トリナ、410W品など新製品4種発売

2019.04.30

PVeyePR

 太陽光パネル世界大手のトリナ・ソーラーは3月、新製品4種を発売した。従来品よりも出力と効率も高めた。メガソーラーから住宅用まで全方位に販売する。

 トリナは、『高効率』、『美観』、『両面ガラス』、『両面発電』の計4シリーズで新製品を開発、今年3月より販売を開始した。全製品ともセルを大型化し、ハーフカットセルを搭載した。
 セルを大型にすると、太陽光パネルの出力が向上し、パネルの使用枚数を減らせる。ケーブルなどの部材も減り、施工費の低減につながる。ハーフカットセルの搭載は、セルの電流値を下げ、配線部分での電流ロスを減らすため、パネルの発電量が増す。結果、初期投資額を抑えつつ、総発電量が増えるため、太陽光発電事業の経済性が高まる。
 さらに同社は、多様化するニーズに対応すべく、美観シリーズを除く3シリーズは、顧客が製品を選択できるようにした。
 では、個別に見ていこう。

メガソーラー向け
王道の高効率

 まず、片面発電で主にメガソーラー向けの高効率シリーズだ。新製品は、従来の60セル搭載品『Honey』と、72セル搭載品『TALLMAX』のモデルチェンジ品となる。顧客は、『単結晶マルチバスバー』タイプと『多結晶5バスバー』タイプのどちらかを選び、さらに『120ハーフカットセル』品と『144ハーフカットセル』品から選択できる。
 最大の特長は、最大出力が従来品より1割近く高い410Wになったことだろう。出力の向上によって、BOS(周辺部材)費が4.5〜8.5%、発電コストの指標を表すLCOE(均等化発電原価)が2.5〜4.6%削減できると同社は試算している。
 FITの売電単価が下がり続けるなか、太陽光パネル単体だけではなく、太陽光発電所開発のトータルコストの低減が求められるが、こうした市場の要望に適合した製品と言えるだろう。

漆黒の美観
住宅用シリーズ

 次は、黒色設計で意匠性の高い住宅向け美観シリーズ『HoneyBlackM』。離れた場所かられば、太陽光パネル全面が漆黒で、「景観を損なうことなく、周囲に溶け込む」(トリナ・ソーラー)。
 製品の仕様は、出力が320〜340W、最大変換効率が19.9%だ。トリナはまず単結晶PERCマルチバスバータイプの120ハーフカットセル品のみ提供する。
 最近は景観条例を制定する自治体が増えているが、同製品は条例が定める最も厳しい規定もクリアしている。住宅用に限らず、工場の屋根上や、ビルの壁面にも設置できる製品だ。

汎用性が高い
高耐久両面ガラス

 続いては、両面ガラスシリーズ『DUOMAX』だ。特長は、両面に倍強度ガラスを使用し、耐久性に優れている点だ。トリナは、他の太陽光パネルより5年長い30年のリニア出力保証を付与する。
 顧客は、単結晶マルチバスバーと多結晶5バスバータイプ、120ハーフカットセル品と144ハーフカットセル品からそれぞれ選び、さらに『フレームあり』仕様と『フレームなし』仕様から選択できる。最大出力は410Wだ。
 トリナの両面ガラスパネルは高耐久ゆえ、場所や用途を選ばない。塩害地域や住宅用でも活躍するだろう。

水上、積雪で効果大の
両面発電モデル

 最後は、両面発電シリーズ『DUOMAX Twin』だ。両面ガラス構造で裏面も発電するため、光の反射が多い水上や積雪、砂地で効果を発揮する。場所によっては、通常の片面発電パネルより最大30%の発電量の向上が見込めるらしい。最近はフランスの政府入札案件で計16MW採用された。
 新製品は、単結晶マルチバスバータイプで、120ハーフカットセル品と144ハーフカットセル品、さらにフレームあり仕様とフレームなし仕様からそれぞれ選択できる。
 太陽光発電の適地が減少するなか、設置場所が多様化しており、最近は水上メガソーラーの案件も少なくない。それだけに、トリナは昨年、太陽光パネルと水上用フロート式架台を組み合わせたパッケージ品『トリナ・プロ』を開発し、日本で発売した。今後は両面発電シリーズが活躍する場面が増えてくるだろう。
 メガソーラーから住宅用まで、様々な用途で使用できるトリナの新製品。試してみてはいかがだろうか。


トリナ・ソーラー・ジャパン株式会社
〒105-6121
東京都港区浜松町2丁目4番1号
世界貿易センタービル21階
http://www.trinasolar.com/jp

2021.01.04

PVeyePR

20年度3万台濃厚! 田淵電機の蓄電設備がヒットした理由

 ダイヤモンドエレクトリックHD傘下の田淵電機がハイブリッド型蓄電設備の販売を急速に伸ばしている。なぜヒットしたのか。

 田淵電機が2020年1月に発売したハイブリッド型続きを読む

2020.11.01

PVeyePR

タオケイが蓄電設備販売に本腰

遠隔監視装置メーカーの中・タオケイが日本で産業用蓄電設備の販売を本格化する。このほど夜間も売電できる蓄電池併設の太陽光発電所に初出荷した。自家消費用の需要も掘り起こす狙いだ。

続きを読む

2020.10.01

PVeyePR

出力600W超! トリナ・ソーラーがVertexシリーズ〝第二世代〟を堂々発表

 トリナ・ソーラーが2020年7月に、出力550Wと600W超の新型太陽光パネルを発表。8月には660Wの超高出力パネルも発表した。

 トリナ・ソーラーが新製品を市場に投続きを読む

2020.09.01

PVeyePR

低圧太陽光大手も太鼓判! ファーウェイのPCSが人気の理由

 いまファーウェイ製PCSの利用が急速に伸びている。なぜか。積極的に採用する低圧太陽光発電所開発大手、フレッシュアップの事例から人気の秘訣を探る。

 低圧から高圧・特別高続きを読む

2020.06.01

PVeyePR

発電事業者必見! ファーウェイ製PCSでリパワリングを

 PCSの部品交換に際し、新品のPCSにそっくり取り換える発電事業者が増えつつある。この状況下、世界最大手の中国ファーウェイ(華為技術)が人気だ。同社製PCSの魅力に迫る。

続きを読む

2020.05.01

PVeyePR

ESI、自家消費用太陽光発電設備の商品拡充

 自家消費用太陽光発電設備の販売からコンサルティングまで手掛けるヨーロッパ・ソーラー・イノベーション。同社は2020年4月、独自に設計した新しいシステムの販売を開始した。

続きを読む

2020.05.01

PVeyePR

営農、水上、豪雪、塩害…どこでも使えるトリナの両面発電パネル

 太陽光発電が普及し、設備の設置場所が多岐にわたるなか、あらゆる場所で使えるトリナの両面発電パネルは注目の製品だ。

 一般に、両面発電型の太陽光パネルは、水上や積雪・砂漠続きを読む

2020.03.01

PVeyePR

自家消費用に導入着々 30年使えるトリナの両面ガラスパネル

 太陽光発電の自家消費利用が広がるなか、トリナ・ソーラーの太陽光パネルが採用されている。なぜ選ばれるのか。

 抵抗溶接機の総合メーカーである電元社トーアは、富山工場の遊休続きを読む

2019.12.01

PVeyePR

自家消費時代の強い味方 安心のトリナ両面ガラス

 太陽光発電の自家消費利用が広がるなか、トリナの両面ガラスパネルへの関心が高まっている。長く、安全に使える同製品の特徴に迫る。

 FITが終われば、太陽光発電設備の設置は続きを読む

2019.09.30

PVeyePR

ファーウェイ、低圧用新製品受注開始

 PCS世界最大手の中国ファーウェイが5月、低圧太陽光発電所用の新型PCSを発売した。従来品の特長をそのままに機能を拡充。今夏にはJET認証を取得し、低圧域での展開を強める構えだ。
続きを読む