進化するESIの設備設計支援サイト

シミュレーション精度向上 自家消費設計に対応

クラウド上で太陽光設備の設計を簡易に行えるESIの設計支援サイトが進化した。シミュレーションの精度が向上したうえ、自家消費用設備の設計にも活用できるようになる。

ESIの設備設計支援サイトはPCやタブレット端末、スマートフォンでいつでもどこでも利用できる

ESI(ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション)が運営する太陽光関連設備の設計支援サイトが好評だ。機能が充実しており、利用者が続々と増えている。

まず、サイト上では、太陽光パネルやPCS(パワーコンディショナ)のタイプを指定する。条件は細かく設定でき、太陽光パネルは出力数や片面発電タイプ、両面発電タイプなどを、PCSは出力数や単相、三相、自立運転機能の有無などまで、それぞれ指定できる。

そして検索すれば、条件に合った太陽光パネルやPCSが瞬時に表示されるうえ、サイトが推奨する他のメーカーの設備まで表示される。特筆すべきは、サイト上で太陽光パネルとPCSの最適な組み合わせが導き出せること。特定のPCSに対して、指定した太陽光パネルの最大直列数や最大並列数が自動で算出される。

それゆえ、設計力のない販売会社でも、顧客の要望を反映した設備の設計が可能になり、概算見積りまで直ぐに提示できる。あるいは、既設の太陽光発電所で太陽光パネルの一部が破損し、交換したいが、適切なパネルが見つからないといった悩みも解消される。何よりもデータが豊富なのだ。

太陽光パネルは、中・トリナ・ソーラーやJAソーラー、ジンコソーラー、ロンジソーラー、加・カナディアン・ソーラー、韓・ハンファQセルズなどの主要製品をはじめ、400種類に及ぶ。PCSは、田淵電機やオムロン、山洋電気、安川電機等の日本製から独・SMAや中・ファーウェイ、サングロウ、台・デルタ電子などの海外製まで200種類もある。しかも、それぞれに製品カタログが用意されており、サイト上で細かい製品の仕様まで確認できるのである。

そんなサイトの機能を、ESIはさらに拡充した。利用者がグーグルマップ上で太陽光発電所の建設予定地を指定し、太陽光パネルの設備容量や方位、傾斜角度のほか、PCSの出力などを入力すると、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の日照データを読み込み、自動で発電量が精度高くシミュレーションされる新機能を加えたのである。

さらには自家消費用設備の設計支援だ。グーグルマップで画面上に客先の施設を映し、仮想的に屋根に太陽光パネルを置いて発電量などをシミュレーションするというものである。土肥宏吉社長は、「お客様は、イメージがより鮮明になられるようです。当社のサイトを活用することで自家消費提案が通りやすくなったと、販売会社さんには喜んでいただいています」と語る。

ESIはさらに機能を充実させ、客先の電力消費動向や電力消費量を用いて発電量と自家消費量を想定し、費用対効果の高い設備を導き出す仕組みを導入する。2021年内にも完成させる予定だ。

設備設計支援サイトの利用料は、1アカウント月額3万円、企業アカウント月額5万円である。

ウェブサイトはこちら