太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

ESI土肥社長が語る自家消費提案のいろは

2020.02.01

PVeyePR

 法人向け自家消費のコンサルティングを手掛けるヨーロッパ・ソーラー・イノベーション。土肥社長が自家消費の提案方法を語った。

 今年から太陽光発電市場は大きく変化していきます。とりわけ低圧太陽光発電の新規認定が余剰売電に一本化されるFIT改定のインパクトは大きいと思います。ということは、ついに再生可能エネルギー企業が法人向け自家消費に本腰を入れる時が来たとも言えるのではないでしょうか。
 このように話しますと、FITを活用した既存の事業では利益を生み出しにくくなったから、もう自家消費しかないという半ば悲観的な印象を与えかねませんが、決してそうではありません。言うなればチャンス到来です。前向きに捉えるべきことのように思います。
 というのも、太陽光発電設備の設置コストが大幅に下がり、いまや再エネ企業はお客様の電気代削減に貢献することができます。しかもCO2排出削減やESG(環境・社会・企業統治)投資などの観点から、多くの企業が再エネを求めています。つまり、再エネ企業の弛まぬ努力が実を結び、ついに再エネは社会から求められるほど価値の高いものへ姿を変えたのです。
 ですから、FITの改定に際し、事業の継続に不安を抱える再エネ企業の方々も、法人向け自家消費の提案に力を注いでみてはいかがでしょうか。自家消費提案は簡単ではありませんが、必ず糸口が見つかるはずです。仮にも最初の段階で顧客の関心を呼び込めない方は、今回紹介する方法を試してみてください。

顧客の心を掴むファーストコンタクト

 お客様とのファーストコンタクトで心掛けるべきことは次の2つです。第一に、自家消費のメリットを提示すること。第二に、自家消費に対して興味を持っていただくことです。例えば簡潔なシミュレーションを用いて提案すると効果的です。
 まずグーグルマップで客先の屋根の状況を確認します。そして太陽光パネルの設置可能量と建設費を導き出し、さらに発電電力量を試算します。そのうえで自家消費率を設定するのです。
 自家消費率に関しては、お客様の電力消費量を把握していないので、当然ながら正確な値を示すことは不可能です。ですから、発電電力量に対して100%自家消費した場合、75%の場合、50%の場合といった具合に、仮に設定するのです。そして建設費と発電電力量を用いて、各々の場合における電気代の削減額を試算するのです。
 ここで重要なことは、お客様に正確なシミュレーションをお示しすることではなく、先述のとおり、自家消費のメリットをお客様に示すこと。さらには、お客様の関心を惹きつけることです。この最初の段階でお客様に興味を持っていただけると、その後1年分の電力データをいただくなどの交渉が進めやすくなります。
 留意点は蓄電設備の提案です。最初から蓄電設備も含めて提案すると、初期投資が嵩むうえ、シミュレーションが複雑になってしまいます。商談の過程で自家消費率を高めたいというお客様に対して、蓄電設備を提案されるとよいでしょう。
 一方で、自家消費用の太陽光発電設備を提案する時は、非常用電源としての機能もよく説明しておくべきでしょう。これだけ自然災害が頻発すると、もはや災害は想定外のことではありません。企業にとっても防災対策は急務の課題ですから。その際、非常時の電力供給力に関しては、分散型電源の太陽光発電設備や蓄電設備に優るものはありませんから、きっとお客様の心に響くように思います。

ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション株式会社
〒100-6512東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビル12階
TEL:03-6757-9065
FAX:03-6757-9066
http://www.e-solar.co.jp

2020.10.01

PVeyePR

ESI土肥社長が語る太陽光関連機器の技術革新

 太陽光パネルやPCSが進化を遂げている。太陽光関連機器に詳しい太陽光商社、ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長はどう見るのか。

 太陽光パネルやPCS(パ続きを読む

2020.09.01

PVeyePR

ESI土肥社長が語る転換期の太陽光ビジネス

 FIT改正やコロナ禍で、転換期を迎えた太陽光発電ビジネス。企業はどう受け止め、事業を進めていくべきか。ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長が語った。

 F続きを読む

2020.08.01

PVeyePR

ESI土肥社長が示したコロナ禍の太陽光ビジネス

 いままたコロナ感染者が増え続け、早くも第二波の不安が高まるなか、太陽光関連企業はどのように事業と向き合えばよいのか。ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長が見解を示した。
続きを読む

no image

2020.07.01

PVeye

米テスラが蓄電池出荷開始 価格競争過熱の可能性

 米テスラが日本で住宅用蓄電設備の出荷を始めた。蓄電設備の価格競争が過熱するかもしれない。(本誌・岡田浩一)

 「すでに蓄電池の第一号設置を終えた」。2020年6月、テス続きを読む

no image

2020.07.01

PVeye

中インリーが法的整理 国有企業傘下で再建か

 長く経営難に陥っていた太陽光パネル製造の中・インリーが法的整理に入った。債務を整理し、再建を目指すという。中国国有企業の参加で再始動する話も浮上している。(本誌・川副暁優)
 インリー続きを読む

2020.07.01

PVeyePR

[特別対談第34回]太陽光と新電力の可能性 みらい電力中西芳比朗社長×ESI土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長による特別対談。お相手は名古屋市内に本拠を構える新電力会社、みらい電力の中西社長だ。太陽光と新電力の新和性について意見を交わした。
続きを読む

2020.06.01

PVeyePR

ESI土肥社長が予測コロナ後の太陽光市場

 コロナ禍収束の兆しが見えてきたが、太陽光関連市場は平時に戻るのだろうか。ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長が今後の動向を予測した。

 太陽光発電業界にお続きを読む

no image

2020.05.01

PVeye

ウエストHD、企業向け再エネ供給で大阪ガスと提携

 発電所建設の国内大手、ウエストホールディングスはこのほど大阪ガスと提携した。企業向け再エネ需要の拡大を見据え、再エネ電力を企業に供給する。(本誌・川副暁優)

 今回の業続きを読む

2020.04.01

PVeyePR

ESI土肥社長が示した新型コロナの影響とリスク

 新型コロナウイルスの感染拡大による太陽光業界への影響について、ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長が見解を述べた。

 新型コロナウイルスによる感染拡大が世続きを読む

2020.03.01

PVeyePR

[特別対談第33回]セカンダリー市場の可能性 再エネ鑑定センター小野賢次社長×ESI土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長による特別対談。お相手は、太陽光発電所を鑑定する再エネ鑑定センターの小野賢次社長だ。太陽光発電所のセカンダリー市場が創出されつつあるなか、その可能性につ続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2020年10月号

進化は続く!太陽光関連機器最新トレンド

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート