太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

低圧太陽光の全量売電終了へ 自家消費の余剰のみ支援

2019.12.01

PVeye

 来年度のFIT売価を決める議論が始まるなか、FITによる低圧太陽光発電の全量売電を終了する方針が示された。自家消費利用を前提とした余剰売電のみとなりそうだ。(本誌・岡田浩一)

 「低圧太陽光を余剰に」。
 10月10月28日、経済産業省は有識者会議『再生可能エネルギー主力電源化制度改革小委員会』の第3回を開催し、その方針を示した。同委員会は、再エネの主力電源化に向けて長期的な制度のあり方を検討する会合で、主に2021年度以降の制度の枠組みを議論する。
 その委員会で経産省は、低圧太陽光発電に対して「自家消費用での普及を促すべき」との案を示した。そして善は急げといわんばかりに、現行の制度内で20年度から低圧太陽光発電の全量売電は認めず余剰売電にする方向で話をまとめた。
 売電単価や売電期間、余剰の定義などは『調達価格等算定委員会』で話し合うようだが、11月19日時点ではまだ低圧太陽光発電に関する議論は始まっていない。
 ポイントは余剰の定義だ。仮に総発電量の1割でも自家消費すれば、残り9割の余剰売電を認めるのであれば、地上設置型でも事業化は可能かもしれない。
 だが、委員からは、「形だけの自家消費、実質全量売電のような〝抜け道〞を探る事業者が出てくるはずなので、余剰の定義を明確にすべき」との意見が出た。厳しい基準が設けられるのは想像に難くない。
 ならば、低圧太陽光発電の地上設置案件は事業として成立しなくなるかもしれない。低圧太陽光発電所の開発に力を入れる販売・施工会社の社長も、「低圧の野立て案件は実質終わった。次を探らなければ」と危機感を募らせる。
 ただ、適用開始時期はまだ決まっていない。20年4月の認定取得案件から適用するのか、あるいは一定の経過措置期間が設けられるのか。というのも、再エネ主力電源化制度改革小委で太陽光発電協会が「20年度も従来通り全量売電だと想定し、土地の買取りを始めている事業者もいる。経過措置を設けるべきではないか」と指摘したように、すでに土地の買取りを始めている企業が存在するためだ。

100kW以上は入札か

 一方、経産省は算定委で出力50kW以上の太陽光発電と住宅用太陽光発電に関する議論を始めた。
 50kW以上の事業用太陽光発電は、入札の対象を広げる方針で、100kW以上を入札対象にする案を示したが、詳細は12月17日に公表する第5回太陽光入札の結果を踏まえて決める。
 住宅用太陽光発電の余剰売電単価は、従来は導入費の安い新築向け太陽光発電の導入費実績から算定していたが、来年度の単価は既築向け太陽光発電の導入費実績も加味して算定する。既築住宅への太陽光発電設備導入量が減少傾向にあることから配慮した形だ。
 これは一見、住宅用太陽光発電への追い風ともとれるが、関東の販売・施工会社役員は、「11月8日に今年度分の申し込み期限が終わったが、来年度の価格が決まっておらず、提案ができない。とくに新築向けの機会損失が大きいので一刻も早く決めて欲しい」と訴える。

脱FIT依存へ

 また、21年度以降を見据えた長期的な制度のあり方の議論も始まっている。再エネ主力電源化制度改革小委では、再エネは競争電源と地域活用電源の2つに大別して普及を促していくという。
 競争電源とは、事業用の太陽光発電や風力発電で、一定の価格競争力がついたという観点から国の支援を外して自立させる方針だ。21年度以降のFIT抜本見直しの対象で、発電事業者が市場で電力取引する仕組みを構築していく。
 一方の地域活用電源は、住宅用太陽光発電や小規模太陽光発電、バイオマス発電、小水力発電などで、自家消費や地域内で活用し、かつ災害時の使用なども前提に、当面はFITで支援していく。今回、低圧太陽光発電を自家消費で普及させるというのも、立地制約が小さく、需要地の近くで設置が容易である電源と見做されたためだ。
 ともあれ、いつまでもFITに依存するわけにもいかない。自家消費をはじめ、FITに頼らない事業づくりが求められている。

2020.01.06

PVeyePR

ESI土肥社長が語る2020年の太陽光発電市場

激変必至の太陽光発電市場。2020年はどう変化するのか。ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長が予測した。

 2020年、太陽光発電市場は大きく変化するでしょ続きを読む

2020.01.06

PVeye

太陽光向け保険、料率上昇か 施工品質に疑問の声も

 自然災害による太陽光発電所の事故が増え、火災保険に影響が出ている。その一方で太陽光発電所の施工品質に対する疑問の声も挙がっている。(本誌・岡田浩一)

 近年、大型の自然続きを読む

no image

2019.11.26

PVeye

ASPEn、美作市でパネル税に関するシンポジウム開催へ

 太陽光発電事業者連盟(ASPEn)は、11月27日に岡山県美作市で、同市議会が導入を検討中の〝太陽光パネル税〟に関してシンポジウムを開催する。弁護士による太陽光パネル税における問題点の解説などを予定続きを読む

2019.11.01

PVeye

台風19号被害甚大示された分散電源の価値

 東日本を中心に猛威を振るった台風19号。数多の河川が氾濫し、住宅の浸水被害は5.3万棟を超えた。被災地へ入り、太陽光発電設備の被害と活用事例を追った。(本誌・飯渕一樹)

続きを読む

2019.11.01

PVeye

日出町メガソーラー問題泥沼化町議も民事訴訟を検討

 大分の再エネ会社、日出電機(渡邉浩司社長)がメガソーラー建設に反対していた町議会議員らを刑事告訴した問題で、議員側も、逆に日出電機を提訴する考えを示した。(本誌・平沢元嗣)

続きを読む

2019.09.30

PVeye

千葉大停電で太陽光が活躍 低圧発電所が非常電源に

 千葉の大停電で電力系統の脆弱性が改めて露呈したが、太陽光発電や蓄電池が活躍。事業用の低圧太陽光発電所も非常用電源として機能した事例もあった。(PVeye記者・岡田浩一)

続きを読む

2019.09.30

PVeye

架台施工不良で連系できず 施工店とメーカーが大揉め

 長野県の太陽光発電所で架台の施工不備が発覚し、系統連系が見送られることになった。施工会社と架台メーカーが揉めている。(PVeye・飯渕一樹)

 件の太陽光発電所は、長野続きを読む

2019.09.30

PVeye

日出電機、町議会議員らを告訴

 大分の販売・施工会社、日出電機は9月18日、日出町の町議会議員ら4人を建造物侵入の容疑で杵築日出警察署に刑事告訴した。同社が管理する太陽光発電所へ無断侵入を繰り返したという。(PVeye記者・平沢元続きを読む

2019.09.30

PVeyePR

ESI土肥社長が語る 非常電源としての太陽光のあるべき姿

 千葉の大停電を踏まえ、非常用電源として太陽光発電設備はどうあるべきか。太陽光商社ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長が見解を述べた。

 千葉の大停電は、老朽化続きを読む

2019.09.30

PVeyePR

両面発電パネルの強い味方 ファーウェイPCSで発電量を最大化

 PCS世界最大手の中ファーウェイ(華為技術)。最近の注目製品は両面発電パネルと相性のよい中型PCSだ。実力に迫った。

 発電量の向上を図るうえで、両面発電パネルの採用は続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2020年1月号

激動する再生可能エネルギー市場 大予測2020

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート