最適な再エネ調達法を導く

ESI設備設計支援サイト

太陽光関連設備の最適設計を導くESIの設計支援サイト。シミュレーション機能が充実し、自家消費用の設計にも利用できるようになる。活用法を解説する。

ESIの設備設計支援サイトはPCやタブレット端末、スマートフォンでいつでもどこでも利用できる

ESI(ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション)が運営する太陽光関連設備の設計支援サイトが注目を集めているのは、まず豊富なデータから最適な設備を瞬時に導き出してくれる点だ。

太陽光パネルであれば、出力数や片面発電タイプ、両面発電タイプなどを、PCS(パワーコンディショナ)であれば、出力数や単相、三相、自立運転機能の有無などを、それぞれ指定すれば、条件に合った製品が瞬時に表示される。優れているのは、サイトが推奨する他のメーカーの設備まで表示されるうえ、パネルとPCSの最適な組み合わせや、特定のPCSに対して指定した太陽光パネルの最大直列数や最大並列数まで自動算出される点である。

小さな販売会社でも顧客の要望を反映した設備の設計が可能だ。あるいは一部パネルが破損し、適切なパネルを見つけたいという要望も叶うことだろう。

一方で、サイトに登録されているデータはとにかく豊富だ。太陽光パネルは、中・トリナソーラーやJAソーラー、ジンコソーラー、ロンジソーラー、加・カナディアン・ソーラー、韓・ハンファQセルズなどの主要製品のほか、シャープやソーラーフロンティアまで国内外400種類に及ぶ。PCSは、田淵電機やオムロン、山洋電気、安川電機、パナソニック等の日本製から独・SMAや中・ファーウェイ、サングロウ、グッドウィー、台・デルタ電子などの海外製まで200種類もあるが、それだけではない。蓄電設備や遠隔監視装置、出力制御装置、トランス、キュービクル、EV(電気自動車)用充電器から自然災害補償まで網羅しているのだ。

これについて、土肥宏吉社長は、「好みの機器で住宅用太陽光発電設備を組むと、メーカーが異なるためにシステム補償がつかなくなりますが、当社であれば設備全体の自然災害補償が付与されるので安心です」という。

そして膨大な機器類には、それぞれ製品カタログやユーザーマニュアルなどが用意されており、サイト上で細かく確認できる。また、サイト上の『ドキュメント』からメーカーを選ぶと、そのメーカーが扱うすべての製品を確認できる。パネルメーカーが住宅用太陽光発電設備を販売するために他社のPCSや蓄電設備を扱うケースは少なくないが、すべて細かく確認できるのだ。

とくに好評なのは、グーグルマップ上に太陽光パネルの設置場所を4点で指定すれば、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の日照データを読み込み、発電量が自動で精度高くシミュレーションされる機能だ。経年劣化も考慮され、20年間の総発電量が表示される。シミュレーションの条件を任意に変更することも可能で、パネルの方位角や傾斜角、経年劣化率、初年度劣化率のほか、PCSの変換効率などまで細かく指定できる。

さらに、待望の自家消費用設備の設計が2022年1月下旬から使用できる。グーグルマップ上で施設の屋根にパネルを置くシミュレーションはすでに構築済みだが、加えて施設の電力使用量を試算して発電量と自家消費量からシミュレーションする機能が間もなく利用できる。

サイト利用料は1アカウント月額3万円、企業アカウント月額5万円である。これを使わない手はない。

http://www.e-solar.co.jp

ウェブサイトはこちら