中国のシリコン工場が相次ぎ 被災パネル価格上昇か

2020.10.01

PVeye

 中国で太陽電池原料である多結晶シリコンの工場が相次ぎ被災した。原料の需給が逼迫し、太陽光パネルの価格が一時的に上昇するかもしれない。(本誌・平沢元嗣)

 2020年7月19日、多結晶シリコン世界大手、中・GCLポリ・エナジー・ホールディングスが新疆ウイグル自治区に建てた多結晶シリコン工場が爆発した。多結晶シリコンの純度を高める蒸留装置のトラブルが原因とみられる。被災した工場は18年の稼働後GCLの主力工場として操業、同社が持つ全工場の総年産能力8.5万tのうち約8割の生産力を有していたという。
 ただ、関係者は、「爆発事故によって製造に多少の遅れが生じたものの、生産ラインが完全に停止したわけではない。生産は続けており、9月上旬には平常運転に戻っている」と話す。
 GCLの事故による影響は限定的とみられるが、同様の事故が同時期に他の工場でも発生していたのだ。
 7月1日、新疆ウイグル自治区にある中・ダコ・ニュー・エナジーの多結晶シリコン工場で火災が発生した。同社は事故の詳細を明かしていないが、8月18日の決算説明では、年間生産量は当初の予定どおり7.3万〜7.5万tを維持できるとし、火災事故の影響は年内に収束するとの見通しを示した。
 いずれの工場も、設備点検の際に事故が起きたようで、先の関係者は、「コロナ禍で必要な人材を集められなかったのかもしれない」と推測する。
 一方で、災害に見舞われた工場もあった。中・トンウェイ・ソーラーは、豪雨災害による洪水の影響で、8月17日に四川省にある多結晶シリコン工場の操業を停止するよう地方政府から指示されたという。生産設備に被害はなかったようだが、一時的に生産できなかったようだ。

シリコン価格が上昇

 こうした事故や災害の影響で、多結晶シリコンの生産量が落ち、需給が逼迫したのだろう。多結晶シリコンの価格が上昇している。PVインサイトによれば、6月時点で1㎏あたり6.41米ドル(705円)だった多結晶シリコンの平均価格が、8月には9.89米ドル(1088円)、9月半ばには同10.84ドル(1192円)まで上昇した。
 多結晶シリコンの価格が上がれば、シリコンインゴットやウエハから太陽電池セルや太陽光パネルまで、製造原価は上昇してしまう。そしてメーカーが自助努力で吸収できなければ、顧客に値上げを要請せざるを得なくなるはずだ。事実、ある太陽光パネル中国大手の日本法人の社長は、「9月に入り、太陽光パネルの卸値をWあたり2〜3円値上げした」と打ち明ける。
 海外製品を扱うある商社の社長は、「中国の太陽光パネルメーカーが、契約の締結寸前になって急にWあたり3円の値上げを要求してきた」と近況を語る。
 多結晶シリコンの価格上昇がいつまで続くのか。「年内には収まるだろう」との声もあれば、「21年まで尾を引く」と見る向きもある。予断を許さない状況だ。

2021.03.01

PVeye

太陽光パネル価格高騰の真相

 太陽光パネルの卸価格が2020年秋から高騰し、なかなか正常に戻らない。何が起きているのか。(本誌・平沢元嗣)

 「2020年夏に比べ、W5円は上がった」。
続きを読む

2021.01.04

PVeye

太陽電池の特許侵害騒動 韓ハンファ、競合3社と対立

 太陽光パネル大手の韓ハンファQセルズが、自社の特許侵害を巡り、ジンコソーラーら競合3社と世界各地で法廷闘争を繰り広げている。日本市場における3社の販売に影響が及ぶ可能性もないではない。(本誌・平沢元続きを読む

2020.11.30

PVeye

台PCS製造のヴォルトロニック・パワー、日本進出に意欲

 台湾のPCS(パワーコンディショナ)メーカーであるヴォルトロニック・パワーがこのほど日本進出を模索している。日本企業と連携し、市場参入を狙う構えだ。

 同社は2008年続きを読む

2020.11.01

PVeye

中インリー、持ち株会社を清算 メーカー保証は製造子会社で継続

 太陽光パネルメーカーの中・インリーグループが、持ち株会社のインリー・グリーンエナジーホールディングスを清算する。太陽光パネルの保証債務を子会社に移し、履行する構えを示している。(本誌・川副暁優)続きを読む

2019.12.31

PVeye

中ジンコ、三重県の98MWメガソーラーにパネル供給

 太陽光パネル世界最大手の中ジンコソーラーは12月31日、三重県松阪市の大規模メガソーラーにパネルを供給したと発表した。出力98MWと三重県最大級のメガソーラーである。
 同社のパネルが続きを読む

2019.11.08

PVeye

中ジンコ、単結晶ウエハの生産能力増強 20年半ばに18GWへ

 太陽光パネル世界最大手の中ジンコソーラーは11月8日、中国四川省楽山の四川工場における単結晶ウエハの生産能力を増強すると発表した。これにより、単結晶ウエハの生産能力は2020年第2四半期(4~6月)続きを読む

2019.01.17

PVeye

ライセンエネルギー、72セルの太陽光パネルで変換効率21%

 太陽光パネル大手の中国・ライセンエネルギーは1月17日、72セル搭載の太陽光パネルの変換効率が21%に達したと発表した。PERCセルを使用したパネルにおける世界記録を更新したという。
続きを読む

2018.12.25

PVeye

再エネ技術で世界を狙う! 台湾勢が日本市場に熱視線

 台湾政府が再エネの導入を強く推進しており、再エネ事業に力を注ぐ台湾企業が多い。彼らの多くは台湾国内だけではなく、海外展開をも視野に入れている。

 2016年5月に蔡英文続きを読む

2018.12.19

PVeye

昭シェル子会社、米国のメガソーラープロジェクト買収

 昭和シェル石油(東京都港区、亀岡剛社長)は12月19日、連結子会社であるソーラーフロンティアアメリカズがカナディアン・ソーラーの100%子会社であるリカレントエナジーから米カリフォルニア州における建続きを読む

2018.12.04

PVeye

中セラフィム、ベトナムに80MWパネル供給へ

 中国太陽電池製造セラフィム・ソーラー(江蘇州常州市、李綱総経理)は11月13日、マレーシアのEPC(設計・調達・建設)企業、ERSエナジーと太陽光パネルの供給契約を締結したと発表した。ERSらがベト続きを読む