太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

[特別対談 第30回]再エネビジネスの未来 日本再生可能エネルギー総合研究所 北村和也代表×ESI 土肥宏吉社長

2019.04.30

PVeyePR

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長による特別対談。今回は、再エネ分野のコンサルティングを手掛ける日本再生可能エネルギー総合研究所の北村和也代表を迎えて、再エネビジネスの未来を考える。

土肥氏●日本では今年4月からFITの売電単価が14円まで下がり、事業環境が厳しくなったと思われる方々が多いでしょう。ただ、日本版FITの優遇期間が3年だったことを踏まえれば、すでにFITが始動して6年以上経っていますから、日本版FITは他国と比べてある意味、丁寧な運用だったと言えるのではないでしょうか。というのも、昨年から自家消費という新たな市場が形成され、今年から来年にかけてFIT市場と自家消費市場が併存します。つまり、日本の太陽光発電産業が独り立ちできる環境が国の制度運用によって担保されているのです。太陽光発電産業の独り立ちという点では、ドイツが先行しています。ドイツではすでにFITが形骸化し、オークションシステムや自家消費に移行していますから。
 そこで今回は、ドイツの再エネ事情に詳しい北村さんにお話しいただきながら、日本の再エネビジネスの展望を考察できればと思います。

北村氏●確かに、日本の再エネ市場はフェーズが変わってきました。太陽光発電が大きな柱であることは変わりませんが、単純に太陽光発電所を建設して売るという事業モデルは徐々に成立しなくなるでしょう。むろん、蓄電池などの新商材を販売していくという選択肢もあるでしょうが、それを手掛けるにしても、日本の太陽光関連企業は視野を広げる必要があるように思います。
 なぜなら、いまや再エネ発電所はひとつのツールであり、そのツールをうまく利用する社会の構築が求められているからです。この時代の要請に応えていくところにビジネスがあるので、電力システム全体における再エネの利活用というテーマのもと、企業はどの位置でどの業務に携わっていくべきかを考え、事業を設計していかなければならないのです。広い視野がなければ、これからは太刀打ちできないでしょう。

土肥氏●はい。ただ日本の太陽光関連企業は、FITのインパクトが強く、この6年以上にわたってFITの活用を前提に事業モデルを築いてきた経緯があります。北村さんのおっしゃられることは、事業モデルの大きな転換を意味しますから、戸惑うところもあるでしょうね。
 ところで、太陽光関連企業は、蓄電池を次の新商材として期待する傾向が強いのですが、これについてはどのように思われますか。

北村氏●蓄電池に関しては、日本とドイツで捉え方が大きく異なります。ドイツでは、グリッドパリティの先に〝蓄電池パリティ〞のようなものがあると考え、それを超えるほど蓄電池のコストが下がってから初めて蓄電池を利用しようと考えます。日本のように補助金などを活用して、あるいは高額でも様々な営業手法で蓄電池を売ろうとはしません。事実、VPP(仮想発電所)についても、日本は蓄電池ありきで捉えていますが、ドイツでは蓄電池を活用しない形でVPPが普及しています。

土肥氏●ドイツで普及しているVPPには非常に興味があります。詳しく説明していただけますか。

北村氏●ドイツでは、再エネを多く使うことが経済合理的であるという合意のもと、再エネを使うための柔軟な系統運用に価値を見出し、VPPの市場が形成されました。これは成長分野なのでベンチャー企業が多数参入し、いまでは競争が激化しています。
 VPPに参入した企業のビジネスは、調達先の発電所を保有する発電事業者に対して、電力を最も高くマーケットで売れるように制御すること。さらに、調整力そのものにも価値があるので、送配電業者に調整力を提供することです。VPPビジネスで収益性を高めるためには、調達可能な電源をより多く確保する必要があり、ドイツのVPPベンチャー各社はいま、3~5GW規模の発電所を管理しています。
 発電所で人気があるのはバイオガスプラントです。発電の際に燃料のガスを使い、発電しない時はガスをためておけるので、これは調整可能な再エネ電源になります。これに対し、天候に発電が左右される太陽光発電はまだ少ないのですね。ただようやくドイツでは、蓄電池が使えるのではないかという状況が生まれています。蓄電池を活用すると、太陽光発電や風力発電などの不安定な再エネ電源をより多く活用できるようになるので、VPP市場はまた変化するでしょう。

土肥氏●なるほど。蓄電池がなければVPPは成立しないという発想で、いまだに実証試験の段階にある日本に対し、ドイツでは蓄電池を使わずにVPP市場をつくってしまった。これは大きな違いですね。
 ところで、北村さんは、今年4月1日に『地域活性エネルギーリンク協議会』を発足され、代表理事に就任されたと聞きました。具体的にどのような組織なのでしょうか。

北村氏●地域の活性化を目指し、再エネをツールに、新電力や発電事業者、地方自治体、民間企業などの連携を推進する組織です。具体的には、地域における新電力の立ち上げや事業運営、発電事業などの支援から、地域活性化につながる情報発信やまちづくりなどもサポートしていきます。

土肥氏●非常に意義深い活動ですね。今後の活躍に期待しています



ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション株式会社
〒100-6512東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビル12階
TEL:03-6757-9065
FAX:03-6757-9066
http://www.e-solar.co.jp

no image

2019.12.01

PVeye

三菱電機、太陽光パネルとPCSの生産から撤退

 三菱電機が太陽光発電設備の製造から撤退する。今後は京セラの太陽光発電設備を販売する。FITの終焉に伴い、太陽光関連事業を再編する方向だ。(本誌・楓崇志)

 三菱電機は1続きを読む

2019.12.01

PVeyePR

ESI土肥社長が語る太陽光ビジネスの展望

 低圧太陽光発電所の全量売電が来年度から終了される方向が示され、販売・施工会社の経営環境は厳しさを増す。そんななか、ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長が太陽光ビジネスの展望を語った。<続きを読む

no image

2019.11.26

PVeye

ASPEn、美作市でパネル税に関するシンポジウム開催へ

 太陽光発電事業者連盟(ASPEn)は、11月27日に岡山県美作市で、同市議会が導入を検討中の〝太陽光パネル税〟に関してシンポジウムを開催する。弁護士による太陽光パネル税における問題点の解説などを予定続きを読む

no image

2019.09.27

PVeye

O&M協、10月にO&M事業化のセミナー開催へ

 新エネルギーO&M協議会は10月24日から2日間、関西で太陽光発電のO&M(管理・保守)に関するセミナーを開催する。O&Mの事業化をテーマに、太陽光発電設備の販売・施工会社に講義や研修を行う。続きを読む

2019.06.30

PVeyePR

[特別対談 第31回]自家消費新時代のPCS 田淵電機 坂本幸隆執行役員×ESI 土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長による特別対談。今回のお相手は、ダイヤモンド電機の傘下に入って再起を図るPCSメーカー、田淵電機の坂本幸隆執行役員である。自家消費新時代のPCSにつ続きを読む

2019.05.30

PVeyePR

自家消費時代のESI流提案術 法人営業は〝二段構え〟 住宅用ニーズは4つに分類

 太陽光商材の卸販売から、メガソーラーの開発まで手掛けるヨーロッパ・ソーラー・イノベーション。土肥宏吉社長が、自家消費時代の法人営業法と住宅用太陽光発電設備のソリューションを打ち出した。
続きを読む

2019.04.01

PVeyePR

ESI、住宅用太陽光発電設備を堂々商品化

 太陽光関連商材を販売するESI(ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション)が、このほど住宅用太陽光発電設備を独自に商品化した。その狙いとは。

 ESIの強みは、まず製品の供続きを読む

2019.03.01

PVeyePR

[特別対談 第29回]進歩するパネル診断  ヤマシタ電気 山下幸司社長×ESI 土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長による特別対談。今回は、ドローンで太陽光パネルをEL検査するヤマシタ電気の山下社長に、その斬新な手法について話を聞いた。

続きを読む

2019.02.06

PVeye

O&Mと資産運用のセミナーが5月末に開幕

 O&M(管理・保守)と資産運用の専門セミナー、ソーラーアセットマネジメントアジアが5月30日から2日間、東京都で開幕する。国内外のO&M業者やアセットマネージャーら300名が参加予定だ。
続きを読む

2019.01.29

PVeye

日本ベネックス、埼玉県川越市の屋根借り発電所稼働 出力2MW、明電舎製PCS採用

 太陽光発電のEPC(設計・調達・建設)を手掛ける日本ベネックス(長崎県諫早市、小林洋平社長)は1月29日、埼玉県川越市にて、屋根借り方式の太陽光発電所を稼働させたと発表した。これにより、同社が保有す続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2019年12月号

徹底攻略! 法人向けエネルギー提案

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート