太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

自家消費時代の強い味方 安心のトリナ両面ガラス

2019.12.01

PVeyePR

 太陽光発電の自家消費利用が広がるなか、トリナの両面ガラスパネルへの関心が高まっている。長く、安全に使える同製品の特徴に迫る。

 FITが終われば、太陽光発電設備の設置は終わるのか。答えはノーだ。すでに太陽光発電の発電コストは、火力発電に比べて遜色ない水準まで下がり、発電した電力は売るよりも使った方が経済的。今後は太陽光発電設備の自家消費利用が進むはずだ。
 自家消費用途では屋根上設置が多くなるだろう。住宅屋根はもちろんだが、今後は工場や倉庫などの屋根に設置するケースが増えていくだろう。電力代削減効果に加え、再生可能エネルギー電力を使うことで企業として環境負荷を抑えた取り組みを行っていることのアピールもできるためだ。
 では太陽光発電設備の屋根上設置を考える場合に、どのような太陽光パネルを選ぶべきか。
 性能と価格のバランスが良いコストパフォーマンスに優れた製品であるべきだが、それだけでは不十分だ。工場や倉庫に設置するとなれば安全性は疎かにはできず、火災事故などもってのほかである。
 そこで有力なのが両面ガラスパネルだ。現在主流の樹脂製バックシート型パネルに比べて、燃えにくいといわれている。とくにトリナ・ソーラーの両面ガラスパネルは、両面に倍強度ガラスを使用しており、耐久性に優れているといった特徴も持つ。
 自家消費用途では、安全性にくわえて長期で使えるといった要素も必要だ。なぜなら、FITを活用する場合はFITの売電期間が20年と決まっているため、事業自体も20年で設定する場合が多く、太陽光パネルは長期信頼性よりも初期費用の安い製品に注目が集まりがちだった。しかし、自家消費であれば20年にこだわる必要はなく、太陽光パネルの寿命が長ければ長いほど、事業全体で考えた場合の収益は高くなる。
 その点、トリナの両面ガラスパネルは高耐久ゆえ、同社は30年のリニア出力保証を付与している。具体的には設置1年目は公称最大出力値の97.5%以上を保証し、2年目からは年間平均出力低減率0.5%未満を、設置30年後でも公称最大出力値の83%を下回らないことを保証するのだ。事業者は長期にわたって安心して使用することができるだろう。

注目の両面発電パネル

 トリナは両面ガラスのパネルとして、両面発電パネルも販売している。
 従来は水上や積雪地域、砂漠など反射光が多い場所で採用されてきたが、最近では屋根上での採用も増えているようだ。価格低減が進んだうえ、屋根上に白インキを塗って光の反射を増やすことで発電量を増やすことができるためだ。
 実際にトリナが両面発電パネルの裏面発電量を調査したところ、屋根上に白インキを塗った場合、裏面発電量は何もしない場合に比べて23.09%向上したという。
 最近では屋根上に限らず、地上設置型でも太陽光発電設備の自家消費利用が増えている。実際に、トリナも今年に入って富山県の産業機械メーカーが計画する地上設置型の自家消費用太陽光発電所向けに太陽光パネルを出荷している。
 地上設置型であれば、両面ガラスパネルにこだわらず、従来通りバックシート型パネルでも充分事業化が可能だ。トリナは今年3月にすべての製品の太陽電池セルを大型化し、ハーフカットセルを搭載するなどして、バックシート型パネルを従来品より最大出力が1割近く高い415Wまで上昇させた。出力の向上によって、BOS(太陽光パネル以外の周辺部材)費が4.5〜8.5%、発電コストの指標を表すLCOE(均等化発電原価)が2.5〜4.6%削減できると同社は試算している。
 トリナ・ソーラーが日本に拠点を構えてから来年で10年になる。FITが終了すれば、日本から撤退する外資メーカーも出てくるだろうが、トリナは自家消費向けの事業に率先して製品を提供するなど、今後も日本で事業を展開していく姿勢を見せている。来年2月には新製品の発表も計画している。トリナのこれからに期待したい。

トリナ・ソーラー・ジャパン株式会社
〒105-6121東京都港区浜松町2丁目4番1号世界貿易センタービル21階https://www.trinasolar.com/jp

2020.03.01

PVeyePR

自家消費用に導入着々 30年使えるトリナの両面ガラスパネル

 太陽光発電の自家消費利用が広がるなか、トリナ・ソーラーの太陽光パネルが採用されている。なぜ選ばれるのか。

 抵抗溶接機の総合メーカーである電元社トーアは、富山工場の遊休続きを読む

2019.09.30

PVeyePR

ファーウェイ、低圧用新製品受注開始

 PCS世界最大手の中国ファーウェイが5月、低圧太陽光発電所用の新型PCSを発売した。従来品の特長をそのままに機能を拡充。今夏にはJET認証を取得し、低圧域での展開を強める構えだ。
続きを読む

2019.07.30

PVeyePR

完全自家消費を支援する ウェーブエナジーの制御システム

 自家消費時代の夜明けを迎えた太陽光発電市場で、欠かせない新商品が登場した。ウェーブエナジーが開発した完全自家消費を可能にする制御システムである。新時代のマストアイテムとなりそうだ。
<続きを読む

2019.06.30

PVeyePR

ファーウェイ、PCS内蔵のI-Vカーブ測定機能を改良 中国展示会で最優秀賞

 PCS世界最大手、中国ファーウェイは今夏、オプションでPCSに搭載しているI-Vカーブ測定機能を改良した。AIを活用して精度を高めた。世界最大級の太陽光発電の展示会で最優秀賞を受賞した。
続きを読む

2019.05.30

PVeyePR

タオケイ、新商品発売 遠隔監視とウェブカメラをセットに

 監視装置製造の中タオケイは5月、遠隔監視装置とウェブカメラを組み合わせた新商品の受注を開始した。どのような機能があるのか。

 FITの開始から7年が経ち、太陽光発電所の続きを読む

2019.04.30

PVeyePR

トリナ、410W品など新製品4種発売

 太陽光パネル世界大手のトリナ・ソーラーは3月、新製品4種を発売した。従来品よりも出力と効率も高めた。メガソーラーから住宅用まで全方位に販売する。

 トリナは、『高効率』続きを読む

2019.04.30

PVeyePR

発電所の運営費削減を図るなら ファーウェイのPCSで決まり

 日本で好評の中ファーウェイ製PCS。人気の秘密は、高い発電量が期待できるうえ、太陽光発電所の運営費低減に寄与する機能と顧客目線のアフターサポートにあるようだ。売価14円時代を乗り越える鍵がここにある続きを読む

2019.04.01

PVeyePR

ESI、住宅用太陽光発電設備を堂々商品化

 太陽光関連商材を販売するESI(ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション)が、このほど住宅用太陽光発電設備を独自に商品化した。その狙いとは。

 ESIの強みは、まず製品の供続きを読む

2019.04.01

PVeyePR

インリージャパンセミオフグリッドシステム商品化

 中国太陽電池製造大手、インリー・グリーンエナジーの日本法人が来春、太陽光発電設備とV2H機器からなるセミオフグリッドシステムを商品化する。全国のビルダーや販売・施工会社に提供していく構えだ。
続きを読む

2019.01.29

PVeye

シナネン、創・蓄電設備とV2Hのセット商品発売

 エネルギー関連商社のシナネン(東京都港区、三枝木俊美社長)は2018年11月、太陽光パネル付きカーポートと蓄電設備、EV(電気自動車)の電力を家へ供給するV2H機器を組み合わせた商品を発売した。ニチ続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2020年4月号

10業種を徹底解明!太陽光業界勢力図

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート