太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

低圧太陽光大手も太鼓判! ファーウェイのPCSが人気の理由

2020.09.01

PVeyePR

 いまファーウェイ製PCSの利用が急速に伸びている。なぜか。積極的に採用する低圧太陽光発電所開発大手、フレッシュアップの事例から人気の秘訣を探る。

 低圧から高圧・特別高圧用、住宅用蓄電設備まで全方位に対応したPCS(パワーコンディショナ)を開発し、国内で年間1GW以上も供給する中・ファーウェイ。同社のPCSを積極的に採用し始める企業が増えており、その1社が低圧太陽光発電所開発大手のフレッシュアップ(=FRESH UP、東京都新宿区、大松慎太郎社長)だ。
 1999年創業のフレッシュアップは、これまで1万棟以上の住宅に太陽光発電設備を設置し、2500件を超える低圧太陽光発電所を開発・販売してきた。東京本社のほか、栃木、愛知、大阪、広島に拠点を構え、全国展開している。
 なかでも低圧太陽光発電所の開発・販売事業では、土地の仕入れから許認可手続き、建設・保守に至るまでを一貫して手掛けているうえ、発電停止時の売電収益を補償する休業補償を含む手厚い独自保証を付与するなど、投資家からの評判が高く、リピータも多い。
 FITの改定により、2020年度から低圧太陽光発電の新規認定が全量売電の対象外となったものの、同社は認定取得済みの発電所を建設しつつ、高圧太陽光発電所の開発に取り組む。同社の大松慎太郎社長は、「ここまで順調に用地を確保できていますが、さらなる拡大のため、人員も増強したい」と意欲的だ。
 同社は第三者所有モデルなどを含む法人顧客向けの自家消費提案にもすでに着手。成長を続けるべく、FIT後を見据えた準備も進んでいるようだ。

魅力の一つは高効率

 そんな同社がファーウェイのPCSと出会ったのは約3年前。ある高圧太陽光発電所の開発案件で初めて採用した。その後徐々に取扱い量を増やし、いまでは高圧太陽光発電所の主力機種として利用しつつ、低圧太陽光発電所でも多く使用している。
 フレッシュアップはなぜファーウェイを選んだのか。大松社長は、「通信大手としての信頼感やコストもありますが、製品自体が高効率であることも大きな理由です」と語る。
 ファーウェイ製PCSの最大変換効率は、三相33kW機が98・8%、三相50kW機が98・9%、単相4・95kW機も97・5%といずれも業界最高水準である。売電単価が年々下落していくなかで、事業採算性の維持・向上は重要な課題であり、高効率PCSの採用による発電量の増加がそれに貢献し得るのだ。
 ファーウェイ製PCSを使う利点はまだある。太陽光発電の導入拡大に伴い、多くの送配電会社は電圧品質の維持を目的に、系統連系時にPCSの力率一定制御を求めている。力率を制御することで取り出せる出力が低下してしまう可能性があるが、ファーウェイ製PCSは定格出力(kW)の約1割増しの皮相電力(kVA)を持ち、皮相電力で上手く制御するため、力率90%で制御しても定格通りの出力を取り出せる。つまり力率一定制御による出力低下の影響を受けないのである。
 大松社長は、「太陽光パネルの出力や変換効率に目が行きがちですが、PCSの性能差を見逃してはなりません」としたうえで、「稼働から1年以上経った発電所もありますが、故障が少なく、万が一の対応も良いですね」と満足げだ。
 さらに、ファーウェイがPCSに内蔵しているI ‒Ⅴカーブ測定機能に対する評価も高いようだ。太陽光パネルの電流(I)と電圧(V)を測定し、その相関関係をグラフ化、波形を分析することで異常の有無を見つけられるというもので、ファーウェイは他社に先駆け17年より実装してきた。
 太陽光パネルの不具合検出に有効な手段であるI ‒Vカーブ測定は、検査機器を用いた現場測定が一般的だが、ファーウェイ製PCSには、その機能が内蔵しているため、現場に行かずとも確認できる。「保守費用の削減はコスト競争力の強化にも繋がります。いずれPCSの標準機能になるのではないでしょうか」(大松社長)。
 
日本へ投入準備中の住宅用蓄電設備に期待

 そんな大松社長が心待ちにしているのが、ファーウェイが日本市場に投入予定の住宅用蓄電設備だ。法人顧客向け自家消費提案のほか、住宅用太陽光発電設備の既存顧客向けに提案できる新商材としても注目しているという。
 ファーウェイの住宅用蓄電設備は、定格出力4・95kW、最大変換効率97・8%の高効率ハイブリッドPCSに蓄電容量5kWhの蓄電池を組み合わせたもの。PCSには自立運転機能を搭載しているうえ、質量19㎏と軽量で設置しやすく、最大15kWhの蓄電池を2台まで増設できるのだ。ファーウェイはJET認証を取得する予定で、20年11月にも出荷する。
 大松社長は、「現在市場に流通している蓄電設備は高価な製品が少なくありません。価格面を含め、より良い提案ができる製品の発売を期待しています」としつつ、「今後の発電事業は、FIP(フィード・イン・プレミアム制度)などの市場取引に移行します。そこで蓄電設備は市場変動のリスクを軽減する手法として使えるかもしれません。とても注目しています」と語る。
 FIT後を見据えた製品開発に期待できる点もファーウェイが人気を集める理由の一つだろう。益々人気が高まりそうだ。

華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエア ウエストタワー12 階
TEL:03-6266-8008
https://solar.huawei.com/jp/

2020.11.01

PVeyePR

タオケイが蓄電設備販売に本腰

遠隔監視装置メーカーの中・タオケイが日本で産業用蓄電設備の販売を本格化する。このほど夜間も売電できる蓄電池併設の太陽光発電所に初出荷した。自家消費用の需要も掘り起こす狙いだ。

続きを読む

2020.10.01

PVeyePR

出力600W超! トリナ・ソーラーがVertexシリーズ〝第二世代〟を堂々発表

 トリナ・ソーラーが2020年7月に、出力550Wと600W超の新型太陽光パネルを発表。8月には660Wの超高出力パネルも発表した。

 トリナ・ソーラーが新製品を市場に投続きを読む

2020.06.01

PVeyePR

発電事業者必見! ファーウェイ製PCSでリパワリングを

 PCSの部品交換に際し、新品のPCSにそっくり取り換える発電事業者が増えつつある。この状況下、世界最大手の中国ファーウェイ(華為技術)が人気だ。同社製PCSの魅力に迫る。

続きを読む

2020.05.01

PVeyePR

ESI、自家消費用太陽光発電設備の商品拡充

 自家消費用太陽光発電設備の販売からコンサルティングまで手掛けるヨーロッパ・ソーラー・イノベーション。同社は2020年4月、独自に設計した新しいシステムの販売を開始した。

続きを読む

2020.05.01

PVeyePR

営農、水上、豪雪、塩害…どこでも使えるトリナの両面発電パネル

 太陽光発電が普及し、設備の設置場所が多岐にわたるなか、あらゆる場所で使えるトリナの両面発電パネルは注目の製品だ。

 一般に、両面発電型の太陽光パネルは、水上や積雪・砂漠続きを読む

2020.03.01

PVeyePR

自家消費用に導入着々 30年使えるトリナの両面ガラスパネル

 太陽光発電の自家消費利用が広がるなか、トリナ・ソーラーの太陽光パネルが採用されている。なぜ選ばれるのか。

 抵抗溶接機の総合メーカーである電元社トーアは、富山工場の遊休続きを読む

2019.12.01

PVeyePR

自家消費時代の強い味方 安心のトリナ両面ガラス

 太陽光発電の自家消費利用が広がるなか、トリナの両面ガラスパネルへの関心が高まっている。長く、安全に使える同製品の特徴に迫る。

 FITが終われば、太陽光発電設備の設置は続きを読む

2019.09.30

PVeyePR

ファーウェイ、低圧用新製品受注開始

 PCS世界最大手の中国ファーウェイが5月、低圧太陽光発電所用の新型PCSを発売した。従来品の特長をそのままに機能を拡充。今夏にはJET認証を取得し、低圧域での展開を強める構えだ。
続きを読む

2019.07.30

PVeyePR

完全自家消費を支援する ウェーブエナジーの制御システム

 自家消費時代の夜明けを迎えた太陽光発電市場で、欠かせない新商品が登場した。ウェーブエナジーが開発した完全自家消費を可能にする制御システムである。新時代のマストアイテムとなりそうだ。
<続きを読む

2019.06.30

PVeyePR

ファーウェイ、PCS内蔵のI-Vカーブ測定機能を改良 中国展示会で最優秀賞

 PCS世界最大手、中国ファーウェイは今夏、オプションでPCSに搭載しているI-Vカーブ測定機能を改良した。AIを活用して精度を高めた。世界最大級の太陽光発電の展示会で最優秀賞を受賞した。
続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2020年12月号

深まる連系 高まる価値 新電力×再エネの新方程式

詳細