太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

ESI土肥社長が語る太陽光ビジネスの展望

2019.12.01

PVeyePR

 低圧太陽光発電所の全量売電が来年度から終了される方向が示され、販売・施工会社の経営環境は厳しさを増す。そんななか、ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長が太陽光ビジネスの展望を語った。

 今回のルール改正は、多くの販売・施工会社の皆様にとって、想定外のことだったのではないでしょうか。FITの抜本見直しが迫るなか、FITによる全量売電の低圧太陽光発電開発がいつか続けられなくなるという覚悟はされていたようですが、ルールが変わるにしても、2021年度からと踏んでいた方が多いように思います。
 しかし、いまの議論の流れでは、低圧太陽光発電は来年度の新規認定分から余剰売電に限定される方向です。これについては、来年度も全量売電が継続されることを見越して土地の確保に動かれていた販売・施工会社さんがいらっしゃるようなので、せめて改定の時期を検討してほしいというのが率直な私の意見です。
 とはいえ、FITに頼った低圧全量売電ビジネスを脱し、新規事業を早期に確立する必要もあります。差し当たっては、法人向けの自家消費提案と住宅用分野への展開でしょう。実際、先行するドイツ市場も、FITバブル期を経て、住宅用などを中心に自家消費市場が立ち上がり、いまは再び成長しています。17年に1.76GWだったドイツの単年度導入量は18年に2.96GWへ拡大し、19年はさらに上昇するようです。22年には4GWまで増えるという予測もあるので、安定成長期に入ったのでしょう。

自家消費提案は簡潔に

 では、法人の顧客に自家消費用の太陽光発電設備を販売するとして、皆様はどのように提案していらっしゃいますか。よく自家消費提案は難しいという声を耳にしますが、確かに低圧太陽光発電所販売のようにはいきません。それでも箸にも棒にもかからないということではないはずです。もしそのような方々がいらっしゃるのであれば、お客様とのファーストコンタクトの際に次の2点に気を配ってみてはどうでしょうか。まず自家消費のメリットを示すこと。次に複数の選択肢を提示するなどして、自家消費に対して興味を持っていただくことです。
 お勧めは簡潔なシミュレーションを用いた提案です。シミュレーションといっても、グーグルマップで客先の屋根を確認し、太陽光パネルの設置可能量や建設費、発電電力量を試算して自家消費率を設定する簡潔なものです。電力量に対して100%自家消費した場合と75%の場合、50%の場合といった具合に仮に設定し、各々の場合における電気代の削減額を試算するのです。
 もちろんお客様の電力使用量を把握しなければ、正確なメリットを提案できませんが、まずはお客様の関心を自家消費に惹きつけてその後1年分の電力データをいただき、正確なシミュレーションをお出しするのです。
 ともあれ、先述のとおり、いまでこそドイツ市場は安定成長していますが、かつては安定とはほど遠かったのです。FITの政策変更に企業は翻弄され、多くの企業が撤退を余儀なくされました。パネルやパワーコンディショナ、架台、蓄電池など、設備メーカーで残った企業はごくわずかです。背景にあるのは、競争力のある中国企業の参入ですが、ドイツ市場で淘汰されずに生き残った企業もあります。世界へ展開する大手企業と、地域でエンドユーザーに寄り添い続けた中小企業です。日本でいえば、地域の販売・施工会社に当たります。
 ですから、法人向けの自家消費提案や住宅用に活路を見出して、この厳しい状況を乗り越えてほしいと思います。その先には必ず商機が訪れるはずです。

ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション株式会社
〒100-6512東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビル12階
TEL:03-6757-9065
FAX:03-6757-9066
http://www.e-solar.co.jp

2020.12.01

PVeye

ESI土肥社長が語るPPAモデルの可能性

 様々な再エネ商材を扱うヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長が、ドイツの事情に照らし合わせて、PPAモデルの可能性について語った。
 
 16年の電力小売りの全面続きを読む

2020.11.01

PVeyePR

ESI土肥社長が語る 住宅用再エネ市場の未来

太陽光発電設備や蓄電設備など様々な再エネ商材を扱うヨーロッパ・ソーラー・イノベーション。同社の土肥社長が住宅用再エネ市場の展望について語った。

 一時期停滞気味であった住続きを読む

2020.10.01

PVeyePR

ESI土肥社長が語る太陽光関連機器の技術革新

 太陽光パネルやPCSが進化を遂げている。太陽光関連機器に詳しい太陽光商社、ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長はどう見るのか。

 太陽光パネルやPCS(パ続きを読む

2020.09.01

PVeyePR

ESI土肥社長が語る転換期の太陽光ビジネス

 FIT改正やコロナ禍で、転換期を迎えた太陽光発電ビジネス。企業はどう受け止め、事業を進めていくべきか。ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長が語った。

 F続きを読む

2020.08.01

PVeyePR

ESI土肥社長が示したコロナ禍の太陽光ビジネス

 いままたコロナ感染者が増え続け、早くも第二波の不安が高まるなか、太陽光関連企業はどのように事業と向き合えばよいのか。ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長が見解を示した。
続きを読む

no image

2020.07.01

PVeye

米テスラが蓄電池出荷開始 価格競争過熱の可能性

 米テスラが日本で住宅用蓄電設備の出荷を始めた。蓄電設備の価格競争が過熱するかもしれない。(本誌・岡田浩一)

 「すでに蓄電池の第一号設置を終えた」。2020年6月、テス続きを読む

no image

2020.07.01

PVeye

中インリーが法的整理 国有企業傘下で再建か

 長く経営難に陥っていた太陽光パネル製造の中・インリーが法的整理に入った。債務を整理し、再建を目指すという。中国国有企業の参加で再始動する話も浮上している。(本誌・川副暁優)
 インリー続きを読む

2020.07.01

PVeyePR

[特別対談第34回]太陽光と新電力の可能性 みらい電力中西芳比朗社長×ESI土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長による特別対談。お相手は名古屋市内に本拠を構える新電力会社、みらい電力の中西社長だ。太陽光と新電力の新和性について意見を交わした。
続きを読む

2020.06.01

PVeyePR

ESI土肥社長が予測コロナ後の太陽光市場

 コロナ禍収束の兆しが見えてきたが、太陽光関連市場は平時に戻るのだろうか。ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長が今後の動向を予測した。

 太陽光発電業界にお続きを読む

no image

2020.05.01

PVeye

ウエストHD、企業向け再エネ供給で大阪ガスと提携

 発電所建設の国内大手、ウエストホールディングスはこのほど大阪ガスと提携した。企業向け再エネ需要の拡大を見据え、再エネ電力を企業に供給する。(本誌・川副暁優)

 今回の業続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2020年12月号

深まる連系 高まる価値 新電力×再エネの新方程式

詳細