太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

経産省、出力抑制対象拡大へ500kW未満の旧ルール事業者への適用を検討

2019.05.30

PVeye

 経済産業省は4月26日、系統ワーキンググループを開催し、出力抑制の対象を拡大する方向性を明らかにした。今春に入り出力抑制回数が急増していることなどを受けた対応だ。(PVeye記者・楓崇志)

 昨秋よりついに始まった九州本土での出力抑制。出力制御量の低減に向け、九電も関門連系線のさらなる活用やオンライン制御への切り替え推奨などを実施しているようだが、今春に入り、太陽光発電所に対する出力抑制の指示日数が急増している。
 昼間の電力需要が少なくなる軽負荷期であるため、もともと出力抑制の実施が予想されていたものの、ここまで3月に16回、4月には20回も実施された。5月に入っても、改元に伴う10連休真っ只中の2日から8日まで1週間連続で出力抑制が行われた。
 現時点で出力抑制対象となるのは、無制限・無補償での出力抑制の受け入れを接続条件とする『指定ルール』事業者と、年間30日または360時間を上限に無補償での出力抑制を受ける『旧ルール』事業者。後者については、当面は500kW以上の発電所を対象としてきたが、ここに来て、出力抑制の対象外だった10kW以上500kW未満に対象範囲を拡大する方針が示された。
 経産省新エネルギー課の担当者は「当面は対象外としていたが、現状の対象だけでは系統運用に支障をきたす恐れがあるため、今回(対象拡大の)必要性を示した」と強調。「これから対象エリアや法律との整合性を含め、議論を進めていく」とした。500kW未満の太陽光が出力抑制対象となったのは、2015年1月のFIT法施行規則の改正後。一定の条件のもと、無補償での出力抑制への同意は電力会社の接続拒否事由の一つだったが、この改正で出力500kW以上に限るとしていた文言が削除された。
 ベーカー&マッケンジー法律事務所の江口直明弁護士によると、「(15年1月の改正施行規則の)施行日後に特定契約を締結した500kW未満の太陽光の一部については、特定契約に基づく360時間ルールまたは指定ルールにおいて出力抑制の対象に含められた」。
 その一方、15年1月の改正前に特定契約を締結し、出力抑制に関する条項が含まれていない500kW未満の太陽光については、「発電事業者は無補償の出力抑制に応じる契約上の義務は存在しない」とも指摘する。
 「これらの発電設備も出力抑制の対象とするならば、出力抑制に合意してもらうための枠組みや根拠づけが必要。契約内容を電力会社の一存で変更できるという条項があれば、公平な出力制御のために不可欠な措置として、電力会社が条項を追加することも考えられるが、発電事業者が明示的に出力抑制を拒否すれば、強硬にはできないだろう。いずれにしても発電事業者やレンダーなど利害関係者に十分なヒアリングを行い、当事者が納得する形で議論を進めていくことが重要だ」(江口弁護士)。

丁寧な対応必要

 ともあれ、出力抑制の対象事業者が増えることで、これから稼働する新規事業者を含む1発電所あたりの抑制量は減る。個々ではなく、全体最適としては望ましいといえよう。ただ、旧ルール事業者は基本的に手動制御であるため、出力抑制の指示があるたびに発電所に出向き、PCS(パワーコンディショナ)を操作しなければならない。
 国はこれら旧ルール事業者に対し、当日の需給予測に応じた柔軟な調整が可能で抑制量の削減にもつながることなどから、遠隔でPCSのオンオフ操作ができるオンライン制御の導入を推奨している。現在対象である500kW以上の旧ルール事業者で実際に採用するケースも増えつつあるようだ。
 とはいえ、遠隔制御装置の導入には追加費用が発生する。特に九電エリアでは、今回拡大する方向で検討されている旧ルール事業者のうち、10kW以上50kW未満の低圧事業者が6.3万件にも及ぶ。遠隔制御装置の追加導入を含めた出力抑制への対応をいかにスムーズに進められるかが課題だろう。
 出力抑制指示に応じない場合、電力会社との契約解除やFIT認定取消しの可能性もある。上手く移行できるよう丁寧な対応が求められる。

2020.08.01

PVeye

九州豪雨で太陽光発電所が損壊

 2020年7月上旬に発生した豪雨が九州を中心に全国で猛威を振るい、太陽光発電所も被害を受けた。(本誌・平沢元嗣)

 2020年7月18日、熊本県人吉市を訪れると、痛まし続きを読む

no image

2020.08.01

PVeye

過熱しない!? 卒FIT争奪戦

 卒FITの太陽光発電設備を持つ世帯が登場して半年余り。当初は卒FIT設備由来の太陽光電力をめぐる獲得競争が過熱すると思われたが、意外にも盛り上がっていない。(本誌・楓崇志)

続きを読む

no image

2020.07.01

PVeye

FIT法改正案成立 2022年4月施行へ

 FIT法の改正を盛り込んだ『エネルギー供給強靭化法』が2020年6月5日に成立した。施行期日の22年4月1日に向け、詳細な制度設計が本格化する。(本誌・楓崇志)

 今国続きを読む

no image

2020.05.01

PVeye

新型コロナ対策 中小支援に80兆円

〝コロナショック〟で経営が悪化した中小企業を政府が支援する。事業規模80兆円の経済対策を講じる方針だ。補助金の拠出や融資制度の創設、税金の減免措置を予定している。(本誌・平沢元嗣)
続きを読む

no image

2020.05.01

PVeye

千葉・水上メガソーラー事故 主因は「アイランド形状」

 2019年に発生した千葉県山倉ダムの水上メガソーラー事故の調査結果が明らかになった。「アイランドの形状」が主因とされた。(本誌・岡田浩一)

 東京センチュリーと京セラの続きを読む

no image

2020.04.01

PVeye

経産省、太陽光の保安規制見直しへ

 経産省は太陽光発電の保安規制にメスを入れる。低圧設備に報告徴収と事故報告を義務づけるほか、太陽光発電設備の技術基準を新たに整備する。(本誌・平沢元嗣)

 太陽光発電設備続きを読む

2020.04.01

PVeye

新型コロナで材調達に支障 浮上する完工期限超過の懸念

 猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、太陽光関連製品の納期が遅れている。太陽光発電所の完工が期限を超過し、損失が発生する懸念もある。(本誌・平沢元嗣)

 新型コロナウ続きを読む

no image

2020.03.01

PVeye

新型肺炎 太陽光業界にも影響じわり

 猛威を振るう新型コロナウイルスによる肺炎。日本の太陽光関連業界にも影響が出始めた。(本誌・楓崇志)

 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が中国を中心続きを読む

no image

2020.03.01

PVeye

20年度売価案 低圧余剰13円に

 2020年度のFIT売電単価案が固まった。低圧太陽光発電は、営農用の一部を除き、全量売電が認められなくなる。(本誌・平沢元嗣)

 経済産業省管轄の調達価格等算定委員会は続きを読む

no image

2020.02.01

PVeyePR

『PVEXPO2020』、2月26日開幕

 太陽光発電の国際商談展、『PVEXPO2020』が2月26日、東京ビッグサイトで開幕する。7つの同時開催展を含め、国内外から1520社が出展する予定だ。見どころに迫った。

続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2020年8月号

VPPが拓く再生可能エネルギーの新世界

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート