太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

ESI土肥社長が語る太陽光ビジネスの展望

2019.12.01

PVeyePR

 低圧太陽光発電所の全量売電が来年度から終了される方向が示され、販売・施工会社の経営環境は厳しさを増す。そんななか、ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長が太陽光ビジネスの展望を語った。

 今回のルール改正は、多くの販売・施工会社の皆様にとって、想定外のことだったのではないでしょうか。FITの抜本見直しが迫るなか、FITによる全量売電の低圧太陽光発電開発がいつか続けられなくなるという覚悟はされていたようですが、ルールが変わるにしても、2021年度からと踏んでいた方が多いように思います。
 しかし、いまの議論の流れでは、低圧太陽光発電は来年度の新規認定分から余剰売電に限定される方向です。これについては、来年度も全量売電が継続されることを見越して土地の確保に動かれていた販売・施工会社さんがいらっしゃるようなので、せめて改定の時期を検討してほしいというのが率直な私の意見です。
 とはいえ、FITに頼った低圧全量売電ビジネスを脱し、新規事業を早期に確立する必要もあります。差し当たっては、法人向けの自家消費提案と住宅用分野への展開でしょう。実際、先行するドイツ市場も、FITバブル期を経て、住宅用などを中心に自家消費市場が立ち上がり、いまは再び成長しています。17年に1.76GWだったドイツの単年度導入量は18年に2.96GWへ拡大し、19年はさらに上昇するようです。22年には4GWまで増えるという予測もあるので、安定成長期に入ったのでしょう。

自家消費提案は簡潔に

 では、法人の顧客に自家消費用の太陽光発電設備を販売するとして、皆様はどのように提案していらっしゃいますか。よく自家消費提案は難しいという声を耳にしますが、確かに低圧太陽光発電所販売のようにはいきません。それでも箸にも棒にもかからないということではないはずです。もしそのような方々がいらっしゃるのであれば、お客様とのファーストコンタクトの際に次の2点に気を配ってみてはどうでしょうか。まず自家消費のメリットを示すこと。次に複数の選択肢を提示するなどして、自家消費に対して興味を持っていただくことです。
 お勧めは簡潔なシミュレーションを用いた提案です。シミュレーションといっても、グーグルマップで客先の屋根を確認し、太陽光パネルの設置可能量や建設費、発電電力量を試算して自家消費率を設定する簡潔なものです。電力量に対して100%自家消費した場合と75%の場合、50%の場合といった具合に仮に設定し、各々の場合における電気代の削減額を試算するのです。
 もちろんお客様の電力使用量を把握しなければ、正確なメリットを提案できませんが、まずはお客様の関心を自家消費に惹きつけてその後1年分の電力データをいただき、正確なシミュレーションをお出しするのです。
 ともあれ、先述のとおり、いまでこそドイツ市場は安定成長していますが、かつては安定とはほど遠かったのです。FITの政策変更に企業は翻弄され、多くの企業が撤退を余儀なくされました。パネルやパワーコンディショナ、架台、蓄電池など、設備メーカーで残った企業はごくわずかです。背景にあるのは、競争力のある中国企業の参入ですが、ドイツ市場で淘汰されずに生き残った企業もあります。世界へ展開する大手企業と、地域でエンドユーザーに寄り添い続けた中小企業です。日本でいえば、地域の販売・施工会社に当たります。
 ですから、法人向けの自家消費提案や住宅用に活路を見出して、この厳しい状況を乗り越えてほしいと思います。その先には必ず商機が訪れるはずです。

ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション株式会社
〒100-6512東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビル12階
TEL:03-6757-9065
FAX:03-6757-9066
http://www.e-solar.co.jp

no image

2019.12.01

PVeye

三菱電機、太陽光パネルとPCSの生産から撤退

 三菱電機が太陽光発電設備の製造から撤退する。今後は京セラの太陽光発電設備を販売する。FITの終焉に伴い、太陽光関連事業を再編する方向だ。(本誌・楓崇志)

 三菱電機は1続きを読む

no image

2019.11.26

PVeye

ASPEn、美作市でパネル税に関するシンポジウム開催へ

 太陽光発電事業者連盟(ASPEn)は、11月27日に岡山県美作市で、同市議会が導入を検討中の〝太陽光パネル税〟に関してシンポジウムを開催する。弁護士による太陽光パネル税における問題点の解説などを予定続きを読む

no image

2019.09.27

PVeye

O&M協、10月にO&M事業化のセミナー開催へ

 新エネルギーO&M協議会は10月24日から2日間、関西で太陽光発電のO&M(管理・保守)に関するセミナーを開催する。O&Mの事業化をテーマに、太陽光発電設備の販売・施工会社に講義や研修を行う。続きを読む

2019.06.30

PVeyePR

[特別対談 第31回]自家消費新時代のPCS 田淵電機 坂本幸隆執行役員×ESI 土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長による特別対談。今回のお相手は、ダイヤモンド電機の傘下に入って再起を図るPCSメーカー、田淵電機の坂本幸隆執行役員である。自家消費新時代のPCSにつ続きを読む

2019.05.30

PVeyePR

自家消費時代のESI流提案術 法人営業は〝二段構え〟 住宅用ニーズは4つに分類

 太陽光商材の卸販売から、メガソーラーの開発まで手掛けるヨーロッパ・ソーラー・イノベーション。土肥宏吉社長が、自家消費時代の法人営業法と住宅用太陽光発電設備のソリューションを打ち出した。
続きを読む

2019.04.30

PVeyePR

[特別対談 第30回]再エネビジネスの未来 日本再生可能エネルギー総合研究所 北村和也代表×ESI 土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長による特別対談。今回は、再エネ分野のコンサルティングを手掛ける日本再生可能エネルギー総合研究所の北村和也代表を迎えて、再エネビジネスの未来を考える。続きを読む

2019.04.01

PVeyePR

ESI、住宅用太陽光発電設備を堂々商品化

 太陽光関連商材を販売するESI(ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション)が、このほど住宅用太陽光発電設備を独自に商品化した。その狙いとは。

 ESIの強みは、まず製品の供続きを読む

2019.03.01

PVeyePR

[特別対談 第29回]進歩するパネル診断  ヤマシタ電気 山下幸司社長×ESI 土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長による特別対談。今回は、ドローンで太陽光パネルをEL検査するヤマシタ電気の山下社長に、その斬新な手法について話を聞いた。

続きを読む

2019.02.06

PVeye

O&Mと資産運用のセミナーが5月末に開幕

 O&M(管理・保守)と資産運用の専門セミナー、ソーラーアセットマネジメントアジアが5月30日から2日間、東京都で開幕する。国内外のO&M業者やアセットマネージャーら300名が参加予定だ。
続きを読む

2019.01.29

PVeye

日本ベネックス、埼玉県川越市の屋根借り発電所稼働 出力2MW、明電舎製PCS採用

 太陽光発電のEPC(設計・調達・建設)を手掛ける日本ベネックス(長崎県諫早市、小林洋平社長)は1月29日、埼玉県川越市にて、屋根借り方式の太陽光発電所を稼働させたと発表した。これにより、同社が保有す続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2020年1月号

激動する再生可能エネルギー市場 大予測2020

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート