ESI土肥社長が示した新型コロナの影響とリスク

2020.04.01

PVeyePR

 新型コロナウイルスの感染拡大による太陽光業界への影響について、ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長が見解を述べた。

 新型コロナウイルスによる感染拡大が世界的に広がるなか、私たちはいま極めて深刻な事態に直面しています。企業への打撃も甚大で、とりわけ旅行会社や飲食店、イベント会社、ホテルなどは非常に厳しい状況に追い込まれています。では太陽光業界にはどれほどの影響が出るのか、今後想定されるリスクも含めて考察してみたいと思います。
 まず、すでに表面化しているのは、設備や部材の納期遅れです。太陽光パネルやPCS(パワーコンディショナ)、架台などの多くは、中国で生産されているので、中国の生産や物流に問題が生じれば、その影響は日本のみならず世界へ波及します。
 今回は、新型コロナウイルスの感染防止を目的に、中国政府が国民に外出を禁じ、企業に社員の在宅ワークを要請したため、工場の操業に影響が生じた太陽光関連メーカーもあったと聞いております。もっとも、地元の人を雇用していた地域密着型の工場は、外出禁止令が解かれ次第、生産を再開しました。ただ、出稼ぎ労働者を多く抱えていた工場では、春節休暇で田舎に帰省していた工員が生産現場に戻れない状況が続き、なかなか通常の生産体制まで回復できなかったようです。
 太陽光関連の部材では、とくに架台の調達に支障が出ました。太陽光発電所の運転開始期限が迫るなか、中国に製造委託していた日本の架台メーカーや、EPC(設計・調達・建設)会社の方々は頭を悩ませています。もともと架台の原料であるアルミが不足しており、そこに新型コロナウイルスによる生産停止が重なったので、出荷が大幅に遅れたように聞いています。
 これに対し、太陽光パネルやPCSの影響は、比較的軽微なようです。中国から部品を仕入れていた日本のメーカーが調達に支障が出て、生産に影響したようですが、その他は、徐々に復旧しているようです。製品の調達難は少しずつ解消されるように思います。
 一方で、今後起こり得るリスクとして危惧しているのは大きく2つです。まず、感染者が出ること。どこかの現場で、どなたかが新型コロナウイルスに感染してしまうと、その現場はすぐ止まります。プロジェクトのキーパーソンが感染しようものなら、なかなか再開できなくなるケースも起こり得ます。
 もうひとつは、企業が全般的に投資活動を控える動きです。余剰資金が豊富にあって利益が出ている企業であっても、いまの状況は新型コロナウイルスの影響がどこまで拡大するのか予測が立てられないので、先行き不安に思うはずです。つまり企業は一旦投資を控えようとしますから、今後有望とされる法人向け自家消費用太陽光発電設備の導入が冷え込みかねないのです。事実、私の知る範囲でも自家消費用の商談が急遽ペンディングになった例が数件出ています。
 このような時期は、企業の危機管理を点検し直すというのも一つではないでしょうか。危機対策は有事の際に初めて気がつくものです。今回の場合は、オフィスに社員が出勤できない状況になっても、受注管理や経理業務などを滞りなく行える体制の構築ということになるでしょう。

ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション株式会社
〒100-6512東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビル12階
TEL:03-6757-9065
FAX:03-6757-9066
http://www.e-solar.co.jp

2021.10.26

PVeye

村田製作所、工場に太陽光+大型蓄電池導入

 電子部品大手の村田製作所(中島規巨社長)は2021年10月14日、生産子会社の金津村田製作所に太陽光発電設備と大型蓄電設備を導入すると発表した。独自のエネルギー管理システムで運用し、11月1日より金続きを読む

2021.10.15

PVeye

レノバ、岩手で大規模太陽光発電所稼働 出力40MW

 レノバは2021年10月1日、出資先の合同会社軽米尊坊ソーラーで開発した岩手県九戸郡軽米町内の太陽光発電所を稼働させた。出力は40.8MW。発電した電力はFITを活用して東北電力へ全量売電する。続きを読む

2021.03.01

PVeye

ソニー、自己託送で全量自家消費

 ソニーが自社敷地外の太陽光発電設備から全量自家消費する自己託送を始める。太陽光発電所建設のFDと提携し、デジタルグリッドの電力取引プラットフォームを活用する。オフサイト自己託送で採算性を確保し、電力続きを読む

2021.03.01

PVeye

東ガス、PPA方式で東京建物の自己託送を支援

 東ガスは、再エネ電力の自己託送を支援する独自のサービスを開始する。第一弾は東京建物の物流施設に設置する太陽光発電設備で行う。(本誌・岡田浩一)

 東京ガス(内田高史社長続きを読む

2021.03.01

PVeye

パナソニック、太陽光パネル生産から撤退

 パナソニックが太陽光パネル生産から撤退する。旧三洋電機の超高効率セル『HIT』の技術を受け継ぎ、一時は「世界最高」の称号を武器に住宅用市場で販売シェアを伸ばしたが、その歴史に幕を閉じる。(本誌・岡田続きを読む

2021.03.01

PVeyePR

北の雄 アークが自家消費太陽光提案に本腰 電力代削減に寄与

 北海道の有力再生可能エネルギー会社、アーク(札幌市豊平区、渡邊賢二社長)が、自家消費用太陽光発電の提案に本腰を入れた。電気代の削減に貢献する。

 年間100件以上にのぼ続きを読む

2021.02.01

PVeyePR

ESI土肥社長が語る 太陽光ビジネスのあり方2021

脱炭素化の実現に取り組む姿勢を政府が鮮明にした。2021年太陽光発電業界はどうあるべきか。太陽光商社、ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長が語った。

 コロナ禍続きを読む

2021.01.04

PVeye

太陽電池の特許侵害騒動 韓ハンファ、競合3社と対立

 太陽光パネル大手の韓ハンファQセルズが、自社の特許侵害を巡り、ジンコソーラーら競合3社と世界各地で法廷闘争を繰り広げている。日本市場における3社の販売に影響が及ぶ可能性もないではない。(本誌・平沢元続きを読む

2021.01.04

PVeyePR

20年度3万台濃厚! 田淵電機の蓄電設備がヒットした理由

 ダイヤモンドエレクトリックHD傘下の田淵電機がハイブリッド型蓄電設備の販売を急速に伸ばしている。なぜヒットしたのか。

 田淵電機が2020年1月に発売したハイブリッド型続きを読む

2021.01.04

PVeyePR

ESI土肥社長が占う2021の太陽光市場「自家消費で地域に愛される電源へ」

 太陽光関連商材を多く扱うヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長が、2021年の太陽光発電市場の動向を予測した。

 再生可能エネルギーの需要は引き続き伸びるでしょ続きを読む