Professional Vision

ライセンエネルギー 謝健 CEO 兼 董事長

パネル競争力強化へ本腰

年産20GW、効率21%超へ

コロナ禍を経て世界の太陽光発電市場が変化するなか、太陽光パネル大手、中国ライセンエネルギーはどう動くのか。同社を率いる謝健董事長が新戦略を語った。

プロフィール/謝健(ジエン・シエ) 1978年中国江西省生まれ。北京大学光華管理学院卒業。太陽電池大手JAソーラーで経営に携わり、2019年3月にライセンエネルギーCEO(最高経営責任者)に就任。20年5月より董事長を兼務。

世界的な新型コロナウイルス感染症拡大により、当社も2020年1月末から2月頃は苦労した。中国では各地で交通網が寸断され、工員の一部が春節休暇から復帰できなかったり、予定通り部材を調達できなかったり、納期に間に合うように製品を出荷できなかったりした。ただ、2月末から工場は次第に平常操業に向かい始め、現在はコロナ禍以前と変わらない生産体制となっている。

この記事を読むにはWEB会員専用アカウントでのログインが必要です

ログイン

Professional Vision を読む

一覧を見る