地方見聞録【中部】

トヨタが脱炭素宣言 再エネ需要に追い風

トヨタが脱炭素化に本腰を入れた。サプライヤーにも脱炭素経営を求めており、中部では自動車業界を中心に再エネの需要が拡大しそうだ。(本誌・平沢元嗣)

2020年4~12月の中部9県におけるFITの適用を受けた太陽光発電の導入量は、10‌kW未満が139.5MW、10‌kW超が551.8MWだった。21年1~3月の導入量はまだ公表されていないが、20年度の導入量は10‌kW未満が19年度並みで、10‌kW超は19年度の値を下回った模様である。

この記事を読むにはWEB会員専用アカウントでのログインが必要です

ログイン

この特集の記事

この特集の記事データがありません

その他の小特集

一覧を見る