ESI土肥社長が語る 太陽光ビジネスのあり方2021

2021.02.01

PVeyePR

脱炭素化の実現に取り組む姿勢を政府が鮮明にした。2021年太陽光発電業界はどうあるべきか。太陽光商社、ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長が語った。

 コロナ禍の影響を考慮し、前回は2021年の太陽光発電市場の動向予測について、少し悲観的な意見をいくつか述べました。
 まず住宅用太陽光発電は、自然災害が頻発するなか非常用電源として太陽光発電設備や蓄電設備のニーズは高まるものの、個人消費が回復するまで時間がかかるだろうということです。太陽光発電所投資は、コロナ禍の影響に加え、そもそも低圧太陽光発電の全量売電がFITの適用から外されたうえ、入札制の対象外である50〜250kWの高圧案件も系統連系できる用地が減少しています。入札制はルールが改定されますが、それでも一部の有力企業のみ参入できる事業に変わりはないということでした。
 こうした厳しい予想をしたのは、コロナ禍もさることながら、政府の制度に頼ったいわば受動的なビジネスから脱却しなければならないのではないかということです。こう言いますと、対極にある自家消費提案や〝非FIT〞事業モデルの構築という話になるのですが、私が伝えたいのは、それらも含めてごく自然にビジネスを展開できる環境を築くことが重要であろうということです。そこが整わないと、中長期的にマーケットが拡大しないからです。
 つまり、分散型電源という特性上、太陽光発電は地域の資源になり得、地域経済の発展に資する形で導入され得るはずです。それによって国民的な理解が得られ、事業環境が整い、自家消費提案や非FIT事業もごく自然に受け入れられるようになるのではないでしょうか。
 ようやくここに来て政府や自治体が脱炭素化に大きく舵を切っています。これは非常に大きなことで、再生可能エネルギーや太陽光発電の国民的理解を得られるまたとない機会なのです。それは20年12月に政府が閣議決定した追加経済対策から見て取れます。「新型コロナ感染拡大防止」、「経済構造の転換」、「国土強靭化」の3本柱としていますが、総額73.6兆円に及ぶ事業規模のうち、脱炭素化や再エネ推進を軸とした経済構造の転換に51.7兆円も充てるというのです。
 しかしこれを受けて、政府の補助金を頼りにしようという発想に終始していては好機を逃しかねません。あくまでも国民的な理解を得られるように、どのような事業を実施していくか、熟考するべきでしょう。
 たとえば、住宅用では高額な蓄電設備を無理に売ろうとするのではなく、顧客の要望や期待に応えるという提案を心掛けたり、企業への自家消費提案も、顧客の利益を念頭に最適な設備を提供したりということも大事ですが、それらは当然のことであって、考えなければならないのは、地域経済の発展に資する再エネの事業モデルを練り上げ、実践していくことではないでしょうか。
 従来のように、太陽光発電の投資商品的な側面ばかりに目が向けられてきた状況では難しかったのですが、すでに太陽光発電はエネルギー設備として充分機能します。だからこそ、地域経済の発展と結びつけていけるのであって、それを実践するのが太陽光企業のあるべきビジネスではないでしょうか。21年は正念場です。

ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション株式会社
〒107-0052 東京都赤坂二丁目20番5号 デニス赤坂ビル5階
TEL:03-5544-9098
FAX:03-5544-9099
http://www.e-solar.co.jp

2022.04.08

PVeye

伊藤忠商事、米国に再エネ開発会社設立

 伊藤忠商事は2022年3月24日、米国で再生可能エネルギー発電所開発会社を設立したと発表した。再エネ発電所の開発に特化する事業会社を立ち上げ、効率的な開発と収益の拡大を狙う。主に太陽光発電所を開発し続きを読む

2022.04.07

PVeye

北海道電力、太陽光ゼロ円設置開始 新築住宅向け

 北海道電力は2022年3月1日、新築住宅の所有者が住宅用太陽光発電設備を初期の負担なく設置できるサービスを開始した。顧客とリース契約を結び、毎月定額の料金を徴収する。
 同社は、今回の続きを読む

2022.03.08

PVeye

セイコーエプソン、富士見事業所に太陽光導入 SMFLみらいとPPA

 プリンター製造のセイコーエプソン(小川恭範社長)は2022年2月15日、長野県富士見町内の事業所に太陽光発電設備を導入した。三井住友ファイナンス&リース子会社のSMFLみらいパートナーズとPPA(電続きを読む

2022.03.07

PVeye

キユーピー、FIT太陽光を実質再エネに 神戸工場にはPPA導入

 食品大手のキユーピー(長南収社長)は2022年2月20日、既設の太陽光発電設備を活用して渋谷本社と研究施設で使用する電力を実質再生可能エネルギー電力に切り替えた。神戸工場にはPPA(電力売買契約)で続きを読む

2022.03.02

PVeye

横浜環境デザイン、PPAで太陽光導入

 太陽光発電設備の販売・施工やO&M(管理・保守)を手掛ける横浜環境デザイン(横浜市、池田真樹社長)は2022年2月7日、マテックス(東京都豊島区、松本浩志社長)の横浜事業所に太陽光発電設備と蓄電設備続きを読む

2022.03.01

PVeye

エムケイジャパン、可搬型蓄電設備発売 蓄電容量2kWh

 中・イーノウの国内総代理店であるエムケイジャパン(東京都荒川区、林軍社長)は2022年2月2日、電子商取引サイトでイーノウ製の可搬型蓄電設備を発売した。従来品より価格を抑え、民生用の非常用電源として続きを読む

2022.02.28

PVeye

シン・エナジー、リコー子会社にPPAで太陽光カーポート導入

 新電力会社のシン・エナジー(兵庫県神戸市、乾正博社長)は2022年2月16日、リコー(山下良則社長)の100%子会社、リコーインダストリー(神奈川県厚木市、戸倉正社長)に太陽光パネルを搭載したカーポ続きを読む

2022.02.17

PVeye

グッドオンルーフス、アフリカに太陽光無償提供 国連開発計画と提携

 アフリカで電化事業を手掛ける一般社団法人グッドオンルーフス(東京都千代田区、草賀純男代表理事)は2022年1月21日、国連開発計画のブルキナファソ事務所(マチュー・シオヴェラ代表)と契約を結び、太陽続きを読む

2022.02.12

PVeye

西海市、日産自らと脱炭素化で協定締結

長崎県西海市は2022年1月28日、日産自動車(内田誠社長)ら9社と市内の脱炭素化に向け、連携協定を締結した。電気自動車や再生可能エネルギーを普及させ、脱炭素化を進めつつ、災害に強い町づくりを目指す。続きを読む

2022.02.10

PVeye

サッポロビール、自社工場に太陽光導入 関電と20年のPPA

 サッポロビール(東京都渋谷区、野瀬裕之社長)は2022年1月20日、群馬工場尾島事業所に太陽光発電設備を導入したと発表した。20年に亘るオンサイトPPA(電力売買契約)を関西電力と結び、発電した再生続きを読む