太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

〝卒FIT〞余剰買取り 大手電力のプラン出揃う

2019.07.30

PVeye

 大手電力10社による〝卒FIT〟余剰電力の買取りプランが出揃った。「預かり」など想定外のサービスもあり、蓄電池関連会社との競争が激化しそうだ。(PVeye記者・岡田浩一)

 6月27日、北海道電力と東京電力エナジーパートナーがFITの売電期間を終える住宅用太陽光発電の余剰電力に対する買取りプランを発表し、ついに大手電力10社のプランが出揃った。
 各社の買取り単価は1kWhあたり7〜9円と「ほぼ想定通り」(蓄電池メーカー筋)だが、想定外だったのは沖縄電力を除く9社が単純な買取り単価だけではなく、多種多様なプランを示したこと。蓄電設備メーカーや蓄電設備の販売会社にとっては逆風となりそうだ。
 たとえば、ほとんどの大手電力が打ち出した『預かりプラン』。これは住宅オーナーが自家消費用に蓄電設備を設置しなくても、逆潮流した電力を〝仮想的に〞ためて、自家消費したと見做す。売電価値に換算すると、1kWhあたり10円程度だが、初期投資が不要ゆえ、住宅オーナーの蓄電設備の購入意欲を削ぐことになるかもしれない。
 だが、ある蓄電設備販売会社の担当者は、「一見、初期費用なしで蓄電設備を設置したように見えるが、このプランでは停電時に電力を取り出せない。蓄電設備とは全くの別物だ」と指摘する。自家消費量は増やせても、非常用電源にはなり得ないというわけだ。
 確かに、住宅オーナーは蓄電設備の非常用電源としての価値に着目して購入しているケースが大半だ。預かりサービスとの差別化は維持されるのかもしれない。

蓄電池メーカーと連携も

 一方、新電力会社も続々と買取りプランを発表している。買取り対象地域を全国にしたり、対象を自社顧客に限定する代わりに買取り単価を10円以上と高額に設定したり、大手電力との差別化を図り、顧客の囲い込みを狙っている。
 買取りプランも多様化している。エネットは、NTTスマイルエナジーの取次ぎで7.2〜9.3円で買取る予定だが、パナソニックの蓄電設備やNTTスマイルの遠隔監視装置購入を条件に買取り単価を1年間限定で最大16円まで引き上げる。
 NTTスマイルの試算では、蓄電設備導入による自家消費量増加と、16円への引き上げによる経済効果があわせて年間3万円程度なので、初期費用を考えれば経済効果は薄いが、16円のインパクトは大きい。
 ある蓄電設備メーカー担当者は「昨年後半から、電力会社と話をする機会が増えた」と話す。すでに両者の〝接触〞は一通り済んでいる模様で、今後、卒FIT買取りプランと蓄電設備を組み合わせた複合提案は増えてくるだろう。
 電力会社や蓄電池関連企業らが競争し、各社が凌ぎを削れば、住宅用太陽光発電オーナーへのサービスの質は向上するはず。今後の取り組みに期待したい。

no image

2020.04.01

PVeye

経産省、太陽光の保安規制見直しへ

 経産省は太陽光発電の保安規制にメスを入れる。低圧設備に報告徴収と事故報告を義務づけるほか、太陽光発電設備の技術基準を新たに整備する。(本誌・平沢元嗣)

 太陽光発電設備続きを読む

2020.04.01

PVeye

新型コロナで材調達に支障 浮上する完工期限超過の懸念

 猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、太陽光関連製品の納期が遅れている。太陽光発電所の完工が期限を超過し、損失が発生する懸念もある。(本誌・平沢元嗣)

 新型コロナウ続きを読む

no image

2020.03.01

PVeye

新型肺炎 太陽光業界にも影響じわり

 猛威を振るう新型コロナウイルスによる肺炎。日本の太陽光関連業界にも影響が出始めた。(本誌・楓崇志)

 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が中国を中心続きを読む

no image

2020.03.01

PVeye

20年度売価案 低圧余剰13円に

 2020年度のFIT売電単価案が固まった。低圧太陽光発電は、営農用の一部を除き、全量売電が認められなくなる。(本誌・平沢元嗣)

 経済産業省管轄の調達価格等算定委員会は続きを読む

no image

2020.02.01

PVeyePR

『PVEXPO2020』、2月26日開幕

 太陽光発電の国際商談展、『PVEXPO2020』が2月26日、東京ビッグサイトで開幕する。7つの同時開催展を含め、国内外から1520社が出展する予定だ。見どころに迫った。

続きを読む

no image

2020.02.01

PVeye

東京都、蓄電池補助手厚く 1台60万円、計7000台

 東京都はこのほど、住宅用蓄電設備の導入補助を新たに開始した。補助額は1台あたり最大で60万円と手厚い。7000台が対象となる大規模な事業である。(本誌・岡田浩一)
 
 続きを読む

no image

2020.02.01

PVeye

環境省、環境配慮ガイドライン策定へ 低圧太陽光オーナーも対象

 環境省が出力10kW以上の太陽光発電所の所有者に対し、環境配慮ガイドラインを作成する。2020年4月からの実用を計画。環境に配慮した太陽光発電所の運営を促す。(本誌・岡田浩一)
続きを読む

2020.01.06

PVeyePR

ESI土肥社長が語る2020年の太陽光発電市場

激変必至の太陽光発電市場。2020年はどう変化するのか。ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長が予測した。

 2020年、太陽光発電市場は大きく変化するでしょ続きを読む

2020.01.06

PVeye

太陽光向け保険、料率上昇か 施工品質に疑問の声も

 自然災害による太陽光発電所の事故が増え、火災保険に影響が出ている。その一方で太陽光発電所の施工品質に対する疑問の声も挙がっている。(本誌・岡田浩一)

 近年、大型の自然続きを読む

no image

2019.12.01

PVeye

低圧太陽光の全量売電終了へ 自家消費の余剰のみ支援

 来年度のFIT売価を決める議論が始まるなか、FITによる低圧太陽光発電の全量売電を終了する方針が示された。自家消費利用を前提とした余剰売電のみとなりそうだ。(本誌・岡田浩一)

続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2020年4月号

10業種を徹底解明!太陽光業界勢力図

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート