社の製品は非常に高性能です。品質重視の日本のユーザーと志向が合致して、受注が伸びているように思いますが、今回は、高性能という価値というテーマについて意見交換させていただければと思います。ではまず、現在の生産能力、製品のスペックなどから簡単に紹介してください。

楠山氏●親会社のLGエレクトロニクスは、韓国亀尾市に太陽光パネル工場を構え、セルからパネルまで一貫生産しています。年産能力はセルとパネルがそれぞれ1.9GWで、品目はすべて高効率な単結晶シリコン型です。全体の80%以上は、より高効率なN型単結晶型で、汎用的なP型単結晶型は300MW程です。
 製品のスペックは、裏面に電極を移すバックコンタクト技術を導入した60セル360W品が変換効率20.8%で、もうひとつの60セル335W品はパネル変換効率19.6%です。

土肥氏●なるほど、日本のメーカーを凌ぎ、世界トップクラスの非常に高いスペックですね。LGエレクトロニクスさんは電機メーカーですから、業態としても、日本のパネルメーカーと共通項が多いようにお見受けします。日本ではどのように販売されてこられたのでしょうか。

楠山氏●日本法人LGエレクトロニクスジャパンの設立は1981年ですから、もうすぐ40年になります。親会社LGエレクトロニクスの日本向け家電販売を長く担ってきたので、2010年に太陽光パネルの販売を始めた時は、家電の括りでパネルを住宅向けに販売していくつもりでした。ただ、その後FITが始まり、事業用太陽光の需要が伸びたので、そちらへ出荷するようになり、今の形になったという経緯があります。
 背景には、液晶や半導体、電子部品などで以前からお付き合いさせていただいていた大手商社さんの協力がありました。商社さんとは別部門でも、継続的に協業させていただいております。
 日本では15年から17年まで年間200MWずつパネルを出荷し、今年は270MWに増え、18年末で累計1GWに達します。大型プロジェクトに採用いただいた分が残っているので、来年は300MW程度まで増える見通しです。

土肥氏●貴社は世界で太陽光パネルを販売していらっしゃって、米国でも販路を築かれている印象があります。米政府によるセーフガード(パネルの輸入制限)の影響はあったのでしょうか。

楠山氏●当社は米国の住宅用市場でシェアを伸ばしましたから影響を受けました。
 17年は太陽光パネルの総出荷量が1.6GWで、米国向けが600〜700MW、日本と欧州がそれぞれ200MWずつで、そのほか、韓国、東南アジア、豪州という内訳ですから、米国は最大の出荷先でした。その米国への販路を絶たれるわけですから、影響は大きいと思います。ただ、韓国の市場も伸びていますし、その他の市場で需要を掘り起こして、影響を最小限に抑えていきたいと思っています。

土肥氏●日本では、どのような中長期戦略を描かれているのでしょうか。これから徐々に大型プロジェクトも減っていくでしょうし、一方で、FIT売電から自家消費利用へと市場は変化していくと思われます。コスト要求も厳しくなると思われますが。

楠山氏●大型プロジェクト向けの受注が残っているといっても、来年までです。その後は市場環境の変化に応じて、新しい販路を開拓していかなければなりません。当初描いていた家電の商流に乗せて住宅向けに展開するというのがひとつでしょう。もうひとつは、グループ内での連携や協業です。LGグループは、車載用の蓄電池など、様々な関連製品を生産しているので、グループ内の様々なリソースを活用してパネルを販売していくつもりです。

土肥氏●貴社は、家電の販売で築いたブランド力をお持ちなので、エンドユーザーは日本の大手電機メーカーと同じイメージを持つのではないでしょうか。その点、住宅用への展開も、他の専業メーカーと比べると、アドバンテージがあるように思います。
 ただ、やはり世界トップクラスの高性能が最大の武器でしょう。プロジェクトの評価でも、高性能で、パフォーマンスの高い貴社の製品は高評価です。市場が自家消費へ変化すれば、パネルは狭小な屋根上に設置される機会が増えるので、なおさら高性能、高効率は優位性を発揮するのでしょうね。

楠山氏●そういっていただけるとありがたいのですが、N型単結晶ウエハの供給量は物理的に少ないので、価格面で劣勢に立たされることもあります。とはいえ、これまで当社は、高性能、高効率という付加価値戦略で戦ってきたので、この路線は変えられません。高性能という価値を、今後も受け入れていただくために、どう提案していくべきか、環境づくりも含めてまだ課題はあると思っています。

土肥氏●確かに、太陽光パネルはコモディティ化が進んでいるので、今後も高性能で差別化を図っていくというのは簡単なことではないのでしょう。技術的にも常に先行していかなければなりませんし。ただ、希少性に対する魅力というものは普遍的です。とくに日本人はそれを価値に転嫁する傾向が強いので、高性能パネルの需要は廃れることはないように思います。貴社の取り組みに期待しています。

ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション株式会社
〒100-6512東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビル12階
TEL:03-6757-9065
FAX:03-6757-9066
http://www.e-solar.co.jp

2020.02.01

PVeyePR

ウェーブエナジーが強力サポート! 失敗しない自家消費提案

 自家消費用太陽光発電設備の提案は、対象の需要家や設備の設置場所など多岐に亘るため、容易にはいかない。そんななか、ウェーブエナジーが自家消費提案に最適な機器を複数開発。知見も豊富な同社は有力なパートナ続きを読む

2020.02.01

PVeyePR

ESI土肥社長が語る自家消費提案のいろは

 法人向け自家消費のコンサルティングを手掛けるヨーロッパ・ソーラー・イノベーション。土肥社長が自家消費の提案方法を語った。

 今年から太陽光発電市場は大きく変化していきま続きを読む

no image

2020.02.01

PVeyePR

『PVEXPO2020』、2月26日開幕

 太陽光発電の国際商談展、『PVEXPO2020』が2月26日、東京ビッグサイトで開幕する。7つの同時開催展を含め、国内外から1520社が出展する予定だ。見どころに迫った。

続きを読む

no image

2019.12.01

PVeye

三菱電機、太陽光パネルとPCSの生産から撤退

 三菱電機が太陽光発電設備の製造から撤退する。今後は京セラの太陽光発電設備を販売する。FITの終焉に伴い、太陽光関連事業を再編する方向だ。(本誌・楓崇志)

 三菱電機は1続きを読む

2019.12.01

PVeyePR

ESI土肥社長が語る太陽光ビジネスの展望

 低圧太陽光発電所の全量売電が来年度から終了される方向が示され、販売・施工会社の経営環境は厳しさを増す。そんななか、ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長が太陽光ビジネスの展望を語った。<続きを読む

no image

2019.11.26

PVeye

ASPEn、美作市でパネル税に関するシンポジウム開催へ

 太陽光発電事業者連盟(ASPEn)は、11月27日に岡山県美作市で、同市議会が導入を検討中の〝太陽光パネル税〟に関してシンポジウムを開催する。弁護士による太陽光パネル税における問題点の解説などを予定続きを読む

no image

2019.09.27

PVeye

O&M協、10月にO&M事業化のセミナー開催へ

 新エネルギーO&M協議会は10月24日から2日間、関西で太陽光発電のO&M(管理・保守)に関するセミナーを開催する。O&Mの事業化をテーマに、太陽光発電設備の販売・施工会社に講義や研修を行う。続きを読む

2019.06.30

PVeyePR

[特別対談 第31回]自家消費新時代のPCS 田淵電機 坂本幸隆執行役員×ESI 土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長による特別対談。今回のお相手は、ダイヤモンド電機の傘下に入って再起を図るPCSメーカー、田淵電機の坂本幸隆執行役員である。自家消費新時代のPCSにつ続きを読む

2019.05.30

PVeyePR

自家消費時代のESI流提案術 法人営業は〝二段構え〟 住宅用ニーズは4つに分類

 太陽光商材の卸販売から、メガソーラーの開発まで手掛けるヨーロッパ・ソーラー・イノベーション。土肥宏吉社長が、自家消費時代の法人営業法と住宅用太陽光発電設備のソリューションを打ち出した。
続きを読む

2019.04.30

PVeyePR

[特別対談 第30回]再エネビジネスの未来 日本再生可能エネルギー総合研究所 北村和也代表×ESI 土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長による特別対談。今回は、再エネ分野のコンサルティングを手掛ける日本再生可能エネルギー総合研究所の北村和也代表を迎えて、再エネビジネスの未来を考える。続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2020年3月号

膨らむ期待と不安 蓄電で活路拓くPCS勢

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート