負荷追従から蓄電制御に発電予測まで

高機能化に挑む遠隔監視メーカー

FITが収束に向かうなか、遠隔監視装置メーカーに求められる製品やサービスが変わりつつある。メーカー各社はどのような方針で製品開発を進めていくのか。(本誌・平沢元嗣)

FITを活用した太陽光発電所で多く採用されてきた遠隔監視装置。市場の拡大に伴い、メーカーが増えた。

だが、足元の市場ではFIT需要が収束しつつある。脱炭素社会を目指す動きが活発になるなか、遠隔監視メーカー各社はさらなる事業拡大を見据えた取り組みを本格化させている。

この記事を読むにはWEB会員専用アカウントでのログインが必要です

ログイン

この特集の記事

その他の小特集

一覧を見る