ESI、住宅用太陽光発電設備を堂々商品化

2019.04.01

PVeyePR

 太陽光関連商材を販売するESI(ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション)が、このほど住宅用太陽光発電設備を独自に商品化した。その狙いとは。

 ESIの強みは、まず製品の供給力だろう。いまや同社には国内外から多くのメーカーが提案に訪れており、その数は他社と一線を画す。
 たとえば太陽光パネル。フォノソーラー、ジンコソーラー、トリナ・ソーラー、ロンジソーラー、インリー・グリーンエナジーなどの中国メーカーのほか、加カナディアン・ソーラーや韓LGエレクトロニクス、西イソフォトン、独ルクサーといった主要メーカーから調達している。しかも、各社から安価に製品を仕入れており、ESIはW単価30円台前半という安い価格帯で太陽光発電所の建設現場まで輸送する物流網を確立済みだ。
 さらに、PCS(パワーコンディショナ)や蓄電設備も調達ルートを拡大している。PCSは、独SMAや田淵電機、中サングロウ、オムロン、パナソニック、TMEIC(東芝三菱電機産業システム)などの主力どころ、蓄電設備は、田淵電機やコネックス、独ソーラーワットなどの国内外の有力メーカーと取引関係を結ぶ。
 それだけに、ESIは、設備の特徴に詳しく、豊富な知見を活かした独自の設計力を磨いてきた。すなわち、顧客の要望に沿った最適な設備を組み上げて提供する〝ソリューション販売〞であるが、その手法を今回ESIは、住宅用太陽光発電設備に導入し、本格的に販売するというのだ。
 住宅用へ展開する理由を、土肥社長は、「住宅用市場は縮小傾向にありますが、それは設備を供給する側がニーズに応えきれていない点も関係しているように思います。〝2019年問題〞が迫っているので、当社は価格面の要求も充分考慮して、最適な商品を提供していきます」と語る。
 では、どのような商品戦略を掲げているのか。マーケットでは、FITを活用して余剰電力の売電を中心に設備を利用する顧客が多い一方、FITの売電期間が終了する〝卒FIT〞ユーザーが登場する。自家消費利用を目的に蓄電設備などを求める顧客層も増えてくるに違いない。
 これについて、土肥社長は、「顧客のニーズが多様化するのは間違いありません。ですから、基本スタンスとしては、顧客の要望に沿ったシステムをそれこそ一つひとつ設計し、販売・施工会社さんに提供していくこと。きめ細かい対応で差別化を図っていくつもりです」と方針を述べている。
 そして土肥社長が考案したのが、表に掲載したとおり、「高出力」、「価格」、「近隣配慮」、「ブランド」と顧客の志向を4つに大別し、それぞれに最適な製品を選定した住宅用太陽光発電設備だ。しかも、これらの設備をkWあたり10万円以下という安い価格帯で販売する意向まで示している。
 ESIが住宅用市場にどう展開するのか。今後の動きに注目だ。

ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション株式会社
〒100-6512 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビル12階
TEL:03-6757-9065
FAX:03-6757-9066
http://www.e-solar.co.jp

2021.03.01

PVeye

ソニー、自己託送で全量自家消費

 ソニーが自社敷地外の太陽光発電設備から全量自家消費する自己託送を始める。太陽光発電所建設のFDと提携し、デジタルグリッドの電力取引プラットフォームを活用する。オフサイト自己託送で採算性を確保し、電力続きを読む

2021.03.01

PVeye

東ガス、PPA方式で東京建物の自己託送を支援

 東ガスは、再エネ電力の自己託送を支援する独自のサービスを開始する。第一弾は東京建物の物流施設に設置する太陽光発電設備で行う。(本誌・岡田浩一)

 東京ガス(内田高史社長続きを読む

2021.03.01

PVeye

パナソニック、太陽光パネル生産から撤退

 パナソニックが太陽光パネル生産から撤退する。旧三洋電機の超高効率セル『HIT』の技術を受け継ぎ、一時は「世界最高」の称号を武器に住宅用市場で販売シェアを伸ばしたが、その歴史に幕を閉じる。(本誌・岡田続きを読む

2021.03.01

PVeyePR

北の雄 アークが自家消費太陽光提案に本腰 電力代削減に寄与

 北海道の有力再生可能エネルギー会社、アーク(札幌市豊平区、渡邊賢二社長)が、自家消費用太陽光発電の提案に本腰を入れた。電気代の削減に貢献する。

 年間100件以上にのぼ続きを読む

2021.02.01

PVeyePR

ESI土肥社長が語る 太陽光ビジネスのあり方2021

脱炭素化の実現に取り組む姿勢を政府が鮮明にした。2021年太陽光発電業界はどうあるべきか。太陽光商社、ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長が語った。

 コロナ禍続きを読む

2021.01.04

PVeye

太陽電池の特許侵害騒動 韓ハンファ、競合3社と対立

 太陽光パネル大手の韓ハンファQセルズが、自社の特許侵害を巡り、ジンコソーラーら競合3社と世界各地で法廷闘争を繰り広げている。日本市場における3社の販売に影響が及ぶ可能性もないではない。(本誌・平沢元続きを読む

2021.01.04

PVeyePR

20年度3万台濃厚! 田淵電機の蓄電設備がヒットした理由

 ダイヤモンドエレクトリックHD傘下の田淵電機がハイブリッド型蓄電設備の販売を急速に伸ばしている。なぜヒットしたのか。

 田淵電機が2020年1月に発売したハイブリッド型続きを読む

2021.01.04

PVeyePR

ESI土肥社長が占う2021の太陽光市場「自家消費で地域に愛される電源へ」

 太陽光関連商材を多く扱うヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長が、2021年の太陽光発電市場の動向を予測した。

 再生可能エネルギーの需要は引き続き伸びるでしょ続きを読む

2020.12.01

PVeye

ESI土肥社長が語るPPAモデルの可能性

 様々な再エネ商材を扱うヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長が、ドイツの事情に照らし合わせて、PPAモデルの可能性について語った。
 
 16年の電力小売りの全面続きを読む

2020.11.01

PVeyePR

タオケイが蓄電設備販売に本腰

遠隔監視装置メーカーの中・タオケイが日本で産業用蓄電設備の販売を本格化する。このほど夜間も売電できる蓄電池併設の太陽光発電所に初出荷した。自家消費用の需要も掘り起こす狙いだ。

続きを読む