〝長野の雄〟がファーウェイのPCSを選んだ理由

2018.07.01

PVeyePR

 太陽光発電所の建設で長野トップの実績を誇るサンジュニアが、ファーウェイのPCSを本格採用し始めた。なぜファーウェイなのか。西原弘樹社長に聞いた。

 1981年に創業したサンジュニア(長野県須坂市)は、太陽熱温水器の設置工事から太陽光発電設備のEPC(設計・調達・建設)へ業容を拡大して成長を遂げた有力企業だ。98年から住宅向けに太陽光発電設備の販売・施工を手掛け、FIT始動後は出力10kW超の設備も建設してきた。住宅用と産業用を合わせた施工実績は累計4500件に達し、長野県トップの実績を誇る。
 その同社が、昨年から高圧太陽光発電所のPCS(パワーコンディショナ)で、ファーウェイ(華為技術)の製品を本格的に扱い始めたのである。西原社長は、「16年頃、それまで使っていた国内メーカーの大型機では価格が高いと感じ、割安な中小型機を探していたところ、知人からファーウェイさんの製品を紹介してもらったのがきっかけです」と振り返る。ただ、すぐに飛びついたわけではない。西原社長は、ファーウェイのPCSに決めるまでに、約1年わたって慎重に検討している。

決め手は信頼

 実はサンジュニアは、過去にPCSで苦い経験をしたことがあった。12年に同社が須坂市内の公立中学校の屋上に出力100kWの設備を設置した際、完工後間もなく同校の生徒から頭痛の訴えを受けたのだ。PCSが発する高周波が原因と考え、同社は高周波を除去するフィルタを設置。すると問題は解消したが、フィルタの設置によってPCSの内部に熱がこもり、新たに冷却設備を必要になった。結局、予定外の出費が数百万円にのぼったという。
 この経験から、西原社長は、PCSの選定に際し、特に高周波の問題に気を配るようになり、ファーウェイのPCSも、事前に調べておきたかった。そこでファーウェイに依頼して現場で周波数を測定。問題がないことを確認するのだが、西原社長は、「見学に行きたいと要求したら、迅速に手配してくれたのが好印象でした」と、ファーウェイの対応の早さを称賛する。
 その後も、西原社長は、サンジュニア独自の監視システムとPCSを連携させたいといった要求をファーウェイに伝えたところ、ファーウェイは真摯に応じたようで、西原社長は「最低でも20年間お付き合いするので、お互いの信頼関係が何よりも重要です。最初は海外メーカーゆえの不安もありましたが、面倒な要求ばかりする我々に対してファーウェイさんは常に丁寧に接して下さいます」と満足気だ。

分散設置で故障を即時発見

 こうした経緯の後、サンジュニアは17年にファーウェイの出力24.5kW機と40kW機を採用、出力300kWの太陽光発電所を竣工した。両機は変換効率が98.7%を超える高効率品で、西原社長によれば、「シミュレーションに対して十分な発電量を確保していて、コストパフォーマンスが非常に高いのです」。
 なお、この発電所は、サンジュニアが初めて中型PCSを分散設置した高圧太陽光発電所でもある。西原社長は、分散設置による設計の利点を日々感じているといい、大型PCSとの違いについて、こう話した。「分散設置の利点は、発電設備に異常が発生した際、即座に場所を特定できることです。複数並んだPCSのうち、1台だけ発電量が低ければ、そこで何かが起きていると一目で分かります。かつ、故障による発電量低下の影響が及ぶ範囲が少ない。今では高圧発電所を建設する時は、必ずファーウェイ製PCSの分散設置で設計していますよ」。
 さらに、西原社長は、当初想定していなかった中型機の利点として、「設置のしやすさ」を挙げた。大型PCSとは違って、中小型PCSの場合、基礎工事が不要で、PCSが軽く、持運びが容易。実際ファーウェイの40kW機は重量が55㎏で、2人で軽々と運べる。サンジュニアは、すでに出力300〜400kW規模の太陽光発電所3件でファーウェイのPCSを採用し、年内に完工する4件、計1.8MWの案件にもファーウェイを使用する予定だ。今後は、低圧発電所にもファーウェイの小型PCSの採用を検討しており、西原社長は、「住宅向けPCSを早く開発してほしいですね」とファーウェイの製品開発力に期待を寄せる。
 〝長野の雄〞が絶賛するファーウェイのPCS。一度試してみてはいかがだろうか。



ファーウェイ、低圧用PCSでJET認証取得
 
 PCS世界大手のファーウェイは6月11日、低圧用PCSのJET認証を取得したと発表。低圧市場の開拓に本腰を入れる構えだ。

 JET(電気安全環境研究所)の規格に適合した工業製品に付与されるJET認証。いまや日本で市販される小型PCSには不可欠な認証だが、これを取得した海外のPCSメーカーは少ない。なぜなら日本特有の規格に合わせた製品の設計が求められるため、メーカーが対応できないのだ。
 だが、ファーウェイは、申請後1年以内にJET認証を取得、「当社は設計や品質が優れていると自負しています。認証の取得により、お客様は、当社のPCSを安全・安心にご利用いただけます」とコメントしている。
 ファーウェイがJET認証を取得した低圧用の小型PCSは、出力4.125kWで、変換効率は98.5%と高く、機能も充実している。特筆すべきは、小型機ながらMPPT(最大動作点追従機能)回路を2回路も搭載している点だろう。MPPTは、日射量によって変わる電流と電圧を最適な値に整えて発電量を最大化する機能だ。回路数が多いほど発電量が増える。
 さらに、発電量の計測機能がPCSに標準で備わっており、事業者が別途計測装置を購入する必要がない点も特長だろう。低圧太陽光発電所のオーナーは、売電収入が少なく、O&M(管理・保守)費用をなかなか捻出できないため、ファーウェイのPCSは好都合だ。より細かな監視を望むユーザーは、オプションでI‒Ⅴカーブ測定機能の搭載も可能だ。計測したデータは20年保存可能だから、経年劣化の診断に用いることもできる。
 施工性の高さも光る。重量はわずか10.4㎏しかなく、1人の作業員が楽に持ち運べる。一般的な小型機の重量が30㎏前後である点に鑑みれば、ファーウェイ製小型機の軽さは際立っている。なお、単相型であるため絶縁トランスが必要ない。従来から販売している三相型も並行して販売していく。

華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)
〒100-0004東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアウエストタワー10階tel.03-6266-8008
http://solar.huawei.com/cn/

2021.10.26

PVeye

村田製作所、工場に太陽光+大型蓄電池導入

 電子部品大手の村田製作所(中島規巨社長)は2021年10月14日、生産子会社の金津村田製作所に太陽光発電設備と大型蓄電設備を導入すると発表した。独自のエネルギー管理システムで運用し、11月1日より金続きを読む

2021.10.15

PVeye

レノバ、岩手で大規模太陽光発電所稼働 出力40MW

 レノバは2021年10月1日、出資先の合同会社軽米尊坊ソーラーで開発した岩手県九戸郡軽米町内の太陽光発電所を稼働させた。出力は40.8MW。発電した電力はFITを活用して東北電力へ全量売電する。続きを読む

2021.03.01

PVeye

ソニー、自己託送で全量自家消費

 ソニーが自社敷地外の太陽光発電設備から全量自家消費する自己託送を始める。太陽光発電所建設のFDと提携し、デジタルグリッドの電力取引プラットフォームを活用する。オフサイト自己託送で採算性を確保し、電力続きを読む

2021.03.01

PVeye

東ガス、PPA方式で東京建物の自己託送を支援

 東ガスは、再エネ電力の自己託送を支援する独自のサービスを開始する。第一弾は東京建物の物流施設に設置する太陽光発電設備で行う。(本誌・岡田浩一)

 東京ガス(内田高史社長続きを読む

2021.03.01

PVeye

パナソニック、太陽光パネル生産から撤退

 パナソニックが太陽光パネル生産から撤退する。旧三洋電機の超高効率セル『HIT』の技術を受け継ぎ、一時は「世界最高」の称号を武器に住宅用市場で販売シェアを伸ばしたが、その歴史に幕を閉じる。(本誌・岡田続きを読む

2021.03.01

PVeyePR

北の雄 アークが自家消費太陽光提案に本腰 電力代削減に寄与

 北海道の有力再生可能エネルギー会社、アーク(札幌市豊平区、渡邊賢二社長)が、自家消費用太陽光発電の提案に本腰を入れた。電気代の削減に貢献する。

 年間100件以上にのぼ続きを読む

2021.02.01

PVeyePR

ESI土肥社長が語る 太陽光ビジネスのあり方2021

脱炭素化の実現に取り組む姿勢を政府が鮮明にした。2021年太陽光発電業界はどうあるべきか。太陽光商社、ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長が語った。

 コロナ禍続きを読む

2021.01.04

PVeye

太陽電池の特許侵害騒動 韓ハンファ、競合3社と対立

 太陽光パネル大手の韓ハンファQセルズが、自社の特許侵害を巡り、ジンコソーラーら競合3社と世界各地で法廷闘争を繰り広げている。日本市場における3社の販売に影響が及ぶ可能性もないではない。(本誌・平沢元続きを読む

2021.01.04

PVeyePR

20年度3万台濃厚! 田淵電機の蓄電設備がヒットした理由

 ダイヤモンドエレクトリックHD傘下の田淵電機がハイブリッド型蓄電設備の販売を急速に伸ばしている。なぜヒットしたのか。

 田淵電機が2020年1月に発売したハイブリッド型続きを読む

2021.01.04

PVeyePR

ESI土肥社長が占う2021の太陽光市場「自家消費で地域に愛される電源へ」

 太陽光関連商材を多く扱うヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長が、2021年の太陽光発電市場の動向を予測した。

 再生可能エネルギーの需要は引き続き伸びるでしょ続きを読む