中インリー、持ち株会社を清算 メーカー保証は製造子会社で継続

2020.11.01

PVeye

 太陽光パネルメーカーの中・インリーグループが、持ち株会社のインリー・グリーンエナジーホールディングスを清算する。太陽光パネルの保証債務を子会社に移し、履行する構えを示している。(本誌・川副暁優)

 2020年9月24日、インリーは、複数の事業会社の株式を保有する持ち株会社のインリー・グリーンエナジーホールディングスを清算すると発表した。米国証券取引委員会に宛てた声明では、製造子会社のインリー・エナジーが抱える負債などを考慮すると、他の子会社の株式などはすべて相殺され、清算後に株主に分配するための資産はないとしている。管財人のもとで清算を進め、完了後に解散する計画である。
 インリーは6月にも、巨額の負債を抱えた製造子会社、インリー・エナジーの業務再構築申請を行い、管財人の監督のもと再編を進めると発表していた。計画では、インリー・エナジーの債務の多くを同社の株式に転換して債権者に譲渡するデッド・エクイティ・スワップ(債務の株式化)で圧縮。主要な債権者である政府系金融機関などの管理下で整理したうえで、戦略的投資家に売り渡し、再建を図る算段だ。
 その際、親会社のインリー・グリーンエナジーホールディングスが存続すると、子会社の再編にあたって手続きが煩雑になると予想したのだろう。かつてインリー・グリーンエナジーホールディングスはニューヨーク証券取引所に上場しており、いまなお多くの株主が存在しているはずだ。 製造子会社インリー・エナジーの再編は、計画通りに進めているようで、11月中旬にも内容が固まるようだ。
 そして、インリーグループがこれまでに販売した太陽光パネルのメーカー保証は、インリー・グリーンエナジーホールディングスからインリー・エナジーが引き継ぎ、履行していくという。インリージャパンを通じて日本に出荷された2.7GWに及ぶ太陽光パネルの製品保証や出力保証は継続されるようだ。
 インリーは、太陽光パネルからセルやウエハ、インゴットのほか、ポリシリコン原料まで生産を拡大し、12年から2年連続でパネル出荷量世界トップに君臨した。一時は中国企業初のFIFAW杯のスポンサーになるなどして知名度も上げたが、競合他社との技術革新や価格低減の競争に敗れ、赤字に転落。15年には一部負債の返済期限が迫り、債務超過に陥る。
 それでも、政府系金融機関の中国開発銀行などが返済期限の延長や追加の資金注入を続け、インリーを救済。インリーは経営破綻を免れ、これまで事業を継続してきた。関係者の間では、インリー・エナジーのほか、日・欧・米・豪の各現地法人は、中国の国有企業の傘下に入るという話もある。また、インリーは、事業モデルや生産ラインを刷新して生産と販売を継続するという方針を示している。

2021.03.01

PVeye

太陽光パネル価格高騰の真相

 太陽光パネルの卸価格が2020年秋から高騰し、なかなか正常に戻らない。何が起きているのか。(本誌・平沢元嗣)

 「2020年夏に比べ、W5円は上がった」。
続きを読む

2021.01.04

PVeye

太陽電池の特許侵害騒動 韓ハンファ、競合3社と対立

 太陽光パネル大手の韓ハンファQセルズが、自社の特許侵害を巡り、ジンコソーラーら競合3社と世界各地で法廷闘争を繰り広げている。日本市場における3社の販売に影響が及ぶ可能性もないではない。(本誌・平沢元続きを読む

2020.11.30

PVeye

台PCS製造のヴォルトロニック・パワー、日本進出に意欲

 台湾のPCS(パワーコンディショナ)メーカーであるヴォルトロニック・パワーがこのほど日本進出を模索している。日本企業と連携し、市場参入を狙う構えだ。

 同社は2008年続きを読む

2020.10.01

PVeye

中国のシリコン工場が相次ぎ 被災パネル価格上昇か

 中国で太陽電池原料である多結晶シリコンの工場が相次ぎ被災した。原料の需給が逼迫し、太陽光パネルの価格が一時的に上昇するかもしれない。(本誌・平沢元嗣)

 2020年7月続きを読む

2019.12.31

PVeye

中ジンコ、三重県の98MWメガソーラーにパネル供給

 太陽光パネル世界最大手の中ジンコソーラーは12月31日、三重県松阪市の大規模メガソーラーにパネルを供給したと発表した。出力98MWと三重県最大級のメガソーラーである。
 同社のパネルが続きを読む

2019.11.08

PVeye

中ジンコ、単結晶ウエハの生産能力増強 20年半ばに18GWへ

 太陽光パネル世界最大手の中ジンコソーラーは11月8日、中国四川省楽山の四川工場における単結晶ウエハの生産能力を増強すると発表した。これにより、単結晶ウエハの生産能力は2020年第2四半期(4~6月)続きを読む

2019.01.17

PVeye

ライセンエネルギー、72セルの太陽光パネルで変換効率21%

 太陽光パネル大手の中国・ライセンエネルギーは1月17日、72セル搭載の太陽光パネルの変換効率が21%に達したと発表した。PERCセルを使用したパネルにおける世界記録を更新したという。
続きを読む

2018.12.25

PVeye

再エネ技術で世界を狙う! 台湾勢が日本市場に熱視線

 台湾政府が再エネの導入を強く推進しており、再エネ事業に力を注ぐ台湾企業が多い。彼らの多くは台湾国内だけではなく、海外展開をも視野に入れている。

 2016年5月に蔡英文続きを読む

2018.12.19

PVeye

昭シェル子会社、米国のメガソーラープロジェクト買収

 昭和シェル石油(東京都港区、亀岡剛社長)は12月19日、連結子会社であるソーラーフロンティアアメリカズがカナディアン・ソーラーの100%子会社であるリカレントエナジーから米カリフォルニア州における建続きを読む

2018.12.04

PVeye

中セラフィム、ベトナムに80MWパネル供給へ

 中国太陽電池製造セラフィム・ソーラー(江蘇州常州市、李綱総経理)は11月13日、マレーシアのEPC(設計・調達・建設)企業、ERSエナジーと太陽光パネルの供給契約を締結したと発表した。ERSらがベト続きを読む